美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

産後の生理前の症状はあるの?知っておきたい生理再開の仕組み

      2016/06/01

産後は体の回復や赤ちゃんの世話で
限界ギリギリになってしまうことも。

そんな中で気になるのが生理の再開時期です。
生理前のあのいやな兆候
産後も同じようにあるのでしょうか?

産後の生理再開はかなりの個人差があります。

次の子供の妊娠計画にも大きく影響してくるので
ここはきちんと押さえておきたい事項です。

今回は産後の生理の仕組みについて
基礎知識をあげてみますので
再開時期や生理の症状などの傾向を知って
不安になったりしないようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

産後の生理の仕組み

uterus-1089344_640

出産後すぐは生理になりにくくなります。
ある研究の報告データによると
産後1年の間に生理がきたというママの割合が75%
母乳育児をしているママは
母乳育児をしていないママに比べて生理が再開するのが遅い
という傾向も見られたそうです。

それは何故でしょうか?

出産後すぐに、生理が再開しないのは
実はママ自身が自分の体を守っているからです。

出産後すぐはママの体も心も回復していません。
ですから、自分の体を守ろうとするために
ホルモンの分泌を調整しているのです。

生理再開にはプロラクチンという
ホルモンが大きな役割を担っています。

プロラクチンというホルモンは
排卵を抑える作用があります。

生理再開には母乳育児が大きく関係する?

mom-1006328_640産後のママの体は赤ちゃんを育てることに集中します。
赤ちゃんに母乳を飲ませることは
最も大事な役割になります。

赤ちゃんの授乳方法は
完全母乳育児完全ミルク(粉ミルク)育児混合育児とに分かれます。

体が母乳を作っている間は
プロラクチンという母乳を作るためのホルモン
活発に分泌されます。

このホルモンは排卵を抑える働きもしています。
ですから母乳育児中は
生理が始まりにくくなる傾向があります。

授乳方法よって体が母乳をつくる量に違いがでます。
そのためホルモン分泌には差が生じます。

授乳方法と生理再開の時期には
このように大きな関係があると言ってもいいでしょう。

産後の生理再開の兆候には、どんなものがあるの?

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s

産後の生理再開と通常の(妊娠前の)生理の
メカニズムは全く同じです。

普通は妊娠前の生理になりそうと思わせる兆候
体に出てくるようです。

生理の前にでる症状としては
頭痛腹痛イライラむくみなどがあげられます。

生理前は排卵後に急激に増加した
黄体ホルモン分泌量が一気に減少します。
これによって体を安定させる自律神経が不安定になります。
イライラや頭痛の原因となります。

排卵後に活発に分泌される黄体ホルモンには
同時に体の中の水分を引き出す作用もあります。
このため、生理前に体にむくみがでる場合もあります。

他にも乳腺を発達させる働きもあるため
乳房に痛みを感じたり
体温を上昇させる作用によりけだるさを感じる人もいます。

何か月も生理がないため
生理前の症状がでると
生理を忘れて病気かな
と不安になってしまう場合もありますので
パニックにならずに落ち着いて判断してみて下さい。

スポンサードリンク