美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

最近、急増中の彼女が大好きすぎる男性の特徴3つと注意すべきこと

   

以前は彼女がどんなに好きでも
態度に出さないのが日本男子でした。

でも世の中の変化とともに
そんな文化も変わってきました。

最近では彼女が大好きなことを全く隠さずに
愛情表現する男性が急増中です。

そんな彼女が大好きすぎる男性の
特徴をあげてみました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

彼女の言う事をきくことが、幸せだと感じてしまう。

a0001_017454

男性が彼女が大好きすぎるようになると
彼女の言う事もなんでもききたくなってきます。

彼女がどんなワガママを言おうが
できる限る彼女に言うとおりにして
彼女を喜ばせることが
その男性にとっての1番の幸せになってしまうのです。

また逆に大好きな彼女に嫌われたくないばかりに
自分を殺してガマンしてしまう男性もいます。

どちらのタイプも自分が好きなことを
しているわけではないので
度が過ぎてくると我慢ができなくなり
なんらかの形で亀裂が入る心配もあります。

女性にとっても居心地の良い環境なので
相手への要求がどんどんエスカレートする傾向も
問題点となってきました。

彼氏に頼めばなんでもしてくれるので
彼氏から自立したくない
場合によっては、彼氏から自立できない状態
ハマってしまう事もあります。

彼氏のことがそれほど好きでもないので
結婚はしたくない。
でも便利だから一緒にいる。
これではいつまでたっても結婚できません。

お互いにとってのマイナスにならないよう
注意が必要となります。

彼女のすべてを知りたがり、なんでもチェックしてしまう

a0002_007791

大好きな彼女のことは
どんなことでもすべて知りたくなってしまう。

彼女の友達や家族のことはもちろん
会社の仕事や同僚にまで
とにかく彼女の1日のすべてを把握したがります。

彼女の友達との約束にも
ついていきたがり
彼女の友達との親交をはかり
アドレス交換したりします。

彼女のよく行くお店に出入りしたり
共通点を増やそうとします。

彼女の部屋においてある
彼女の使っている洗面道具や
キッチン用品などを
いつの間にか揃えて使っていることもあります。

彼女の好きなブランドやメーカーのものを調べて
やたらと買ってきてプレゼントしたりということも。

最初のうちは自分の好きなものを
探してプレゼントしてくれることに
喜びを感じてしまうのですが
部屋にプレゼントが溢れてきたり
好みが変わったりしたときには
チェックも厳しいので
わずらわしくなってくることがあります。

自分の行動を知りたがる彼氏の言動が
束縛に思えるようになると
をついたりするようになり
隠し事も増えてきたりと
トラブルのもとになることがあります。

何よりも彼女を優先してしまい、他の場所でのトラブルが多い

-shared-img-thumb-BL008-cyottomatteyo20140810_TP_V

彼女さえいれば、もう他には何もいらない。
こう思われるのは女性にとっては
とても嬉しいことではないでしょうか。

でも実際に行動にうつされると
とても困った事態になりかねません。

彼女とのデートを優先するあまりに
会社の仕事がおろそかになってしまったり
デートの日の残業を断ってしまっては
会社での能力が下がってしまいます。

彼女と一緒にいる時間を増やすために
友達付き合いも二の次になります。
友達からの誘いを断ったり
友達との約束をドタキャンしてしまうなど
友達との関係を悪くしてしまうかもしれません。

できるだけ一緒にいて
いつも触れ合っていたくなり
人前でも場所もわきまえずに
やたらとベタベタしたがったりと
少々非常識な行動をしたりします。

SNSへの投稿も彼女のことばかりになると
自分の知られたくないことまで
投稿されてしまう危険もあります。

自分のプライバシーが守れなくなるのは
大きなストレスになりますので
しないで欲しいことをはっきり伝えて
彼氏を納得される必要がでてきます。

溺愛彼氏と付き合うのは、話し合いが大切

-shared-img-thumb-PAK86_pokapoka20140321_TP_V

彼女が大好きすぎて
彼女を溺愛してしまう彼氏と付き合うと
最初はお姫扱いされることが嬉しいのですが
彼氏の行動が度が過ぎてくる
負担になってしまうだけではなく
時には嫌な気持ちに
なってしまうこともあるでしょう。

どうしたら自分が嬉しいのか
どうされると嫌なのかを
彼氏にきちんと話す必要があります。

また、彼氏にとっても自分が負担にならないよう
ワガママな要求をしないように
彼氏の嫌な事も聞いて
要求しないようにしましょう。

一方通行でつくされるのはなく
お互いに良いバランスで付き合いたいものですね。

 

スポンサードリンク