美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

季節の変わり目は要注意!肌荒れによる赤みやかゆい時の対策法

   

季節の変わり目に特に多い肌荒れ
赤くなったりかゆくなったり

いつもと同じスキンケアをしているのに
どうして?

原因はいろいろですが
体調やストレスに加えて
季節の変わり目などの環境の変化も影響しています。

病院へいくほどでもないし
かといって何もしなければ不快です。

自宅でもできるスキンケアの方法で
肌の改善をはかりましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

肌荒れのあかみやかゆみは、何が原因でなるの?

-shared-img-thumb-N112_nayandahyoujyou_TP_V

あかみやかゆみの原因ですが
皮膚は外部から刺激を受けると
その刺激から肌を守るように
免疫細胞が役割を果たします。

この自然な生体反応が炎症です。
そのまま放置していると
肌の赤みやかゆみなどの症状に発展します。

外からの刺激としては
紫外線の浴びすぎや
季節の変わり目の気温差や乾燥
植物の花粉などがあげられます。

体調の崩れやストレスや睡眠不足などが
そこに加わるとホルモンのバランスも崩れ
症状がどんどん悪化してしまいます。

赤み、かゆみを伴う肌荒れの治し方

IMG_20160227_183058

肌が薄くなっている人にとって大切なことは
肌のうるおいをなくさないようにして
肌の自己再生力を高めることです。

肌を清潔に保つために洗顔をします。
洗顔合成界面活性剤の入っていない
無添加の固形石鹸を使用するようにしましょう。

泡立てネットで丁寧にきめの細かい泡を作ります。
泡を肌の上に置くようにして
そっと静かに洗います。
綺麗にしなくてはと力をいれると
傷んでいる肌に余計に負担をかけてしまうので
優しくなでるようにして洗って下さい。
そしてぬるま湯で洗い流します。

洗顔後は化粧水や乳液で肌を整えます。
保湿成分の入っているコスメを選びましょう。

保湿成分の中でもセラミド
角質層で水分を保持する機能とバリア機能の両方を
兼ね備えている優れものです。

生活習慣も見直しましょう。

m001-101

肌荒れになってから慌ててするのではなく
常日頃チェックを入れて気をつけたいのが
毎日の生活習慣です。

ほんのちょっとくらいならと
スマホから目が離せず
ついつい毎晩寝る時間が遅くなると
睡眠不足で疲労も回復しません。

肌のバリア機能を含む体中の細胞は
眠っている間脳下垂体から分泌される
成長ホルモンで修復されます。

夜10時~2時の間は
特に肌が修復される時間ですから
この時間帯になるべく眠れるように心がけましょう。

運動不足や偏った食事も
体そのものの機能を低下させてしまいます。
ホルモンのバランスを崩したり
便秘をひきおこしたり
血流が悪くなるなど
小さなトラブルが頻発します。

食べ物からきちんと栄養をとり
適度に身体を動かし
睡眠をとれば肌の調子も自然と良くなります。
規則正しい生活
周りから見ても好感を持たれます。

肌を傷めるようなきついメイクをしなくても
規則正しい生活をして
爽やかな方が人に好かれますので
肌荒れの改善を機会に
ぜひ実行してみて下さい。

スポンサードリンク