美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

絶対チェック!いろいろある、保育園・幼稚園の費用減免制度とは?

   

­子どもの進学の費用、そのまず最初が
保育園や幼稚園ですよね。

よく「0歳児は高くつく」とか
「私立の幼稚園はお金がかかる」
なんて話を小耳に挟みますが、
それを援助してくれる公的制度が色々と
あるんです。

保育園と幼稚園でそれぞれ種類があり、
よりよい環境での子育をヘルプしてくれる。

こんな制度、よりよく知って利用したい
ものですね。

さて、どんな制度があるのでしょうか・・・?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

認可保育園の場合:収入や家族構成によって月謝が違います。

1        引用:http://www.city.nagareyama.chiba.jp/life/19/159/025140.html

認可保育園の場合、私立公立問わず
月謝は自治体の定めた金額となります。

基本的に、市民税所得割課税額の金額
よって決定されます。

つまり、収入によって保育料が違います

さらに、ひとり親世帯の場合には
所得税や住民税の減免制度が受けられますから
自治体により保育料の減免や無料制度
あります。

また、住民税非課税世帯や生活保護を
受けている世帯もほぼ同じです。

その上、きょうだいがいる場合、2人目から
半額などの減免のある場合もあります。

このような制度があるせいで、認可保育園を
希望される方が多いのです。

少数ですが、無認可保育園に通う場合にも
補助金の出る自治体もあります。

幼稚園の場合:公立と私立では費用が違います。


2       引用:http://www.drwallet.jp/navi/13725/

今現在、都市部では私立の幼稚園が
多い傾向がありますが、各家庭の考え方により
公立か私立かを選ぶことになりますね。

基本的に、公立は保育料が安いイメージ
だと思います。

その代わり、バスでの送迎がないなど、
各サービス面で私立よりもシンプルです。

一方の私立幼稚園では、バス送迎や独自の
教育プログラムなどを取り入れることが多い
反面、保育料が高い認識です。

例として、上の画像のような金額差が
あるのですが、こう見ると余りにも
教育費がかかりすぎる、という印象を
受けます。

自治体による補助制度は以前からありますが、
2015年から施行され、現在移行中の新しい
「子ども・子育て支援新制度」によって、
この差は縮められるようになってきました。

この制度、どういった内容なのでしょうか?

新しい制度で、公立・私立幼稚園の保育料の差が縮まる?!

3引用:http://benesse.jp/kosodate/201601/20160121-2.html

現在、各私立幼稚園が移行中の制度
「子ども・子育て支援新制度」
認可保育園と同じように、世帯収入に
よって保育料が決まるシステムです。

上の図のように、自治体が基準となる
保育料を決め、それ以上の保育料の
幼稚園に関して減額制度が適用されます。

この制度だと、従来よりも私立幼稚園の
保育料は安くなるケースが増えますね。

ただし、世帯収入が高いケースの場合は
基準額より高い保育料となります。

それでも、現状よりは安いと思われます。

また、元の保育料が基準より安い園の
場合は、制度の経過措置の終了までに
保育料を自治体の基準額に揃えるため
現在より保育料が上がることになります。

どの制度が適応されるか、自治体の情報をチェック!

4引用:http://longinv.blog103.fc2.com/blog-category-47.html

認可保育園と無認可保育園、
公立と私立幼稚園の保育料の差が
縮まれば、負担が減るだけではなく
子育ての選択肢も広がります。

ただ、私立幼稚園の場合などで
付随するお稽古教室や延長保育などは
オプションとして別料金となるため
従来のままになりそうです。

さまざまな制度で、親も子も楽しく
園生活を送るためにも、自治体の
子育て窓口などで、相談や申請を
こまめに、しっかりすることが大切ですね。

 

 

スポンサードリンク