美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

後悔しない幼稚園選び・チェックしたいOK・NGポイントと4つの選び方

      2016/04/29

子どもにも、親御さんにとってもはじめての
集団生活の場所となることが多い幼稚園。

だからこそ、後悔しない幼稚園選びを
したいものですよね。

おすすめできる園・おすすめできない園の
チェックしておきたいポイントや、
ライフスタイルや経済面、園との関わり方
などの方向からの選び方をわかりやすく
ご説明いたします。

親も子も納得できる幼稚園選びの参考に
してくださいね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

これはOK・おすすめできる園のチェックポイント

1      引用:http://www.aimhighacademy.com/kindergarten-enrichment.html

幼稚園によって特色などいろいろと
あるものですが、おすすめできる園の
特徴としては・・・

*見学がいつでもできる

まず見学を申し込んだときに、いつでも
見学OKの園はポイントが高いですね。

行事の時のみ可という園は、普段の園の
生活をチェックできないからです。

*雰囲気が明るい

幼稚園の雰囲気そのものはもちろん、園児が
活き活き元気な園は、教育方針や先生と園児の
関係がうまく成り立っている証拠です。

*子どもが園に興味をもつ

見学の際、連れて行った子どもさんがその園に
興味を持ち、行ってみたいと思うことが重要
です。

園生活のヴィジョンが浮かびやすいのも
ポイントです。

*ベテラン・若手の先生が揃っている

頼れるベテランの先生と、フレッシュな若手の
先生の両方がいる園はおすすめです。

先生同士の人間関係も重要です。

*近所に同じ園に通う友達がいる

同い年でも、違う年齢でも、同じ園に一緒に
通う友達がいるのは心強いもの。

また、今後の親同士の付き合いも考慮したい
ので、気の合うママ友を誘ってみてもいい
ですね。

これはNG・おすすめできない園のチェックポイント


2         引用:https://www.ngo-jvc.net/jp/projects/palestine-report/2004/10/000122.html#PrettyPhoto/0/

逆に、あまりおすすめできない園が
あるのも事実です。

そんな園の特徴とは・・・

*建物や設備の手入れが行き届いていない

古い園でも、手入れが行き届いていれば
快適に過ごせますが、建物や遊具のメンテが
十分でない園は、安心して任せられません

*なんとなく園の雰囲気が不自然

子どもがのびのびしていない、命令されて
やってる感じがあるなど、厳しい教育方針も
あるかもしれませんが、園児と先生方との
関係性に問題がある場合も多いです。

*子どもが乗り気にならない、拒否する

見学の際に、子どもさんがあまり乗り気に
ならない、ましてや「帰りたい」などと
言う場合、何かしら自分に合わないと
子どもながらに感じ取っていることもあります。

*勤務している先生の出入りが激しい

やむをえない事情での退職は仕方
ありませんが、やたらと辞める先生や
新しい先生が就任する園は、任される
内容がハードで、十分に園児をケアできて
いないことも考えられます。

また、先生同士の人間関係に問題がある
可能性もありますね。

*保護者の雰囲気が合いそうにない

お迎え時などに見かける保護者の方々の
雰囲気が明らかに自分に合わないと感じた
場合、育児の方針や考え方が違うことが
多いです。

服装などの外見だけでなく、保護者同士の
関係が良くなさそうでは尚更です。

ライフスタイル・経済面・教育方針などによる4つの選び方

3引用:http://www.parenting.com/parenting-advice/tips-tricks/research-shows-parent-child-craft-time-has-lifelong-benefits

幼稚園選びのOK・NGポイント
あげてみましたが、それ以外にも
各家庭のライフスタイルに合った
選び方が重要です。

1:費用にあわせて選ぶ

やはり2年、3年通う幼稚園の費用は
家計に無理のないほうがいいですね。

公立か私立でも費用は変わってきます。

2:保護者が園に関わる割合で選ぶ

お弁当か給食か、小物は手作りか、
保護者参加行事の割合は園によって
違います。

PTAを引き受けてもいい、園になるべく
関わりたいのか、仕事などであまり
参加しにくい場合なども選ぶポイントです。

3:実際通っている人の意見やWEBでの評判

あくまで個人の意見であったり、WEBでは
故意に噂を流されることもありますが、
実際通っている保護者の感想は参考に
なります。

過信しない程度に利用することが大切です。

4:将来の進路にあわせて選ぶ

もし、小学校受験を考えている場合などは
それに合ったカリキュラムの園もあります。

園の教育方針をしっかり確認して、家庭での
考え方に近い園を選ぶことが必要です。

チェックポイントと選び方は色々ですが、
最高の環境を子どもに与えてあげることが
親としての責任であり、喜びですね。

 

スポンサードリンク