美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

どうしてあごにばかりできるの?吹き出物の位置に3つの理由あり

      2016/04/27

大人になって吹き出物ができやすい場所
それはあご

思春期のニキビは、
頬やおでこにできやすいのですが、
大人になると、あごが断然増えませんか?

しかも、悪化しやすい上に、治りにくく、
吹き出物の痕も残りやすいのです。

どうして大人の吹き出物は
あごにできやすいのでしょう?

どうしたら早く治せるのでしょう?

できづらくする対策はないものでしょうか。

そのことについて、紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

あごに吹き出物ができやすい理由

2a2bdeb184ff3377b79c564c4607774d_s

大人があごに吹き出物ができやすい理由、
それは、いくつかあります。

乾燥

あごや口の周りは、皮膚が薄い部分。

その分乾燥しやすい場所でもあります。

肌は乾燥すると、それを補おうと、
皮脂をたくさん分泌します

それが吹き出物の原因になるのです。

また、皮膚が薄いので、
雑菌の影響を受けやすいのも、
あごに吹き出物ができやすい理由です。

ストレス

ストレスも、
吹き出物ができる原因になります。

様々な理由でストレスがたまると、
ホルモンバランスが崩れ、
男性ホルモンが
過剰に分泌されてしまうのです。

男性ホルモンは、
皮脂の分泌を増加させる作用がありますので、
その分、吹き出物ができやすくなります。

生活習慣

睡眠不足や悪い食生活といった
生活習慣の乱れも、
吹き出物を引き起こします。

睡眠がきちんと取れていないと、
成長ホルモンが十分に分泌されず、
肌の新陳代謝が悪くなってしまいます。

つまり、老廃物を排出できないということ。

そして皮脂詰まりが起きやすく、
吹き出物になりやすいのです。

また、スナック菓子やインスタント食品、
脂質の多い肉や
炭水化物に偏った食事をしていると、
必要なビタミンやミネラルが取れず、
肌に栄養が行き渡らないので、
その分ターンオーバーがきちんとできずに、
皮脂が詰りやすく、
吹き出物ができやすくなります。

あごの吹き出物を早く治すには?

9fdb1bbb2fbc29d7ba27711d27502c6d_s

吹き出物がなかなか治らない原因のひとつは、
炎症している場所に、
さらに雑菌が付いてしまうから。

特にあごは、髪の毛が触れたり、
電話などをする際にケイタイがついたり、
頬杖をついたりと、
意外と気が付かないうちに、
雑菌にさらされているのです。

なので、早く治すためには、
あまり触らないことが重要です。

髪の毛はなるべく後ろでまとめましょう

また、ケイタイや手など、
あごに触れるものは
なるべく清潔に保ちましょう。

そして、
きちんとクレンジングすることが大事です。

過剰に分泌した皮脂を取り除き、
また、雑菌などを除去してあげましょう。

同様に重要なのは、保湿です。

基本的に、吹き出物というのは、
肌が乾燥し、皮脂が分泌され過ぎて、
皮脂が詰ってしまうのが原因

つまり、肌を乾燥させないことが
重要なのです。

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など、
保湿機能の高い成分が含まれた
スキンケア用品を選ぶようにしましょう。

乾燥を防ぐことは、
後々の吹き出物の再発防止にも繋がります。

これ以上吹き出物をつくらないために

3e6f20478334d8edace5e200dd9edaec_s

生活習慣の改善

生活習慣を改善すると、
心身ともに強くなります。

そうすることで、
吹き出物が再発するのを防ぐことができます。

まずは睡眠
質のいい睡眠を十分な時間とりましょう。

そうすることで成長ホルモンの分泌を促し、
肌の新陳代謝を整えることができます。

重要なのは、
入眠3時間をしっかり熟睡すること。

そのために、
しっかり眠れる布団やベッド、枕にしたり、
カフェインの入った飲み物を避け、
パソコンやケイタイを
使用しないようにするなど、
睡眠環境をよくしましょう。

食事も大事です。

とくに、皮膚を丈夫にするビタミンA、
新陳代謝に関わるビタミンB群、
コラーゲンの生成に関わるビタミンCを
忘れずにとりましょう

ビタミンAは、βカロテンとして、
緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンB群は、レバーや赤身の肉、
牛乳や納豆などの大豆製品に豊富です。

ビタミンCは、果物や野菜全般に
たくさん入っています。

それらを意識してとるようにしましょう。

保湿の徹底

上で述べたように、大人の吹き出物の原因は、
その大元は乾燥によるものです。

なので、とにかく保湿を徹底しましょう。

まずはきちんとクレンジング&洗顔し、
皮脂汚れや毛穴のつまりを取り除きましょう。

洗い残しのないように、しっかりすすぐことも
重要です。

スキンケアは、保湿力の高いケア用品を使い、
手でプレスするように
温めてなじませるのがコツ。

そうすることで、
肌に浸透しやすく、蒸発しにくくなるのです。

まとめ

吹き出物、確かに大人になってからは、
あごにできやすくなったと感じています。

私の場合、食生活が乱れると、
てきめんにできやすくなります。

甘いお菓子派弟はないのですが、
スナック菓子とかインスタント麺とか、
好きなんです…。

とはいえ、肌に影響が出るのもイヤなので、
仕方なく避けるようにしてはいます
(月に2度ほどご褒美で食べちゃいますが(笑))

スキンケアのなかでは、
ハンドプレスがおすすめです。

化粧水もクリームも、
それぞれ20秒ほどプレスしています。

これをしてから、
乾燥していると感じることが減りました。

ぜひ試してみてくださいね。

スポンサードリンク