美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

顔のほくろは自分でとれる?自宅で消す方法と注意点

      2016/06/16

顔にポツンとできたほくろ
1つならチャームポイントにもなりますが
ポツポツと数が増えてくると
気になってしまいます。

美容整形のレーザー治療に行くのは
ちょっと人目をはばかられるし
数が多くなると料金もかかってしまいます。

できれば自宅で自分で治したい。
そう思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は自宅でできるほくろの取り方
自分で治すときの注意点をあげてみました。
自分の消したいほくろが
自宅処理できるものかどうか
参考にして判断してください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ほくろの大きさや種類を確認する

ea35883d8084eeecba559ae28a4d3098_s

ほくろの大きさや状態を調べましょう。
ほくろのすべてが自分で取れるかというと
そういうわけではありません。

根の深いほくろは根が残っていると
そこからまた大きくなってしまいます。

ほくろが良性とは限りません。
悪性のほくろの場合は自己処理は危険です。

病院に行って自分で取っても大丈夫なのかを
お医者さんに判断してもらうのが
1番良いと思います。
1回の診察でしたら受診にかかる費用も
最小限ですみます。

自分ひとりの判断で
無理に取ろうとして失敗すると
顔にあとが残ったり
またほくろが出てきてしまうなど
かえって手間やお金がかかってしまう事も
考慮に入れて判断してください。

自己処理した場合は
その後のケアもきちんと
しなくてはなりませんので
時間に余裕がないような時は
避けた方が良いでしょう。

痛くなく簡単なのはクリームを使う方法

resize_20160602175945

最近では、ほくろ除去クリームでのほくろ取りも
かなり一般的になってきました。

以前はレーザーや窒素で焼き切るのが
ほくろの除去に使用されていました。

アメリカやイギリスなどの医療先進国では
クリームでの除去はごく普通に行われています。

クリームを塗るとその後1週間から2週間で
ほくろがかさぶたのようになり
皮膚からはがれ落ちるというものです。

クリームの良い点は
痛みがないことです。
また、いぐさのお灸のように火傷の心配もなく
1回塗るだけだという点です。
経済的にも美容外科などに行くよりも
かなりリーズナブルです。

人に見られる心配もなく
ひとりでできるのも良いですね。

ただ、大きなほくろや
かなり盛り上がったほくろには
効果がない場合もありますので
そのこともしっかり頭にいれておきましょう。

アフターケアを怠ると、トラブルを招く!

AI_IMG_7767_TP_V

クリームを塗ってかさぶたになり
ほくろが自然と剥がれ落ちると
皮膚はピンク色や赤くなっています。
この後数か月かかって
普通の皮膚に変わっていきます。

この間は皮膚が敏感になっています。
最初は傷バンやテープを貼って保護しましょう。

また、紫外線に当たるとほくろが
出来やすくなってしまいます。
傷口に紫外線が当たらないように
日焼け止めを塗ったり
帽子を被ったり、日傘をさしましょう。

もし肌荒れやへこみなどの跡が残るようなら
病院にいってみてもらいましょう。

ほくろの除去については
取ってしまった後に後悔する人もたくさんいます。
取ってしまって綺麗になりたい
という気持ちが先行すると判断を誤ってしまいます。

ほくろも自分の個性だと考えて
チャームポイントとして見せる工夫などで
人から好印象にみられるようにして
ほくろも長所と自信をもつように
発想の転換をしてみるのも
良いのではないでしょうか。

ほくろがあるから嫌いだと判断するような相手がいたら
そういう人とは縁がきれてラッキーだと思いましょう。
外見のみで判断して内面を見れない人
付き合っていくのは疲れます。
年齢とともに増えていくシミなどに
常にビクビクしていなければなりません。

 

スポンサードリンク