美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

アメリカではお馴染みの吹き出物治療薬・BPOはどう効くのか&注意点は?

   

アメリカでは吹き出物、ニキビの治療薬として
市販の塗り薬にも当たり前に配合されている
「BPO」と呼ばれる成分があります。

50年ほど前から、ドラッグストアで簡単に
吹き出物の薬として購入できるものです。

ところが、日本ではこの成分は2015年に
やっと認可され、BPO配合の処方薬が登場
しました。

アメリカでは吹き出物の薬として当たり前
なのに、どうして日本では長年認められ
なかったのか。

そこには、使用にあたっての注意と、
アメリカと日本の薬品認可基準、
皮膚科治療の違いがあるからなのです。

吹き出物に悩む方にとっては、ぜひとも
知りたいところですよね。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

BPOについて知りたい!どんな成分?どう効くの?

1    引用:http://blog.livedoor.jp/tanabeemiko/archives/30542349.html

このBPO、薬品名は「過酸化ベンゾイル」
英語名のbenzoyl peroxideの頭文字をとって
BPOと呼ばれる成分です。

アメリカでは市販の塗り薬にも配合され、
吹き出物やニキビ対策の化粧品にも
使われています。

例えば、アメリカで売られるプロアクティブや
クレアラシルはBPO配合ですが、日本では
配合されていません。

吹き出物に効くメカニズムは、その酸化効果
殺菌効果乾燥効果ピーリング効果
漂白効果です。

吹き出物のもと、アクネ菌は酸素を嫌います。

そこにBPOで酸素を与え、殺菌して菌を
やっつけ、乾燥効果で皮脂分泌を抑制、
角質を溶かして除去、漂白効果で痕を防ぐ
というシステムです。

抗生物質ではアクネ菌は耐性を持つと効かなく
なるのに比べ、BPOは耐性がつかないのも
特徴です。

認可されにくかった理由・効果が強く、使用に注意が必要。副作用も。

2引用:http://www.herworldplus.com/beauty/updates/prevent-acne-breakouts-benzac-ac-gel

最大の理由は、その効果の強さと刺激です。

誤った使用や敏感肌の場合、赤みや腫れ、
ピリピリした強い刺激などが現れることが
あります。

また、肌が乾燥しやすくなるため、保湿を
十分すること、漂白作用があるため、
衣類などに付着すると色落ちすることが
あります。

使用している間は紫外線で肌が傷むのを
防ぐため、使用は夜のみ、UV対策が
重要です。

そして、人口の約3%にアレルギー
起こす可能性があるという報告もあります。

強烈な副作用が起こることもあるため、
使用する前にはパッチテストが推奨
されています。

なお、アメリカで市販されている
吹き出物・ニキビの塗り薬のBPOの配合率は
2.5%~10%です。

じゃあ10%のほうが効く?!と思いがち
ですが、効果はあまり変わらず、むしろ
高濃度だと刺激性が高く、副作用が起こり
やすいそうです。

また日本人の肌には刺激が強すぎて合わない
という認識が、日本での認可が遅れた最大の
理由でしょう。

つまり強力な薬であるため、正しく使用
するには医師の指導が必要、自己判断で
使用するのは危険なので市販薬には配合
されない、というわけです。

でもやっぱりBPOを使ってみたい。やっぱり皮膚科?

3引用:http://ameblo.jp/mizutanihihuka/entry-11999844222.html

2015年に日本でBPOが認可され、
皮膚科で吹き出物やニキビの塗り薬
「ベピオゲル2.5%」があります。

保険適用で処方される薬は現在のところ
この1種類になります。

ただ、どこの皮膚科でも処方するという
訳ではなく、従来通りの抗生物質での
治療を勧める医師
もまだ多いのが現状です。

また、美容クリニックなどでは自費
アメリカのBPO配合薬を処方するところも
数少ないですが存在します。

じゃあ病院などにかからないと使えないかと
言うと、個人輸入という手段もあります。

アメリカで使ったことがあり、日本でまた
使いたいという人や、どうしてもBPOを
試したいという場合に、ネット通販や
個人輸入は可能です。

ただし、使用に関して注意が必要な強力な
薬ですから、副作用が起きても自己責任です。

吹き出物の解消には、薬の正しい使用が不可欠。

 4引用:http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52195311.html

Webで詳しいBPOの使用体験談
ありますが、効果を感じた人が多い一方、
副作用の体験談も多いです。

その点では個人判断はあまりお勧め
できませんね。

どうしても吹き出物の悩みを解消したい。

そう思うならばBPOがどんな成分なのかを
詳しく調べ、処方が可能な皮膚科で、
医師の指導を仰いで、正しく最大限の効果で
使うことが一番の近道でしょう。

 

 

スポンサードリンク