美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

老けて見える白髪は嫌!白髪の予防と対策をして若返りましょう

      2016/01/22

娘時代には真っ黒で艶のある髪だったのに、いつの間にやら白いものが混じり始めました。

鏡うつった姿は、なんだか齢よりもずっと老けて見えます。

若い時にケアをするどころか、紫外線を浴び放題、カラーリングし放題してたツケがまわってきてしまいました。

今からできることをキチンとやって、少しでも若返りを図りましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

年齢に関係なくでてくる白髪!その原因を探ってみましょう。

269807

一般に女性の場合は、30代後半から髪の老化が進み白髪になると言われています。ですが最近では小学生の頃から白髪になる人も増えてきました。

白髪になる原因はたくさんの要因があり、単独の場合といくつかが組み合わさって白髪になる場合があります。

原因には、髪の老化・妊娠出産・過度のストレス・遺伝・睡眠不足・無理なダイエットや偏食などの栄養不足・甲状腺機能低下症・病気・不衛生などがあげられます。

白髪は体からのSOSと受け止めて、自分の白髪の原因を確かめてみましょう。もしかしたら、体が何かの病に侵されているのかもしれません。

残念ながら現代では普通に生活していても、病気以外で当てはまる項目がいくつかあるのではないでしょうか。

白髪を予防することで、残っている黒髪を保ちましょう。

a0002_001035

白髪にならずに残っている黒髪を、保つために予防をしましょう。

びっくりする人もいるともいますが、髪は最初から黒い色をしているわけではありません。最初は白髪が生えてきて、毛根の中にあるメラノサイトで黒く色づけされます。

メラノサイトではメラニン色素を作っていて、メラニン色素がコルテックスに行き渡ることで髪に黒い色をつけています。

そしてこのメラノサイトが様々な原因により減少していくと、メラニン色素の量も減り髪に黒いをつけることができなくなってしまいます。

白髪を予防するためには、体の健康を維持することが大切です。

規則正しい生活や体に良い食事をして、体の中からの体質改善をしましょう。また、ストレスをためないように心がけましょう。

白髪になってしまった髪への対策をとって、若返る努力をしましょう。

091e304806355fddd8f07c5a4c2169ea_s

白髪になってしまった髪が黒髪に戻ることもあるようですが、普通は白髪のままです。

白髪のままだからといって生きている髪には変わりはないので、乾燥していたり紫外線を浴びたりして悪い環境におくのは良くありません。

頭皮が固くなると血流が悪くなり、メラノサイトの働きが鈍くなってしまいます。お風呂やシャワーで頭が暖まっている時に、頭皮マッサージをするようにしましょう。血流が良くなります

白髪の改善を狙うなら、鉄分や亜鉛のなどのミネラルやチロシンの摂取を心掛けましょう。黒髪が白髪にならないための予防にもなります。

見た目の改善には、染毛剤やウィッグを使いましょう。

IMG_20160119_153801

どうしても見た目が気になるときには、染毛剤ウィッグを使いましょう。

ウィッグは開発がすすんで、つけていても中がムレることもない精巧なものもあります。ヘアスタイルが崩れることもないので一石二鳥かもしれません。

染毛剤には、ヘアマニキュア・ヘアカラー・ヘアカラーシャンプー・ヘアカラートリートメント(コンディショナー)・ヘアカラースプレーがあります。ただ染めるとどうしても、髪を傷めてしまいます。

最近試した物の中で1番良かったのは、ヘアカラートリートメントです。アートネイチャーのLABOMO(ラボモ) スカルプアロマ ヘアカラートリートメント

従来のものと違いつけて放置する時間が3分―5分と圧倒的に短時間で染まります。髪の研究を積んだメーカーさんだからの技術だと思います。髪へのダメージも少ないのが嬉しいです。
ただ、良くそまるだけあって素手で使うと爪の間などに入って染まってしまいます。100均などで使い捨てのビニール手袋を買ってきて使用することをお勧めします。

 

スポンサードリンク