美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

乾燥肌で顔がかゆいし赤いし恥ずかしい…菲薄化って知ってる?

      2016/06/04

頬が赤くなって恥ずかしいだけじゃなく
痒くてしょうがない。

乾燥のせいだとわかってはいるものの
どうしていいのかわからない。

なすすべもなく放っておいたら
皮膚の炎症や酷いかぶれ腫れが!
こうなってしまうと
病院での治療が必要ですし
治るまでに時間もかかります。

顔の赤みは早めのケアが
最速の治療法です。

赤くなる原因を知って
皮膚をきちんとケアしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

顔がすぐに赤くなったりかゆくなったりするような症状の原因

20160523_213345

顔がすぐに赤くなったりかゆくなったりするような症状は
肌が薄くなっているせいで
起こっている可能性が高いです。

肌が薄くなる原因は年齢によって違うので
一概に判断できませんが
加齢による真皮層へのダメージ
主な原因であると考えられています。

この肌が薄くなる現象を
菲薄化(ひはくか)と言います。

加齢による菲薄化のほかにも
日頃の洗顔やマッサージやピーリングなど
必要以上な肌のケアも
実は角質層の劣化を招いてしまいます。

皮膚が特に薄くなりやすいのが頬や鼻です。
頬や鼻は顔の中で出っ張っている部分なので
摩擦や紫外線による刺激を受けやすいからです。

また、皮膚が薄くなると保持していた水分が失われてしまいます。
その結果、乾燥肌になります。
乾燥も刺激の原因となりますから
肌に炎症を引き起こしてしまい
頬の赤みの原因となるのです。

何故、加齢によって菲薄化が進むのか?

generations-462134_640

真皮層のコラーゲンやエラスチンの量
年齢と共にどんどん減少していきます。

コラーゲンは肌の弾力を保っている
タンパク質のひとつです。

エラスチンはコラーゲン同士を結びつける働きを持つ
繊維状のタンパク質です。

この成分が少なくなると
他の肌を構成する細胞を作り出す力も衰えてしまい
表皮が薄くなってしまうというわけです。

肌細胞のターンオーバー(新陳代謝)のサイクルもまた
加齢と共にスピードがゆっくりになっていきます。

加齢によるダメージは個人差があります。
若いからといって安心していると
もともと皮膚の弱い人などは
若いうちから皮膚が薄くなる可能性もあります。

女性ホルモン減少も菲薄化を招く?

face-1381321_640

肌の潤いをはじめ女性に美しさを提供する女性ホルモン(エストロゲン)は
更年期を境にどんどん減少していきます。
最後には分泌されなくなります。

40代後半くらいから肌の内側が痩せ始め
50代以降になると乾燥やシワなどが
たくさんできていきます。

肌そのものも菲薄化が進みます。

最近では、無理なダイエット
独り暮らしの生活の乱れ
生理不順閉経など
若い人でも女性ホルモンのバランスが
崩れるケースがみられます。

女性ホルモンの減少は避けられませんが
予防や対策をとることで
減少が緩やかになる場合もあります。

赤みやかゆみを伴う肌荒れの手入れや予防方法

IMG_20160524_121622

1番大切なのは、薄い皮膚を健康な状態に戻すことです。
それには角質層が健康になる必要があります。

角質層が健康になると表皮の水分保持量が増えます。
すると外敵や刺激から体を守るバリア機能
きちんと働いてくれるようになります。

その結果として表皮や真皮や神経に
伝わる刺激の強さが和らぎます。
これで過敏な反応が起こらなくなります。

毛細血管が常に拡張している状態や
過剰な増殖もなくなりますから
健康な角質層は赤みの改善に必要です。

洗顔には刺激の少ない固形石鹸を使い
強くこすらないようにしましょう。

敏感肌用の保湿力の高いコスメを使い
肌の水分の保湿に勤めましょう。

食生活の改善や生活習慣の見直しをして
アルコール、たばこ、カフェインなどの嗜好品や
香辛料などの刺激物はなるべく避けるようにしましょう。

もちろんストレスをためないことや
時間に余裕をもったスケジュールをたてて
睡眠をとることも大事です。

これらのケアは即効力はありませんが
徐々に快方に向かいます。

それでも一向に改善されない時には
皮膚科の受診を検討してください。

スポンサードリンク