美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

どのくらい若返るの?美肌になるの?プラセンタの秘密に迫る!

   

プラセンタ
美容系の話題ではよく聞く名前だと思います。

若返るとか、シミやシワがきれいになるとか、
便秘が改善されるとか、冷え性が治るとか。

だけど、そんなに幅広い効用のあるものが、
この世に存在するのでしょうか。

だいたいプラセンタって何なのでしょうか
どのように体に効くのでしょうか

ここではそのプラセンタについて、
徹底解明していきたいと思います。

プラセンタって何?

8225-1

引用:http://mens-skincare-univ.com/article/008225/

ひと言でいえば、「胎盤」です。

胎盤の働きはものすごく、
受精卵を10月10日(とつきとおか)の間に、
ひとりの人間に育ててしまうのです。
(もちろん、他の動物も同じですが…)

胎児が母親の体にいる間、
胎盤はへその緒と繋がり、
肝臓や腎臓、肺などの役目もはたします。

ということは、
成長に必要なタンパク質の合成や、
解毒呼吸排泄など、
ありとあらゆる機能を担っているのです。

そのため、プラセンタには、
タンパク質や脂質などの三大栄養素のほか、
ビタミンにミネラル、酵素、活性ペプチド、ヒアルロン酸、成長因子など、
人間に必要な栄養素が多くつまっているといえます。

プラセンタは滋養強壮の薬として、
古代中国の時代から使われてきました。
また、
クレオパトラなども摂取していたといいます。

そんな昔から効果が分かっていたんですねぇ。

どんな効用があるの?

333b54e9a21db110ca93ec9235c682bf_s

さて、そのプラセンタ、
どのような効用があるかと申しますと、

・血液循環の促進
・細胞組織の活性化
・基礎代謝の向上
・自律神経の調整
・肝機能強化
・免疫力向上
・抗酸化作用
・ホルモンの調節

などを担ってくれます。

これだけでも体にとっては嬉しい効果ですが、
まだまだ女性のための機能があります。

プラセンタにはコラーゲンやヒアルロン酸がふくまれているので、
美肌にも最適なんです!
それに、新陳代謝が活発になるので、
老廃物が排除され、
くすみのない肌を実現してくれます。

安全なの?

e9f865c110f2dbe71513999fb5ddff85_s

そんなプラセンタ、是非試してみたい、という方もたくさんいるかと思います。

プラセンタの摂取方法には、

・注射
・点滴
・経口摂取(錠剤)
・塗布

があります。

よく用いられているのは、
医療機関だと注射で、
個人ですと経口での摂取でしょうか。

さて、そのプラセンタ、
実はいくつも種類があります。

動物性プラセンタ

人由来のヒトプラセンタは、
医療機関のみで使用されています。
また、注射に使われるのもこちらのプラセンタです。
(ただし、プラセンタ注射を受けている人は、
献血ができなくなりますので注意しましょう)

牛由来のプラセンタは、
狂牛病問題が起きるまでは最も使われていたプラセンタでした。
ですが、今は主に豚由来のプラセンタが使われています。

哺乳類から整合したプラセンタは、
基本的に効果はほぼ同じです。

とはいえ、人とは違う種の哺乳類のプラセンタを体内に取り入れても、
副作用はないのかと気になりますよね。

その点は、厚生労働省が認可しているものに対しては、
安全性や有効性が認められています。

ただし、アレルギー反応が出る人もいるので、
一応病院で確認した方がいいでしょう。

植物性プラセンタ

プラセンタにはその他に、植物性のものも。

ここでみなさん、えっ?と思いませんか。
だって、プラセンタって胎盤からできてるものでしょう?
植物に胎盤なんてないじゃない。

確かにその通り。
けれども似た働きをするものがあります。

それが発芽を支える「胚」

植物性プラセンタは、
その胚を元に作られているのです。

植物性プラセンタの中で最も使われているのは、大豆由来のものでしょうか。

大豆といえば、大豆イソフラボン。
もちろん、
大豆の胚の中にも多く含まれています。
そしてこれが、
プラセンタと同じ働きをするのです。

こちらも、摂取する際には、
大豆アレルギーの人は注意が必要です。

また、動物性・植物性に関わらず、
風邪をひいていたり、
体力が低下している際には、
医者の指示の元で摂取するようにしましょう。

まとめ

美容によく効くプラセンタ。
実は私も興味を持ったので、
近くの医院に行って、注射してもらいました。
保健がきかないのでちょっとお高いのですが、
効果は抜群です。
2〜3回くらいでかなり症状が改善しました。
とにかく肌がきれいになるので、
特別な機会の前には、とてもいいと思います。

(ちなみに、更年期障害や慢性の肝炎の人には
保険がきくそうですよ)

スポンサードリンク