美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

お菓子を食べ過ぎちゃった…!翌日に何をしたらリカバーできる?

   

なんだかストレスが収まらなくて、
手当たり次第、
お菓子を食べることってありませんか?

チョコレートにクッキーに、
スナック菓子に菓子パンまで、
家にあるもの全部食べそうな勢いで。

私はとくに生理前、
食欲が倍増して止まらなくなります。

ダメだと分かっていても、
ほんとに手が止まらない。

そんなときは、
思いっきり食べることにしています。

とはいえ、どうしてこんなに食べたかと、
結局自分を責めちゃうんですよね。

ダイエットしたいとまではいかなくても、
太るのはイヤですし…。

でも、食べたからといって、
すぐに脂肪になるわけではありません。

リカバーの鍵は、翌日にあり!

食べ過ぎた日の翌日の過ごし方を
紹介いたします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

食べ過ぎがすぐに脂肪にならないってほんと?

34

引用:http://heartfullife.org/sugar/

そうなんです。
食べものはまず胃にたまります。

そこで消化されて腸に送られ、
そこから栄養素が吸収されるんです。

胃での消化にかかる時間は、
たいてい1時間から4時間くらい。
小腸では5時間から8時間くらいで、
栄養が吸収されます。

ということは、
食べたものが体に定着するまでには、
時間がかかるということ。

翌日までに調整すれば、
脂肪を体に溜め込むことはないのです。

リカバーするには何をしたらいい?

a0b39cd7a6b25bded195e16b408a273f_s

カロリー調整

太る/痩せるは
やはり基本はカロリー収支の問題です。

ですから、翌日のカロリーを抑えることで、
前日の食べ過ぎを調整するのです。

だからといって、
何も食べずに絶食するというのはいけません。

カロリーの低いものを選んで食べましょう。

まずは野菜。

野菜は、ご存知の通り総じて低カロリーです。

ただし、芋類やカボチャなど、
炭水化物が多めなのは止めておきましょう。

また、スープやみそ汁などの
汁ものもいいですね。
(ただし、生クリームを使った
ポタージュのようなものは×)

あたたかいものだと、
お腹も満足しやすいです。

それから、脂肪分の少ないタンパク質
しっかり取るようにしましょう。

ささみや皮をのぞいた鶏の胸肉、
豚のヒレや魚などがいいですね。

タンパク質はお腹が満たされやすく、
消化に時間もかかるので、
その分、空腹になりにくく、おすすめです。

食物繊維をとりましょう

食物繊維は便の水分やカサを増やし、
体から不必要な老廃物を排出してくれます。

野菜類のなかでも、ごぼうやきのこ、
セロリなどがおすすめ。

また、海草類にも食物繊維は豊富です。

もずくやワカメ、こんぶにひじきなど、
ぬるぬるした食材は、
食物繊維を摂取できると同時に
脂質の吸収を抑える働きもあります。

運動しましょう

軽くてもいいので、体を動かしましょう。

ウォーキングでもランニングでも、
ウインドゥショッピングでもいいので、
たくさん動くようにしましょう。

運動はカロリーを消費しますし、
気分転換にもなります。

また、運動をすると、
血糖値の乱上下を防ぐ効果もあるので、
余計な空腹を招かないばかりでなく、
イライラを防ぐ効果もあります。

甘いものは全部捨てましょう

もし甘いものが少しでも残っていたら、
全部捨ててしまいましょう。

なければ食べませんからね。

もし甘いものをストックする
クセがあるのならば、それも止めましょう。

安売りされていても、その日の分以外は、
買わないようにしましょう。

あるいは、
甘いものは外で食べるようにしましょう。

プロの作ったものはおいしいですし、
外食すると気を張るため、
適度な量で本当の満足を得ることができます。

といっても、
翌日ではなく、次週などにしましょう。
甘いものの連続は、
リカバーになりませんからね(笑)

汗をいっぱいかきましょう

普段から運動する習慣のある人は、
ぜひ、汗をだらだらかくほど運動しましょう。

カロリー消費だけでなく、
老廃物を排出することができますし、
むくみも減ります。

運動がきつい、という人は、
お風呂でもいいでしょう。

長時間入って、体を芯から温め
なるべくたくさん汗をかきましょう。

そうすることで、代謝が上がり
食べ過ぎからリカバーすることができます。

体がより温まる入浴剤やバスソルトを
準備してもいいですね。

まとめ

いろいろ紹介しましたが、
食べ過ぎたとき、
私がもうひとつ心がけているのは、
なるべく平常心でいること。

しまった食べ過ぎたー、と後悔しすぎると、
余計にストレスがたまり、
それが悪循環を呼んでまた食欲が増し…、
ということが過去に何度もあったので、
今はなるべく平常心を保つように
しています。

とはいえ、何らかの対策をとらないと
食べたものが脂肪になってしまうのも事実。
そしてやっぱり、鍵は翌日だと思います。

いちばんいいのは、
食べ過ぎをしないことなんですけどね…。
それがなかなか難しい。
そこまで強くないのです…。

なので、食べ過ぎた翌日は、
平常心を保ちつつ、
上にあげた対策をとってみてくださいね。

 

スポンサードリンク