美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

体調の変化が簡単に分かる!寝方次第で体調変化が見つける方法

   

生活を送る上で欠かせない「睡眠」には
次の日の「健康」
「成長をさせる力」が隠れています。

しかし
単に寝るだけで
体力も精神的ストレスも回復するわけでなく
睡眠時の「体勢」も
健康状態に変化していきます。

どんな寝相で毎晩睡眠を取っているのか
考えてみましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

寝相は
身体の歪みを整える
大切な役割を持っていた!

yakuwari

睡眠を取る際の寝相は
人それぞれ全く違います。

「この姿勢じゃないと眠れない!」という
感覚があるように
就寝中に
無意識に自分の楽な姿勢を取ってしまう為
不調がある場合、
毎日その部分をかばってしまう姿勢を
とることが原因です。

しかし、
就寝時から翌朝まで
「同じ姿勢」のまま寝がえりをうたない方は
健康的ですが
隠れた「負担」が隠されています。

人間の睡眠時間は
人それぞれですが
6~8時間が健康的で
おススメとされています。

その睡眠時によく動くことで
自分の体を整えてくれる働きがあり
一日の身体の歪みを直そうとする
役割をしてくれます。

そのため、
左右に動いたり
上下に回転してしまうのは
「ダメな事」ではなく
ストレッチをして、
筋肉を柔らかくさせる効果がある
寝相が度々変化する人は
健康的で「柔軟性」がある睡眠をしています。

特に、
子供頃に枕で寝ていたのに
朝には足元に頭があった経験はありませんか?

これは
柔軟性豊かな子供の象徴です。

仕事や家事で忙しい毎日だからこそ、
どんな寝方をして過ごしているのかで
毎日「負担をかけている部位」
調べることができるので
体調不良が続いたり、
次の日まで体調が回復しない方
チェックしてみることがおすすめです。

また、
原因を突き止めて
健康管理をしっかりしていくことで
腰痛や骨盤などの
「身体の大きな負担」を
軽減させることができます。

自分の隠れた
不調をチェック!
寝方で体調管理してみよう

hutyou

自分が毎晩繰り返してしまう寝相は
正確に確認することは出来ません。

しかし
翌朝起きた際に
寝始めた姿勢と違う体勢になっていることでも
簡単に
身体の不調をチェックすることができます。

また、
家族で互いにチェックできる体調管理なので
おすすめです!

●バンザイをしている寝相

「肩」や「首」、「目」、「腕」などの
「上半身部分」が疲れています。

起きている時は重く感じていて
寝ている際に上半身に
負担を減らせているために
頭の横に上げてしまいます。

パソコンや警備員など
長時間
何かを「集中」させる時間が多い人こそ
行いやすい寝方です。
●右手だけ上げている寝相

手を上にあげて、
右側を剥いている場合は
「胃腸」「肝臓」が弱い証拠です。

普段の食生活で「食べ過ぎ」や
「飲みすぎ」など
身体の事を考えずに
食事を行っている人に多い寝方です。

肋骨広げることで
胃を楽にさせている事が表現されます。

●仰向けでひざを立てる寝相

リラックスして見えない
ひざを立てる行為は
「緊張がほぐれていない状態」で
「足」の疲労がたまっている証拠です。

立ち仕事をして
足を曲げると楽になるように
寝ている際に足を曲げてしまう癖があるのは
むくみや関節などの疲労がみられる状態です。

●横向きでひざを曲げている寝相

赤ちゃんが
「お腹にいる様な体勢」で
抱え込むように寝ている方は
「腰痛」や「背中」に
負担がかかっている証拠です。

また、
内臓も不調に感じるからこそ
何かを抱えて寝てしまいがちに。

背中の歪みや
ヘルニア持ちの方に多い寝方で
長時間、良い姿勢を保たせることに
ストレスを感じていることが多く見られます。

●うつ伏せの寝相

睡眠を取る際に
必ず「うつ伏せ」を取る方は
かなりストレスを抱えています。

食べ物に関しても「消化器」が弱く
内臓を守るように
枕の下に腕を開いてしまう場合は
不摂生な生活を送っている事があるようです。

会社や私生活での
「仕事」「家事」「人間関係」など
多くのストレスを一つ一つ解決することで
解消されます。

●うつ伏せで片足を曲げている

関節を曲げることによって
ひざの傷み以外にも
「大きなストレス」や「不安」
持っている証拠です。

何かを抱えて緊張していたり
胃が痛いほど
「ストレス」を抱え込んでいる様子が
表現されます。

また、
「顔」の筋肉を良く使っている人は
枕に押しつけるように寝ているので注意!

枕によだれを垂らしてしまう人
寝ている時に口を空けて
緊張状態をほぐしている事が多いので
寝る前にマッサージを行うことも大切です。

理想的な寝相を
目指すために
必要な5つのこと

risou

寝ている間に
動き回って筋肉をほぐすことは大切ですが
寝始める際に
「固く」なってしまう姿勢を取ることは
不調を訴える原因ともなります。

なるべく
真っ直ぐな姿勢を取ることがおススメです。

1.不調を改善させること

自分の寝相をチェックしたことで
自身が抱えている不調を知り
健康改善をすることが
寝相を整える方法の一つです。

また、
歪んでいる状態が続いている事で
生活に負担がかかってしまい
寝相が続いているケースもあるので
整体やマッサージを受けることも
大切です。

食生活と歪みを整え
精神的にも負担を減らすことが大切です。

2.理想的な寝相を心掛ける

身体に負担がかからず
体重が分散しやすいと言われる「仰向け」
綺麗な湾曲を
整えやすいといわれる「横向き」
おすすめです。

特に「仰向け」は
首や背骨、内臓などに負担がかかりにくく
手足を広げることで「体重」を分散さえて
疲労回復が一番早い寝相と言われています。

また、
「横向き」胃腸の回復を促進させて
頸椎を横から枕で支えることで
肩が下がらずに負担を軽減してくれます。

3.枕を替えてみる

枕には
大きさや中に入っている素材など
さまざまな種類があります。

また高さも調整することで
負担となる部分が違うので
替えてみるのも健康管理の一環の一つに。

【低めの枕】
「肩コリ」や「頸椎」に負担は減るが、
血液が頭に上りやすく
「寝つけが悪い」状態がある。

【高めの枕】
「顔のむくみ」や
「質の低い睡眠」は取れる事が多い。
しかし、
「頭痛」や「いびき」「肩こり」が多くなる。

仰向けになった際に
一番しっくりくる枕を選ぶことで
睡眠が楽になって改善されます。

4.寝る前にストレッチを行う

寝る前に布団の上で
軽いストレッチを行うことで
「リラックスした睡眠」と
「良い寝相」が生まれます。

仰向けになって片足を立てるように曲げ、
曲げた足と逆の方向を
2~5秒キープさせます。

すると骨盤や
筋肉が伸びて
気持ちいい体勢を作ることができます。

5.クッションを挟んで寝る

最近では
縦長の抱き枕というものが多く
これらは
身体の負担を軽減してくれる役割をします。

特に横向きで寝る方は
腕やひざ部分に挟んで
体重の負担を軽くさせることで
翌朝の疲労が回復して行きます。

また、肩にクッションを置いて
胸を突き出すようにさせることで
バストアップの効果も発揮できるので
女性の方にはおススメです。

このように
身体の負担がかからない寝相を得るためには
柔軟性を高める事が一番大切です。

翌朝へ疲労を持ち込まない様に
まずは寝相をチェックして
改善してみましょう。

スポンサードリンク