美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

いまからでも遅くない!男運をつかむ女性の激ウマ簡単レシピ

   

仕事に追われ、年を重ねていくと
気付けば結婚を逃していたり
自分だけ結婚していなかったことなど
女性としての「幸せ」
遠のいていると感じていませんか?

特に
「料理」「家事」が行き届いていないと
男性は女性を
結婚相手としてみてくれない場合があります。

好きな男性を落とすなら
「胃袋をつかんで離さない」こと!

今からでも遅くない!
男性の好きな料理のコツを紹介します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

男女の「おいしい!」は違った!料理のスキルを学べ!

男性の胃袋をつかむ事は
簡単なようで難しいことです。

しかし、
目標を持って
今年こそゴールインしたい人には
「男性目線」の料理も理解しておくことが
ポイントになります。

そこで男性と女性では
料理に関してどう違うのか考えてみましょう。

1.おかずの種類より「がっつり」が好き

 

女性は「色」「形」「種類」
料理を並べて「視覚」で食事を楽しみます。

しかし
男性は「肉」「にんにく」があれば
ご飯がたくさん食べれてしまう
単純な細胞の持ち主です。

そこでとりあえず
「肉料理」を覚えてみましょう。

2.質よりも大量のおかずで大丈夫!

男性の食事は
目で味わうよりも
「大量をバクバクお腹いっぱいたべる」事が
味わい方の一つです。

おかずを小鉢に入れて
違う種類の味と風味を出しても
「健康的だけどご飯と合わないかも」と
健康なものを積極的に摂るより
空腹を満たされればいい感覚に。

男性に作るなら
1品~5品程度のおかずを作り
メイン料理は
他のおかずより少し多めに作るのが
おすすめです。

3.時間をかけずに作れるものでいい

女性ならば
時間をかけて
彩りが良い料理を作りたい
思います。

しかし
男性は
空腹状態で待たされると嫌がりやすく
夕飯前にお菓子を食べることも多々あります。

そんな時は
「丼もの」や「たれ付き料理」
出してあげるだけでもがっつりと
喜んでくれます!

4.濃いめに味付けしてくれるとうれしい

体を気遣って薄目の味を
提供したいのは分かりますが
一つのおかずでご飯が進み
ご飯を食べた後でも
濃い味は残るので
男性は濃い味を求めてしまいます。

濃い味を
少しでも健康的に作ってあげたいならば
・醤油は「減塩」
・さとうは「はちみつ代用」
という様に
胃に負担のかからないような
調味料を使用してあげましょう!

男性が惚れちゃう!カンタンぱぱっとレシピ

《冷蔵庫の残り物で出来るチャーハン》

 

納豆やツナ缶、鮭フレーク、レタス、卵など
毎日の食事で使用している
冷蔵庫のおかずを使って短時間で出来る
誰もが大好きなチャーハン!

基本的に
料理が苦手な人でも作れる「チャーハン」は
ある調味料を入れると
どんな材料でも美味しく作れちゃいます!

【絶対に旨いチャーハンの調味料(二人前)】
○塩 小さじ2
○こしょう 少々
○お酒 小さじ1
○中華スープの元(和風だし)小さじ1
○醤油 小さじ1

この調味料を混ぜておいて入れるだけなので
カンタン!激うまチャーハンが作れますよ!

納豆も細かく刻んで一緒に炒め
付いている「タレ」も利用すると
栄養バランスも良く美味しいです!

《いつもの味噌汁にプラス!ほっこり豚汁》

お酒を飲む男性にはどうしても
味噌汁がおかずに入らない様で、
残された経験はありませんか?

があれば
きっと
いつもの味噌汁より評価が上がりますよ!

【味噌汁のおススメの野菜】
○白菜orキャベツ
○玉ねぎ
○大根orじゃがいも など

《魚でも肉でもOK!がっつり唐揚げ》

唐揚げは忙しくても
その日の朝
醤油・酒・生姜・にんにく
漬け置きして置けば
夕飯には片栗粉揚げるだけなのでカンタン!

子供から大人まで大好きな唐揚げですが
実は
魚でもイケちゃうんです!

【唐揚げに出来るおススメの魚】
○サバ
○小アジ
○さんま
○もうかさめ
○カジキマグロ など

食べやすく開いて下処理をし、
一口サイズに切って漬け置きしょう。
また、サバは
余ったカレー粉と片栗粉をつけて揚げても
おいしいですよ!

《濃いめでご飯がすすむ!テリヤキチキン丼》

炒めるだけで出来ちゃうパパット料理!

【材料】
○鶏もも肉
○片栗粉
○生姜(チューブでも可)
○酒
○みりん
○小葱orねぎ

はじめに鶏肉一口サイズに切り分け
片栗粉を振っておきましょう。
(味が付きやすいので)
調味料を混ぜ、鶏肉で炒めたら
調味料を一緒に入れ馴染ませます。

このように短時間で出来る料理は
たくさんあるので
男性の好みによって考えてみましょう!

特に
炒め物には、にんにく生姜はおすすめです。

結婚と料理は大切な関係だった

最近では
料理が出来るが多くなり
男性が作る料理を「男飯」と呼ばれています。
これによって結婚相手として
料理が出来る女性を選ぶ「絶対条件」
あげることは少なくなりました。

しかし
男性は、女性に料理をしてもらい
面倒な事は基本的にやってもらうことが
男性としての「喜び」につながります。

一緒に料理をするのも楽しいですが
手際良く、短時間で行う女性の姿に
「うっとり」してしまいます。

料理が出来ないルックスセンスの高い女性も
男性として魅力的ですが
結婚相手としては
「夫の好きな料理だけでも作れる」という
思いを持っている男性が
多い事を理解した上で
これから料理を勉強して行くと良いでしょう。

スポンサードリンク