美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

若い頃のサラ艶髪はこのケアで保つ!自分でできる大人のヘアケア5選

   

10代20代の頃はいつでもサラサラで
まっすぐの髪の毛を保てていたのに、
年を取るにつれて、
なんだかうねったり、ぱさついたり、
抜け毛が増えたり

髪の毛は人の年齢や見た目の印象を左右する
大事なパーツ。
できるかぎり、
サラサラで艶々の髪の毛でいたいですよね。

大人には、大人のヘアケアが必要です。

では、
大人になったらどんなケアをしたらいいのか、
それを紹介いたします。

大人の髪の3つの問題点

476e6ba289ec4e972fe145c65f49ff432-596x245

引用:http://lier.jp/8499/

乾燥

大人になると、頭皮も乾燥が進みます
そして頭皮が固くなり、
髪の毛が育ちにくくなります。
髪の毛にコシがなくなってくるのは、
この乾燥が原因
乾燥対策をしっかりしてあげましょう。

毛穴

毎日シャンプーをしているつもりでも、
頭皮の毛穴に、
汚れや皮脂が残っていることがあります。
これが続くと、匂いの原因に。
女性がクサいだなんて絶対嫌ですよね。

原因は意外と、
シャンプーの流し忘れのような、
単純なことだったりします。
すすぎは、シャンプーの2倍の時間をかけて、
じっくりしっかり行いましょう。

ストレス

抜け毛が増えてきた人の中には、
ストレスと、
それによるホルモンバランスの低下が原因のことも。
突然円形脱毛症になったというようなことを、
聞いたことがありませんか。
髪の毛はそのくらいストレスに弱いもの。
食事や睡眠といったライフスタイルを整えて、
髪にやさしい生活をしましょう。

大人のヘアケア5選

8c78945adc5eeb434d4658f35cbd1b8c_s

シャンプーしながらマッサージ

シャンプー時にマッサージをすると、
頭皮の血行がよくなります。
毛穴の汚れもしっかり落とせるので、
その意味でもおすすめ。

まずはお湯だけで一度予備洗いをします。
このとき、乾燥を促し過ぎてしまわないよう、
熱すぎるお湯は避けましょう。

また、髪の毛を洗うというより、
頭皮を洗うという感覚で洗いましょう。
指の腹を頭皮に当てて、
くるくるとマッサージをしながら、
シャンプーをしていきます。

まずは前髪の生え際やこめかみの辺りから、
頭頂に向けて
その後は、うなじから円を描くようにして、
頭頂に向けてマッサージしていきます。

すすぎ時も同じように、
マッサージをしながら、
じっくり時間をかけて行いましょう。

コンディショナーやトリートメントは毛先だけ

髪全体に付けた方が、
サラ艶髪になるのではないかと、
たっぷり付けている人もいますが、
これは実はNG。

トリートメントを頭皮に付けると、
そこから毛穴がつまってしまい、
頭皮を痛める原因になります。

また、
髪が吸収できる量は決まっているので、
たくさん付けてもムダになってしまうのです。

ドライヤーは離して使う

頭を洗った後のケアにも気を使いましょう。

タオルでごしごし拭くと、
髪のキューティクルが壊れてしまい、
パサパサ髪の原因に。

また、ドライヤーの熱を頭皮に当てすぎると、
乾燥が進んでしまい、
頭皮が固くなります。

コツは、下を向いて、うなじから乾かすこと。
そして、ドライヤーは頭皮から離すことです。

タンパク質をちゃんと取る

髪にいい食べ物=海草類、
だけではありません。

髪の成分は主にケラチンというタンパク質
つまり、タンパク質を取らなければ、
丈夫で健康的な髪の毛は育たないのです。

その上で、
ミネラルやビタミンもしっかり含まれた
バランスのいい食事をこころがけましょう。

シャンプーは夜にする

肌と同じく、髪の毛も育つのは22時〜2時の
ゴールデンタイム

ですから、夜に汚れを取らずに寝てしまうと、
頭皮の雑菌が増殖してしまいます。
また、寝ている間は汗をかくので、
それがまた、毛穴のつまりの原因に。
なので、シャンプーは夜にしましょう。

どうしても、
朝、シャンプーをしたいというのであれば、
夜しっかり頭皮を洗って、
朝は予備洗いだけというのがおすすめです。

まとめ

いくつになっても、
サラサラ、艶々の髪には憧れますよね。

確かに年を重ねると、
さまざま老化が進み、
その分髪の健康も保ちにくいですが、
それでも、
毎日少しずつ積み重ねていくことで、
私も、若々しい髪の毛を保っていけるよう、
努力したいと思います!

スポンサードリンク