美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

魅力倍増!若く見える!姿勢を良くする方法4選

   

街でふと振り返ってしまう魅力的な女性って、
どんな人ですか?

着こなしがステキだったり、
知的な雰囲気を醸していたり、
髪の毛がきれいだったり。

そういった人には、実はひとつ、
共通している特徴があるのに、
気が付きませんか。

そう、姿勢がいいこと。

姿勢がいいと、凛として見え、
女性としての品があり、
クリーンなイメージを持ってもらえます。

それこそがやはり、
魅力的な大人の女性として、
目指す境地ではないでしょうか。

だけど、長年付いてしまった習慣は、
なかなか変えづらいもの。

確かに、
そういったものは、一日では差は出ません
でも、変えるには、
それほどの労力はいらないのです。

ここでは、
少しずつでも確実に、しかも簡単に
姿勢をよくする習慣を紹介します。

姿勢が悪くなる理由

スマホ姿勢30kg

引用;http://physic.co.jp/topics/%E8%85%B0%E7%97%9B%E3%81%AE%EF%BC%98%EF%BC%90%EF%BC%85%E3%81%AF%E5%A7%BF%E5%8B%A2%E3%81%8C%E6%82%AA%E3%81%84%E4%BA%BA/

最近の人たちは、
スマホを使用しているせいか、
猫背になる傾向があるといます。

また、仕事や趣味などで、
パソコンを多く利用する人も、
背中が凝り固まり、
姿勢が悪くなっててしまうのです。

それだけではありません。

いつも同じ方の肩に鞄をかけていませんか。
あるいは、いつも同じ足を組んでいませんか。

そうすると骨格が歪んでしまい、
筋肉に負担がかかり、
それを防ごうとして
楽な体勢を取ろうとするために、
姿勢が悪くなります。

それじゃあ改めていい姿勢を取ろうとすると、
あれれ、疲れちゃう
そう感じて、
元の猫背に戻ってしまいませんか。

それは、正しい姿勢が取れていないから。
そして、
正しい姿勢を保つだけの体つきになっていないからです。

では、
どうやったら正しい姿勢を身につけられるのでしょうか
それを紹介したいと思います。

正しい姿勢を保つ方法4選

007 のコピー

引用:http://www.straight-neck.com/sisei/

体に正しい姿勢を覚えさせる

じゃあ、正しい姿勢って何でしょう。
ぴんと背筋を張った姿勢?
実は、その体勢、背筋を張り過ぎて、
むしろ背骨が反り気味になり、
負担をかけている場合も。
そうすると背中に余計な負担がかかるので、
姿勢を保つのがつらくなります。

まずは体に正しい姿勢を覚えさせましょう。

壁に全身を預け、後頭部、肩甲骨、
お尻、ふくらはぎ、かかとが付いているかを
確認しましょう

どこかが付かなかったら要注意
そこが歪んでいる場所です。

また、腰の後ろ側に手のひらが入りますか
開き過ぎているようなら、
腹筋がないということ。

壁に付けるのが難しい場合、
ひざ立ちをしてみるのもおすすめです。
ひざで立つということは、
骨で立つということ。
すると、背筋が伸びるのです。
その感覚を覚えるのもおすすめです。

猫背改善ベルトは使わない

ちまたでよく売られている猫背矯正ベルト
人気ですし、聞こえはいいですが、
正直、おすすめではないです。

というのは、固定することによって、
体がそのもの固定されてしまい、
肩や背中の筋肉がかたまり、
コリがひどくなってしまうことも。

自分自身でクセ付けを行うほうが、
ずっと効果的で、持続性があります。

姿勢をよく見せる歩き方

街中で見かけるステキな人。
颯爽と歩いていて、
まるで風が吹き抜けたようですよね。

そう、歩き方も、
姿勢改善に大きく影響するのです。

そう、歩き方と座り方は、
姿勢の最大の要といっていいほど。

美しく歩には、
まずは肩甲骨を寄せて背筋を張り、
それから腹筋(丹田)に力を入れます。
そして、
ストライドの度にひざをくっつけて、
足を真っ直ぐにするよう意識しましょう

続けていると、内股やがに股、
O脚なども改善されてきます。
その分スタイルもよく見え、
さらに魅力を醸すことができます。

座るときに気をつける

仕事や子どもの教育関係の書類書き、
パソコンでの作業など、
椅子に座ってする作業が多い方と思います。
そんなとき、
どうしても姿勢が悪くなってしまいますよね。

また、お子さんたちも、勉強をするときに、
姿勢が悪いと、集中力が落ちて、
結果実力が出せずに、
成績が落ちてしまうこともあるとか。

まずは足を組むのを止めてみましょう。
両足の裏をきちんと地面に付け、
頭を正面に向かせます。
ディスプレイはその視線の先に配置。
机と椅子の感覚は広すぎないのがコツです。

背筋が自然にS字型を保てるように、
気が付いたときにきを付けましょう。

まとめ

どれも少々面倒くさそうだと思うかもしれませんが、
矯正というのは、
日々少しずつ積み重ねていくことで、
差を生むもの。
習慣化してきたら、しめたものです。
最もキレイで簡単で楽な姿勢が手に入り、
腰痛や疲れどころか、
集中力も持続するのです。

そのほか、長時間同じ姿勢でいる場合は、
ストレッチをしたり、
軽い運動をしたりして、
からだをほすぐことも重要です。

私も、
パソコンの前に座ったっきりの仕事なので、
お教えらせアラームをかけて、
その都度姿勢を確認し、
ストレッチや全然関係ない家事などをして、
体を凝り固まらせないよう、努力しています。

姿勢を改善することは、
何よりも、若く見え、
その雰囲気から、
女性としての魅力が増すことに繋がります。
できることから、けれどもコツコツと、
姿勢改善に努めていきたいですね。

スポンサードリンク