美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

冬のかかとのガサガサとひび割れを予防する3つの対策

   

あっ、痛い!

そう思ってかかとをみると
ひび割れている。

ストッキングを履く時にも
ひびにストッキングがひっかかって
ストッキングが伝線してしまう。

冬になるとそんな経験をする人も
たくさんいます。

そうならないように
自宅で簡単に予防する方法があります。

ぜひ実践して
かかと美人になりましょう

スポンサードリンク
スポンサードリンク

足への刺激の原因を探って、かかとへの負担を減らす

IMG_20160112_105729

足の裏やかかとへの刺激
足の裏の角質を増やしてしまいます。
これが、ひび割れの原因になってしまいます。

では、どのような刺激を
与えてないようにすればいいのでしょうか?

パンプスなど
特にかかとの高い物はできるだけ避ける。
足の裏やかかとに負担にかかる靴は
乾燥した角質に無理な力がかかり
ひび割れてしまう原因になります。

できるだけスニーカーや
楽な靴を選びましょう。

寒いストッキングも
冷えの原因になります。
たまった老廃物が体の外にでず
余計に蓄積してしまいます。

できるだけ綿素材の厚めの靴下
履くようにしましょう。

シャワーではなくお湯に浸かるようにして、お風呂で簡単ケアをする

a0002_006569

時間がないとついついシャワーですませてしまって
お風呂に入らなくなったりすると
角質が取れずに蓄積してしまいます。

足の裏の角質をそのままにした状態で
クリームなどを塗っても
表面だけにクリームがとどまって
成分が皮下まで浸透しません。

まずは足の裏やかかとの角質を
取るようにしましょう。

お風呂に入って古い皮膚が
ふやけてきたら
角質を取る道具を使って
角質を取るようにしてください。

軽石は力を入れると
皮膚を傷付けてしまうことがあるので
自分にあった道具を用意しましょう。

合わせて足の裏や足の指のマッサージも行うと
血行が良くなり
老廃物を外にだすので
より高い効果が出ます。

足の裏やかかとに、尿酸クリームがいい理由とは?

BeautyPlus_20160210230446_fast-2

古くから、足の裏やかかとのひび割れには
尿素を含んだクリームが良いと言われてきました。

それは何故なのか
知らない人もたくさんいると思います。

尿素には保湿成分の他に
角質の溶解作用もあるようです。

カチカチに蓄積された角質層を
溶かして剥がしていく特徴があるので
体の中でも特にひどい症状がみられる
足の裏やかかとに塗るようになりました。

これは、角化症と呼ばれる皮膚病にも
効果的です。

尿素入りのクリームで角質を溶かした後に
保湿成分の入ったクリームを塗ると
皮膚がしっとりして
ひび割れを防ぎます

足の裏やかかとは
自分では見えないので
ひどくなるまで気がつかない人も多いです。

見えないからと言って
毎日のケアを怠ると
ひび割れになってしまいます。

毎日のケアでつるるんとした
かかと美人になりましょう。

スポンサードリンク