美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

もう乾燥させない!肌にいつまでも潤いを保たせる5つのケア!

   

秋~冬にかけて
カサカサ肌に襲われていませんか?

「かゆみ」や「シワ」等を引き起こし、
肌トラブルを起こしていませんか?

実は、
保湿が足りない証拠です!

いつまでも、
肌にうるおいを保たせるための
5つの方法を知って
カサカサ肌を卒業しましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

乾燥肌は年齢だけじゃない!
生活習慣を見直すだけでしっとり肌に!

care

乾燥肌の原因は、
日常生活で繰り返している
「睡眠時間」や「ストレス」、
「日中の紫外線」などから引き起こします。

年齢とともに
しっとり肌からカサカサ肌へ
変わってしまうのは、
生活習慣による肌への「負担」です。

【乾燥肌を作る主な原因】
◆肉やラーメンなどを摂り過ぎている

もう乾燥させない!肌にいつまでも潤いを保たせる5つのケア niku=脂分が多いことで
肌を再生させる栄養分が
コントロールできていない。

◆顔や体をゴシゴシと
洗いすぎないと気が済まない!もう乾燥させない!肌にいつまでも潤いを保たせる5つのケア wath=角質の層がはがれてしまい、
潤いを守る層が少なくなる。

◆会社や自宅でエアコンを長時間使う
e
=温度が高いと湿度は下がってしまう

◆毎晩晩酌して、タバコも2箱ペース!
酒癖
=血流を悪くして
皮脂の再生を遅くさせている。

潤いを保たせる
5つのカサカサ肌対策

1.顔や体はなるべく手で洗う

a

泡を立たせる為に、
スポンジや垢擦りタオルを利用する人は
控えめにして
手で初めに泡だててから着けて洗うと
角質層がはがれにくくなります。

汚れが気になる人は、
繊維が柔らかい手ぬぐいを利用すると
毛穴がスッキリ!

2.体温より熱い温度のお湯を利用しない

o

お風呂やシャワーを使うと、
お湯が肌を弾く事がありませんか?
潤いがあるからこそ、肌は水を弾きます。

自分の潤いを保たせる「脂分」が
熱い温度のお湯を使いすぎると
溶けてしまいます。
なるべく長湯も控えましょう。

3.入浴後15分が勝負!

Body care

お風呂上がりは、脂分の層がはがれやすく
20分もすると潤いが元に戻ってしまいます。
ボディクリームや化粧水は
すぐに着けることが大切です。

4.適度に運動を取り入れて新陳代謝を上げる

run

肌は、汗によって皮膚層が生まれます。
きちんと体内に水分を含むことで、
運動したあとに出る汗が出て
新しい皮膚層が生まれます。

5.食生活で栄養素を増やす。

shokuzai

◆ビタミンA
:保湿や新陳代謝を高める効果。
⇒緑黄色野菜など

◆ビタミンB
:皮膚層の再生効果や炎症を抑える効果。
⇒レバー・豆類・卵・アボガド・海苔など

◆ビタミンE
:皮脂分泌作用があり、
スポーツの後に血行促進させる効果。
⇒落花生・モロヘイヤ・パセリ・ニラ等の
苦めの野菜に豊富!

◆セラミド
:肌を作る為の細胞のスポンジを作る効果。
⇒こんにゃくなど

肌と心は
いつも比例していた!

nayami

血流だけでなく、
冬の冷え切った風を当て続けたり
仕事や家事のストレスが続くと
心が寂しく暗くなって落ち込んでしまいます。

しかし、肌も心と同じように
いたわってあげることが大切です。

果肉植物に一週間に一度、
水をあげるように
肌もいたわって水分を保湿させる環境を作ってあげることが一番のケアです。

疲労回復や体内の組織を成長させる
成長ホルモン
22時~2時に分泌されやすいので
同じ時間帯に毎日寝ることを心掛けて、
規則正しい生活を意識してあげると
しっとり肌がやってきます!

スポンサードリンク