美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

【意外な裏ワザ】リュックを使っていびきを止める対策

      2016/06/03

いびきはかいている本人も
一緒の部屋で寝ている人も
安眠できない迷惑な事ですよね。

でもどうすればいびきをかかないで
ぐっすり眠ることができるのでしょうか?

いびきをかく原因を良く知って
いびきをかかない対策をとりたいものです。

特別に何かを用意したり
薬を飲んだりすることに
ちょっと抵抗を感じている人は
リュックを試してみませんか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

いびきのメカニズムを知っておこう

teeth-209860_640

いびきの主な原因は
空気の通り道である上気道
狭くなることにあります。

狭いところを空気が通ろうとすると
空気抵抗が大きくなり
呼吸をしたときに粘膜が振動して音が生じます。
この振動音が、いびきです。

寝ているときの姿勢がいびきに
大きく関係してきます。

体を仰向けにして寝ると
重力によって軟口蓋舌の付根といった
上気道の周りにある組織が喉の奥に落ちて
自然と上気道がせまくなりやすくなります。

寝ているときは体がリラックスしているので
舌や咽頭周りの筋肉も緩んだ状態になっていて
より上気道が塞がれやすくなり
いびきをかいてしまいます。

いびきによる睡眠不足が体に与える影響

headache-388870_640

世界の中でも日本人の睡眠時間は短いです。
その短い睡眠時間がいびきによって
さらに眠りが浅くなってしまう。
そんな状態が体にいいわけがありません。

ではどんな悪影響があるのでしょうか。
いくつかあげてみます。

・思考力、記憶力が落ちるなど、頭の回転が鈍ってくる
・ぼーっとしてしまう
・ひどい時には居眠りをしてしまう
・肌が荒れる
・吐き気や頭痛などが起きやすい

これ以外にもイライラしたりやる気がなくなったり
精神的な面にも影響が出ます。

質の高い睡眠をとることで
体を回復させたいものです。

リュックを使ったいびき防止法

IMG_20160524_204318-2

いびきの最もかきやすい体勢は仰向けです。
仰向けに寝るよりも横向きで寝た方が
気道が塞がらずにすみますから
いびきをかきにくくなります。

でも、寝ている間の姿勢まで
コントロールするのは困難ですよね。

そこで上を向かないようにするために
リュックを背負って寝ます
リュックがじゃまになって
上を向きにくくなります。

リュックを背負って寝るなど
眠れるわけがない!
そうおっしゃりたいのも
よくわかります。

では、実際にやってみて下さい。
すぐに慣れますし
そんなにじゃまにもならないのが
よくわかってもらえると思います。

リュックにはタオルや服など数枚入れて
リュックを膨らませましょう

もう1つ注意しなければならないのは
枕の高さです。
肩と首の角度が90度になる高さにしてください。

首が曲がってしまうと気道が塞がりやすくなり
びきをかきやすくなってしまいます。

リュックを背負って効果があれば
これを1ヶ月くらい続けて下さい。
そのあとリュックなしで寝てみて
横向きで眠れるようなら
もうリュックは必要ありません。

スポンサードリンク