美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

塩分不足ってどんな症状になるの?夏の水がぶ飲みはNGなので要注意

      2016/04/21

塩分

それは冬の敵。
体をむくませ、だるくし、
やる気をなくす恐ろしい怪物。

のはずなのですが、
天気予報でも夏日が増えてきた昨今、
塩分が不足することは、
むしろ体に危険を及ぼすことみたいなんです

季節が冬から春、夏になるに従って、
塩分との付き合い方も
変えていかなければならないのですね。

それなのに、世間的には減塩が推奨され、
塩分は悪者にされています。

確かに塩分に悪いところはあります。
けれども、体には必要なものなのです。

これから夏に向けての、
塩分の摂り方を考えていきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

塩分が不足していると起こりうる症状

c52cd32b15aaa8f607ae579b403ef5e5_s

人間は生きていくのに塩分が必要です。

ところが必要分が足りていないと、
以下のような症状が起こってしまいます。

・めまい、ふらつき
ナトリウム量の減少に合わせて
体内の水分量が低下し、
その分血液量が減ることで、
めまいやふらつきがおきるのだそう。
それは、脳に栄養や酸素がいっていない証拠
気を付けましょう。

・食欲減退
体内のナトリウムが不足すると、
血液やリンパ液、胃液などの消化液など
細胞の体液が減ります
すると、食事をしても、消化しづらく、
食欲が減るのです。
また、
食べたものがきちんと消化されないため、
それが苦痛で食欲が減退してしまうのだそう。
食品からの栄養素が減れば、
不健康な顔色や、ごつごつに痩せてしまいます。

・冷え性
体内には、血液にリンパ液など、
細胞内液が全体の60%〜から70%もあるといわれています。
そして、この体液は、
ナトリウムとカリウムが
バランスよく存在することで、
浸透圧が保たれています。
けれども、ナトリウムが不足してしまったら、
血液の水分量が減り、
血行不良を引き起こしてしまいます。
これは、冷え性の原因になってしまうのです。

・肌荒れ
ナトリウムが不足すると、
体内の水分量も低下します。
そうすると、必然的に肌が乾燥します
そして、敏感肌や肌のくすみや赤みを
引き起こすのです。
加えて、水分量が少ないと、
毒素を排泄することが難しくなるとか。
結果、肌が荒れてしまうのです。

塩分不足はその他にも

・ドライアイや疲れ目
・不眠症
・だるさに脱力感、
・筋肉の痙攣(こむら返りなど)
・精神が不安定になる

などの症状が出てきます。

精神が不安になるのはつらいですよね。

塩分不足は、
ミネラルのバランスを
上手に取れないということであり、
それはそのまま自律神経の不調に繋がります

すると、ちょっとのストレスで
どーんと落ち込んでしまう人が多いのだとか。

夏の暑さに加えて、
ストレスが解消できないなんて、
つらすぎますよね。

塩分不足の原因は?

1534f906ed192a1783d33065e47fa3c0_s

カリウムのとり過ぎ

塩分が不足する原因はいくつもありますが、
その中でも、
カリウムのとり過ぎというのがあります。

カリウムは、
野菜や果物に多く含まれている成分。

塩分の過剰摂取を気にするあまり、
減塩につとめた食生活をして、
しかもカリウム豊富な食材を多くとれば、
体内のミネラルバランスが崩れ、
必要以上に塩分が排除されてしまうのです。

その結果、塩分不足が起きます。

水のがぶのみ

真夏によく起こる脱水症状が怖いからと、
水分補給をひんぱんにする人がいます。

それはそれで大事なのですが、
汗をかいた後などであれば、
体内から塩分も排出されているので、
塩分も補給しなければならないのです。

よく見るのが「経口補水液」。
なるべく常温で飲みましょう。
少し甘みがあるのは、
その方が塩分の吸収を早めるからです。

梅干しを食べましょう

塩分が多いじゃん!ということで、
一時期は敬遠される傾向にあったのですが、
最近は梅干しが見直されています。

しょっぱめの梅干しには、
1つあたり1〜2gの塩分が含まれていますが、
大量の汗をかいた日には、
むしろちょうどいいくらいなんです。

塩の選び方

47bdcbf4892b9011b307f96e548e0781_s

塩を選ぶときには、天然もの
選ぶようにしましょう。

加工された食塩などだと、
ミネラルなどが排除され、
栄養価が失われていることがほとんどです。

ということは、
体に吸収されにくいということ。

天然の塩にはミネラルバランスを整える成分がたくさん入っていますし、
取れた場所によっても味が違います

できれば、いろいろなお店で試食をしてみて、
これが合う!というものを
見つけられるといいですね。

まとめ

どちらかというと、
塩分過多が問題になりがちな私…。

でも、塩分=ナトリウムがふそくすることで、
こんなに健康に
悪影響を与えてしまうのですね。

加えて、肌荒れなんて、
美容にも悪いですよね。

確かに初夏から夏に掛けては汗をかきやすく、
ナトリウム不足になりがちだと感じました。

塩分を悪者にするのではなく、
ちょうどいいバランスを見つけて、
健康を保っていきたいと思います。

スポンサードリンク