美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

体温が低いとめまいがする!冷え性とは違うの?改善するには?

   

気付いたらくらっときたり、
視界が回っていたり。

そんなめまいに困っていらっしゃいませんか?

その原因、
もしかしたら体温が低いせいかもしれません。

とはいえ、めまいというのは、
どちらかというと軽く考えがち

たいしたことないやと、
放っておく人の方が多いのだとか。

それでは、
いつまでたっても改善されませんよね。

ここでは、
どうして体温が低いとめまいが起きるのか、
どう改善していったらいいのか、
それを紹介したいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

どうして体温が低いとめまいが起きるの?

deaddd7273d6ae1b5ea46ab9c45f4576_s

普段よく経験するめまいには2種類あります。

ひとつめは、回転性のめまい

これは、視界がくるくる回ったり、
自分が回っているような感覚になることです。

ふたつめは、非回転性のめまい

これは、くらっとしたり、
ふらふらしたりという感覚のめまいです。

体温が低い人は、
慢性的に血行がよくない状態にあります

ということは、
常に体が冷えているということ。

体が冷えると、血管が収縮され、
血流がとどこおることで、
血行が悪くなります。

人間の首から上というのは、
毛細血管が多いのですが、
細い血管というのは血行不良の影響を
強く受けるのです。

血行が悪いと、
内耳の毛細血管に血が十分に行き渡らず、
機能が低下し、めまいを引き起こすのです。

とくに、体温が35.5度以下になると、
めまいが起きやすいといわれています。

ただし、めまいの原因が
低体温以外だという可能性もあります

更年期障害や不整脈、恒常性疾患なども
めまいを起こすからです。

まずは耳鼻科か循環器科にかかり、
専門医に相談をしてみましょう。

それでも原因が見つからない場合は、
やはり体温が低いせいかもしれません。

どうして体温が低くなるの?

c85b977b1dcf317ed0989a724b7a5ddc_s

本来、人間の体温は36度台後半から37度。

ところが、
最近は35度台の人が増えてきています。

体温が36度台より下がると、
疲れやすくなったり、
自律神経が低下したり、
アレルギー症状が出やすくなったり、
免疫力が低下したりします。

またうつになりやすいことも。

人によっては34度台の人もいるというから、
恐ろしいですよね。

けれども、どうして正常な体温よりも、
それほどまでに低くなってしまうのでしょう。

主な原因は、やはり生活習慣の乱れ。

・冷たいものや甘いものを
食べ過ぎてはいませんか?

・痩せたいからとダイエットをして、
偏った食生活になっていませんか。
あるいは、朝食を抜いたりしていませんか。

・エアコンのある環境ばかりで
過ごしていませんか?

・運動不足ではありませんか?

・夜更かしなどをして、
寝不足ではありませんか?

・ストレスがたまりすぎてはいませんか?

こういったことが、
体温の低い状態を引き起こします。

低体温と冷え性とは違うの?

e1772cb6aac6cfeda16f80119cedbc90_s

低体温と冷え性。

一緒にされがちですし、似てもいますが、
実は別のものです。

最も大きな違いは、自覚症状があるかどうか

冷え性は、体の一部が冷たくて痛んだり、
下痢になったり、反対にのぼせたりして、
自分自身でも、
「冷えている」と自覚しやすいのです。

反対に低体温は、
自分で気付かない場合も多いです。

なぜなら、
冷えを感じているわけではないから。

ただ体調不良を感じているだけなので、
それが冷えとは結びつかず、
低体温だとは感じにくいのです。

どうしたら改善できるの?

1e26f1fdac74c4eac829a153583681d3_s

改善の仕方は、冷え性と似ています。

血行を促進させ、
新陳代謝をあげるようにすることで、
体温を上昇させるのです。

時間がかかるかもしれませんが、
下記のようなことを
少しずつでも継続して行い、
体温を上げていきましょう。

・食生活はバランスよく

毎食熱を生みだすタンパク質をとるようにし、
旬の野菜を取り入れましょう。
3食必ず食べ
できれば温かい飲み物を選びましょう。
お菓子や甘いものは控えめに。
また、食材には体を温めるもの
(寒い地域でとれたものに多いです)と、
体を冷やすもの
(温かい地域でとれたものに多いです)
があるので、
なるべく体を温める食材
とるようにしましょう。

・エアコンに頼りすぎない

自分で自分の体温を調節できなくなるので、
なるべくエアコンには
頼らないようにしましょう。
寒いときには厚着をし、
暑ければ薄着をして、
自分の体で熱を生みだせるようにしましょう

・運動をする

定期的に運動をして、筋肉をつけ、
基礎代謝を高めましょう
人の体温は、
その4割ほどが筋肉でつくられます。
そして、
人の筋肉の大部分は腰から下にあるため、
ウォーキングやジョギング、スクワットなど、
足の筋肉を強化する運動
中心にとりいれるようにしましょう。

まとめ

めまいは、はじまると立っているどころか
座っていることすらつらい症状ですよね。

私も、ときどきめまいが起こります。

座っても症状が収まらないときは、
家であれば寝転がってしまいますが、
外出先だとそうもいかないので、
どこか、
寄りかかって座れるところを探します

余談ですが、
1度めまいになったときに、
ふと思い付いて
酔い止めを飲んだことがあります。

結構効きました(笑)。

応急処置としてはいいのかなと思います。

ただ、
やはり大きな病気が隠れていると怖いので、
かならずまずは医者に行って、
検査等をしてもらうようにしましょう。

スポンサードリンク