美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

野菜のサプリメントで栄養は足りるの?効果のある摂取方法!

   

食べなくてはいけないとわかっている野菜
でも切ったり調理するのは時間手間もかかります。
季節によっては野菜は高価になることも。

コンビニやドラッグストアには
手軽に栄養を摂取できるサプリメントが
手頃な値段で並んでいます。

野菜を食べるよりもサプリメントで済むなら
その方が良いと思う人もいるはず。

でも、野菜のサプリメント
野菜を食べるのと同じ効果があるの?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

1日に摂取した方が良い野菜の量って、どのくらいなの?

vegetable-1085065_640

野菜をどのくらい食べればよいのかというと
健康のためには、1日350g以上の野菜
必要と言われています。

野菜に含まれる栄養素には
ビタミンA、C、食物繊維、カルシウム、カリウムなどがあります。

350g以上の野菜というわれても
葉っぱ類などは調理してしまうと
いったいどのくらいの量だったのかも
わからなくなってしまいます。

そこで本当におおまかですが
イメージとして手を使って考える方法があります。

生野菜で両手に軽く山盛り1杯分が
1日の野菜の目安量とイメージしてください。

野菜は色の濃い緑黄色野菜
色の薄い淡色野菜があります。
他にもきのこ類海藻類などが入ります。

野菜350gのうちわけですが
緑黄色野菜は120g
淡色野菜やきのこ・海藻は合わせて230g
バランスの良い摂取の仕方です。

野菜をなるべく多く食べるには
朝・昼・晩と3食に分けると
思ったほど大変だと感じないと思います。

とはいうものの
時間に追われて生活していると
野菜を買いに行ったり
3食の調理している時間まで
なかなかとれない人は多いと思います。

野菜に含まれている栄養素の働き

-shared-img-thumb-PASONAZ160306310I9A2385_TP_V

野菜には体にとって重要な栄養素がたくさん含まれています。
どんな働きをしているのかというと

1.丈夫なからだをつくる

野菜に多く含まれるビタミンCは
コラーゲンの合成をする働きをして
健康で丈夫なからだを作ります。
また抗ストレス作用や
鉄の吸収を高める働きもあります。

2.高血圧予防

高血圧の原因であるナトリウムを
体外に排泄するカリウムが
豊富に含まれています。

3.骨粗しょう症予防

野菜に含まれるカルシウムは
骨や歯の形成に欠かせない栄養素です。

4.糖尿病や高脂血症・肥満などの予防

豊富に含まれる食物繊維は
糖質や脂質の吸収をゆるやかにする働きがあります。
血糖値や血中脂質の急な上昇を抑えて
内臓脂肪が増えるのも防ぎます。

5.若さを保つ

老化の原因である体内に発生した活性酸素。
活性酸素は体内で反応しやすく
たんぱく質や脂質などを酸化させて
動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病を
引き起こす原因になります。
活性酸素を消去するビタミンAやCなどの抗酸化物質も
含まれています。

野菜のサプリメントのメリットとは?

medications-342462_640

野菜を必要量食べれない時には
野菜ジュースを飲んだり
サプリメントを飲むことで
野菜不足がサポートできます。

では野菜のサプリメントには
どのような効果があるのでしょうか。

1:手軽に毎日の栄養バランスを維持できる
2:野菜嫌いでも関係なく摂取できる
3:老若男女とわず飲むことができる
4:栄養だけでなく美容効果も高い
5:野菜ジュースよりも効率的

また比較的安い値段で買うことができますので
経済的にも野菜を買って食べるよりは
安くすむサプリメントがたくさんあります。

ただ、注意しなくてはいけない事があります。
複数のサプリメントを服用する場合は
過剰摂取にならないように気をつけましょう。
過剰摂取になると内臓を傷めてしまう場合もあります。

サプリメントというのは健康補助食品ですので
まるっきり野菜にとって代われるものではありません。

錠剤やカプセルは普通の食べ物と違い
胃や腸の消化吸収も違ってきます。

体が本来の働きをしなくなれば
どこかでひずみが出る可能性が高くなります。

できるだけ野菜を食べるようにして
サプリメントはお助けアイテム
考えて賢く利用してください。

スポンサードリンク