美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

イライラの原因は自律神経が乱れ!今日からできる5つの対策

   

なんだかよく分からないけど、
イライラする。
しかもそのイライラがずっと続いてる。

そんなことはありませんか?

あるいはずっと頭痛が続いていたり、
耳の奥がきーんと鳴っていたり、
目まいがしていたり、手足が冷えたり。

もし他に病気がなければ、
それは自律神経がうまく調節できていない
せいかもしれません。

ストレスの多い現代社会。
実際、
自律神経が正常でない人の方が多いのです。

だけど、もし、
自律神経を少しでもコントロールできたら
とても楽になると思いませんか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

自律神経って何?

img09

引用:http://health.suntory.co.jp/professor/vol15/

自律神経は、外的刺激や情報に対して、
体の機能をコントロールするものです。
筋肉や感覚など、
人が意識して動かせる部分と違い、
脈拍や汗、内蔵の動きなど、
意識外で体の動きをコントロールしているのが、
自律神経なのです。

驚いた時にドキドキしたり、
ストレスで甘いものが食べたくなるのも、
自律神経の反応です。

その自律神経には、
緊張や集中など、
アップテンポな活動を支える交換神経と、
リラックスや休息など、
ダウンワードな部分を担う副交感神経があり、
このふたつがバランスよく活動していると、
健康な心身を保てます。

自律神経が崩れる原因

2015-07-13a

引用:http://otoko-nayami.club/yohukashi-imotare-1553

ストレスの表れ方が人によって違うように、
自律神経が崩れる原因も、
人によってさまざまです。
乱れる時はたいてい、
交感神経が優位になって、体調を崩します。

生活リズムが乱れている

夜更かし型の生活をしていたり、
忙しさに食事を忘れたり、
睡眠時間がまちまちだったり。

そうしたことも、
自律神経が崩れる原因になります。

強いストレス

仕事や家庭での人間関係や、
自分自身でどうしようもない精神的圧迫、
環境の変化によるストレスなども、
自律神経を乱します。

一人ひとりの体の丈夫さが違うように、
もともとストレスに弱く、
自律神経が崩れやすい人もいます。
また、更年期だったり、
風邪などで体が弱っている時も、
自律神経のバランスは崩れやすいです。

女性ホルモン

女性ホルモンは常に変化し続けるので、
それに影響されて、自律神経も、
バランスを崩しやすいです。

毎月の生理に、妊娠・出産、授乳、
更年期〜閉経と、これだけ考えても、
ホルモンの変化が山あり谷ありだと、
分かっていただけるかと思います。

自律神経が乱れるとどうなるの?

5c2c3d08a68faa90031de5ea2ddddf32_s

正直言って、人によって千差万別です。
とはいえよく起こる症状は、
以下のようなものです。

・微熱が続いて疲れやすい
・血行が悪くなっているので、ふらついたり、めまいになったりする
・偏頭痛や、妙な肩こり、耳鳴りなどがおこる
・局部的(顔や手足先など)がほてる
・緊張が緊張し過ぎて、
動悸、息切れ、息苦しさなどがおこる
・眠れない(この症状が一番多いのでは??)
・消化器系器官は自律神経に影響されやすく、
便秘や下痢などを繰り返す
・精神的に圧迫されて、イライラしたり、
焦ったり、うつっぽくなったり、
無気力になったりする。

自分でできる改善法

e71993933f8a09c159f31e955a8198db_s

食べ物で改善する

は副交感神経に大きく影響する器官。
なので、食物繊維を食べて、
健康な腸をつくりましょう。

また、発酵食品もおすすめ。
腸内環境を整えてくれますし、
自律神経を整えてくれる働きもあります。

消化器官を刺激する水分も大事です。
冷たいものではなく、
体を温める生姜湯や、柚子茶、
アルコールならば、赤ワインや日本酒などを、
飲むようにしましょう。

お風呂で改善する

お風呂に入るとリラックスするという方も
多いのではないでしょうか。

そう、
お風呂でも副交感神経が優位になります。
ちょっとぬるめのお湯で、
食後1時間後くらいから、
寝る1時間くらい前に入るといいでしょう。

よく眠って改善する

副交感神経は、睡眠がカギ
そして、
よく眠れないと交感神経が勝ってしまい、
眠ったとしても浅く、
十分な疲労回復ができません。

きちんと眠るために、
寝る前のスマホやパソコンはやめましょう。
ストレッチなどをして、体を緩めましょう。
夕食は寝る3時間前までに、
終らせるようにしましょう。

マッサージで改善する

マッサージを受けて、
とろとろと眠くなったことはありませんか。

リラックスできない人=交感神経が強い人。
こういった人は、
たいてい体がガチガチに固まっています。
マッサージをすることで、体をほぐし、
副交感神経に切り替わらせるのです。

自分でやってもいいですし、
お店に行ってもいいですし、
パートナーがいれば、
そういう人にやってもらうのもいいですね。

気持ちいいことで改善する

これは、
ほんとに人によって千差万別なのですが、
自分にとって気分がいい、
気持ちがいいと感じることを、
必ず生活に取り込むようにしましょう。

たとえば、自分なりの好きな場所や、
ぬいぐるみや毛布などの好きなもの、
カラオケでもいいですし、
カフェや公園、森の中でも構いません。

人に薦められるというだけでなく、
自分に合った場所やモノ、
コトが見つけられると、
副交感神経を優位にすることができ、
体も心もずいぶん楽になるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。

私は、どうしてもリラックスが苦手で、
夜よく眠れません。
また生活の端々で、
自律神経が乱れているのを感じることが
よくあります。

正直にいえば、
この現代社会において、
ストレスを完全に除去するのは、
無理だと思います。

なので、自分に合った方法を見つけながら、
自律神経のバランスを取っていけるよう、
努力していきたいなと思っています。

スポンサードリンク