美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

市販の花粉症目薬よりも効く?眼科を受診することのメリット4つとは?

      2016/03/31

花粉症の症状で、特に目の症状が
つらい方も多いかと思います。

かゆみや充血、涙が止まらないなど
時には炎症も起こす方も。

人それぞれの症状に対して、効果的に
かつ安全に目薬を使うにはどうすれば
いいでしょうか?

市販の目薬も多く販売されていますが、
誰にも効くとは限らず、足りなかったり
強すぎたりと問題があります。

眼科で花粉症の目薬を処方してもらう
ことのメリットとはどういうものなので
しょうか・・・?

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

市販の花粉症向け目薬の問題点とは?

1       引用:http://youjo-labo.com/eye-drops-1577.html

目のかゆみなどの症状を感じたときに、
ドラッグストアで手軽に買える
市販の目薬は便利ですね。

種類も豊富にあり、ある程度お店の
薬剤師さんに相談もできます。

しかし、市販の目薬の問題点は、

*症状に対して薬効が弱い、または
強すぎる場合がある。

一人一人に合わせた調剤ではないですから
効きにくいこともあります。

それ以上に、薬効が強すぎることも
副作用で症状が悪化することもあります。

*市販のこども用花粉症目薬の問題点

幼い年齢から使用可能のものも販売されて
いますが、大人以上に副作用のリスクや
強すぎる薬効は問題があり、注意が必要です。

*防腐剤を添加されている点について

医薬品として販売するにあたって、
どうしても防腐剤が必要となってきます。
それでもやはり、防腐剤は目にとって
良くないもの。

購入してからの管理において、雑菌の
リスクも懸念されます。

 

眼科で花粉症の目薬を処方されることのメリットとは?

2引用:http://カラコン安全使用.jp/?p=59

忙しい毎日、眼科に行く時間が
確保しにくいとしても、どうしても
症状がつらいときは、やはり眼科の
受診をお勧めします。

メリットとなる理由はいくつかありますが、

メリット1:現在の目の状態を調べてくれる

どの程度症状が酷いか、きっちり
診てもらうことで治療も効率よく
なります。

メリット2:場合によってはアレルギー検査も

涙の成分からアレルギーを調べたり、
採血でアレルギーの原因を突き止めたり
症状の程度によって検査項目も違ってきます。

メリット:3今の症状にあった、ぴったりの
目薬を調剤してもらえる

花粉症の目の症状に合わせて、無駄に
強すぎない、それでいて効果のある
目薬を医師が選んでくれます。

抗アレルギー、抗ヒスタミン、場合によっては
ステロイド配合など種類豊富な中から
副作用のリスクも考えての調剤なので、
市販とは全く違いますね。

なお、眼科の処方目薬は使い切りサイズ

つまり、防腐剤が含まれていません

これも安心ですね。

さらに目薬を使い切った頃に再度受診して
症状が変われば処方も変わるので、効率よく
治療ができます。

 

場合によっては内服薬も併用する治療法も。

3   引用:http://ameblo.jp/linlilin-fom6/entry-11483516767.html

眼科だからと言って、目薬しか
処方しないわけではありません。

いうなればこれも利点のひとつです。

メリット4:医師の判断で目薬以外の
処方ができる

症状や患者さんの希望に基づき、
医師が必要と判断した場合、点鼻薬や
内服薬も処方されることがあります。

鼻の症状も見られ、同時に緩和する
ための点鼻薬や、抗アレルギー剤の
内服薬でアレルギーそのものを抑える
治療も可能です。

漢方に詳しい医師の場合、アレルギーに
効果のある漢方薬を処方することも
あります。

眠くなる薬はちょっと・・・とか、
以前使ってよく効いた薬、また
一日に何回も飲まずに済むものなど
リクエストにも応じてもらえるのも
メリットです。

自己判断で市販の目薬だけに頼らず、
積極的に花粉症を治療したいのであれば
眼科を受診するのが一番の近道ですね。

 

スポンサードリンク