美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

赤ちゃんの生野菜はいつから?離乳食の時期と注意点

   

離乳食もほぼ終了して
外食したときにもママの食事を
取り分けて食べさせられるようになりました。

そこで一緒に食べさせてしまいたくなるのが
料理についてくる生野菜です。

サラダは勿論のこと
ハンバーガーやサンドイッチに挟まっている生野菜。
色が綺麗なせいもあって
赤ちゃんは興味津々。
ママが食べるのをじーっと見て
手をだして食べようとします。

自分から食べたがる時に
できれば与えておきたいもの。
でも、生野菜っていつから食べさせていいのかしら?

そんなママは多いはずです。
今回は与えてもいい時期注意点をあげてみました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

赤ちゃんに、生野菜はいつから与えても大丈夫なの?

-shared-img-thumb-ANJ88_ookiiokuchidegohan_TP_V

赤ちゃんに生野菜を食べさせるのは
赤ちゃんが1歳の誕生日を過ぎてから
1歳半までの間に試すママが多いようです。

1歳半になれば歯が生え揃ってきます。
噛む力も強くなり消化を助けます。
胃腸での生野菜の繊維質を
消化する力もついてきます。

体力もつき体が強くなっていますので
生野菜でお腹を壊しにくくなります。

ただ環境によって赤ちゃんの成長は
かなり個人差があります。

周りの赤ちゃんが生野菜を食べているからといって
無理に生野菜を与える必要は全くありません。

赤ちゃんの成長の様子を見て判断しましょう。
日頃食べている物が消化されているか
赤ちゃんの便をチェックしましょう。

普段の食事で下痢をするようならば
生野菜はまだ早いので
赤ちゃんの成長に合わせて与えるようにしましょう。

赤ちゃんにとって、生野菜は危険?

baby-179378_640

生野菜には雑菌がたくさんついています。
丁寧に洗っても、すべてが落ちるわけではありません。

加熱による殺菌をしないので
ついている雑菌も野菜と一緒に
赤ちゃんの口の中に入ってしまいます。

1歳の赤ちゃんはまだ免疫力が弱いので
場合によってはお腹を壊してしまいます。

胃腸の働きも十分ではありません。
生野菜は今迄の調理した食事に比べ
消化しにくく時間がかかります。

歯が生えそろって噛み砕けるようになると
胃腸でも消化しやすくなります。

赤ちゃんにとっても
いままでの離乳食と違って固いので
違和感を感じて出してしまう子もいます。
これを赤ちゃんが生野菜を嫌い
勘違いして別の悩みを抱えてしまうママもいます。

ママが暗い表情や恐い表情になると
赤ちゃんの野菜に抱くイメージが
不快なものと植えつけられてしまうので
気をつけたいものです。

まわりの赤ちゃんと比べたり参考にしない

baby-772439_640

1歳を過ぎる頃には公園の遊び友達や
習い事を通して多くの赤ちゃん
見る機会も増えてきます。

そこで、新米ママほど周りの赤ちゃんが
気になって比べてしまいます

うちの子は遅れているのではないかしら?
少しでもこんな考えが頭をよぎると
なんだか不安になってしまいます。

慌ててミニトマトを買ってきて
皮付きのまま半分に切って
赤ちゃんにもたせて食べさせようとしたり
配慮さえなくなることもあります。

最初はできるだけ固い部分をとりのぞき
少量をマヨネーズなどで味をつけ
離乳食さながらに食べさせてみましょう。

いきなり全く別の物を与えられると
ビックリして食べない赤ちゃんもいます。
じゃがいもに少量の小さく刻んだ胡瓜を入れ
マヨネーズを混ぜるなど工夫をして
生野菜に馴らしていきましょう。

ママの表所が明るく楽しければ
赤ちゃんは自然と
これは気持ちの良いものだと安心して
口に入れてくれるようになります。

生野菜を食べさせるのではなく
楽しく食事ができるよう
赤ちゃんを褒めながら食べさせて下さい。

絵本やビデオなどで
美味しそうに食べる所を見せたりすると
赤ちゃんにとっても
良いイメージトレーニングになります。

赤ちゃんは、ひとりひとり違います。
どんなことでも自分の赤ちゃん
よく見て冷静に判断して行動しましょう。

 

スポンサードリンク