美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

最近不調で元気がないのは冬季うつかも?原因と3つの改善法と食事法

      2016/01/19

お正月が終わり、やっと日常が戻ってきた。
気を使う親戚付き合いもやりこなしたし、
そろそろ元気を取り戻さなきゃ。

そう思っているのに、なんだかゆううつ。
ストレスが溜まっているのか不眠だし、
疲れも取れなくて、甘いものが手放せない。

それ、「冬季うつ」の症状かもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

冬季うつとは?

7db9f06c348d575d187407dacfee6a05_s

冬季うつとは秋から冬にかけて出る「冬季うつ病」
「季節性感情障害」ともいわれています。

患者は圧倒的に女性が多いのが特徴。

その主な原因はセロトニン不足です。

冬場は太陽が照る時間が少なく、
脳内のセロトニンが不足します。

セロトニンは精神を安定させる神経伝達物質
太陽の光で生成されるので、
冬場や曇りの日が続くと、
情緒不安定になりやすいんです。

もし、冬にだけ、以下のような症状がでてくるようだったら要注意!
チェックしてみてくださいね。

・仕事に対する熱意が落ちた。
・集中力が減った。
・なんだかすぐに泣いてしまう
・自分はなんてダメなんだ、と思ってしまう。
・睡眠が不規則になる。
・動く気力がわかない。
・甘いものが異様に食べたくなる。
・趣味が楽しくない。
・人と会うのがおっくう。

日常生活での改善方法3選

shutterstock_218730412

引用:http://health-to-you.jp/stress/hayanehayaoki0214/

上記で申し上げた通り、
冬季うつ病の原因はセロトニン不足。

であれば、セロトニンを増やせば改善されるということですよね。

でも、日照時間が少ないんだから、
実質的に無理じゃないの?

いいえ。他にも方法はあるんです。

①光を浴びる

冬でもなるべくお陽さまの光に当たるようにしましょう。

光の届かない部屋の奥ではなく、
窓際を所定位置にするのもいいですね。
台所は、
陽の光が当たらない場所にある場合が多いですから、
外に散歩に出かけたり、日中買い物に行ったりして、
陽に当たる機会を増やしましょう。

②早起きする

冬は日照時間が短い時期。
夏と同じ時間帯に起きたのでは、
よほどの早起きさんでない限り、
その分陽に当たる時間が少なくなっています。

また、人は太陽の光を浴びることによって、
体内時計をリセットします。
すると体の機能が正常に働きはじめ、
健康な心と体を得ることができるのです。

③定期的にリズム運動をする

セロトニンは、
リズム運動で多く生みだされることが分かっています。

例えば散歩。

同じ歩幅とリズムで足を動かしましょう。
そのとき、
歩くということを意識することを心がけましょう。
しかも、太陽を浴びながら歩けば効果倍増。

天気のいい日はセロトニン散歩をするといいですね。

改善できる食べ物は?

breakfast-605772_1280

引用:http://nemuri-cocoro.com/tryptophan-food/

セロトニンを合成するには、
実は食べ物も大事です。
セロトニンの原料はトリプトファンという必須アミノ酸。

従って、このトリプトファンが含まれる食事を取るのも、冬季うつの改善になります。

タンパク質

上記に上げたトリプトファンは必須アミノ酸
従って、それが多く含まれるタンパク質をとりましょう。

毎食忘れずに、
お肉や魚、大豆類をメニューに含めるようにしましょう。

ビタミンB6

トリプトファン吸収の際に必要になってくるのが、ビタミンB6。
セロトニンを合成する際に、それを促進してくれる働きをもっています。

サケやマグロ、カツオなどの魚類、
バナナ、
そして精製度の低い玄米や胚芽パンなどの穀類を食べるようにしましょう。

炭水化物

炭水化物は、トリプトファンをセロトニンに変える際に必要となってくる栄養素です。
また、体内への吸収を促進してもくれます。

冬季うつの人は過食するほど甘いものへの渇望があるといいますが、
それはこの炭水化物への食欲が増しているからなのですね。

けれども、食べるならば、おやつ類や菓子パンではなく、
玄米や胚芽米、ライ麦パンなどの、
精製度が低く、栄養価の高いものを選ぶようにしましょう。

ちなみに、
上記に上げた全てを含んでいるのが、
バナナ

時間がないとか、
今すぐ食べたいというときもあると思うので、
冬季うつの人には、バナナを常備することを、
おすすめします。

私も、
確かに冬にはうつっぽいこともあるので、
このことを学んでからは、
バナナを毎朝常食するようにしています。
とりあえず、うつになることもなく、
元気で過ごせているのは、
このバナナのおかげかなとも思います。

まとめ

冬になるとやってくる冬季うつ。
一度なってしまうと繰り返す人が多いらしく、
つらい病気ですよね。

でも大丈夫。
必ず春はやってきます
それまでの期間を楽に過ごすためにも、
上記のような工夫をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク