美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

老化する胸には「育乳」トレーニングが効果的だった!

      2016/04/02

女性は
年齢と主に衰えてしまいがちな

不安を抱いてしまいます。

誰もが
「ふっくら」とした
「形」のいいバストに憧れを抱き
コンプレックスとして自分のバストを
悩んでいる人も多いはず。

整形やサプリメントに頼らず
自宅で
自然な形でバストを整えるためには
「育乳」トレーニングが効果的だったのです!

バストの筋肉を鍛えて
衰えを事前に防いでいきましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

胸が衰えてしまう原因は
年齢のせいだけではない!

nennrei

バストは
「乳腺」という母乳を作る器官と
「脂肪」1:9の割合で出来ています。

脂肪といっても
悪玉コレステコールの含む脂肪ではなく
体に必要な良い脂肪がついている事で
形や大きさができます。

これらの割合は
年を重ねると
ホルモンバランスを崩して
形が悪化して行くことがありますが
実は
年齢だけが原因ではありません!

【バストが崩れる原因】

kareidakedenai

●ホルモンバランスの乱れ

⇒20~30代でも「ストレス」
生活習慣の「乱れ」
「過剰なダイエット」などによって
女性ホルモンの分泌が減少してしまいます。

生理不順の人や
ホルモンバランスが悪く生理が来ない人も
バスト維持に働く刺激が行われにくくなるので
胸が下がってしまいます。

●筋肉の衰え

⇒胸の周りにある「大胸筋」
姿勢の悪さや加齢とともに衰えるため
支える力が弱まってしまう。

●出産による衰え

⇒妊娠すると
ホルモンバランスが異常な位「活発」に。

乳腺が必要以上に刺激され
脂肪の割合を抜き、張り過ぎてしまいます。

しかし、
産後には元の状態に一気に戻る為
乳腺が減少し、同時に脂肪もなくなりがちに。

結果、
大きくなったことで余った皮膚が
垂れる原因となります。

●クーパー靱帯の伸縮

ku-pa-

胸が揺れ動く筋
突然の激しい運動などで伸縮、
切れることもあり
胸を支えるバランスを保てなくなります。

とくに
夜間、ブラジャーをつけずに就寝すると
切れてしまう原因にもなるので注意!

これらの原因が
今の生活で心当たる場合は
次のことを改善して行きましょう!

1.大胸筋を鍛える!

筋肉をつけてバストを支える力をつける。

2.女性ホルモンに良いことを取り入れる!

食べ物(大豆)を取り入れたり、
男性とのデートなどを予定を楽しむ!

3.バストをきちんとガードする

⇒ノンワイヤーのブラとワイヤー入りのブラを
夜と日中とで使い分け、
必ず、バストを支える癖をつける!

4.姿勢を整える

⇒鍛えた筋肉も
姿勢が悪いと衰えてしまうので
筋肉と脂肪を支える美しい姿勢をキープ!

育乳できる!
簡単トレーニング方法とは

tore

育乳をして
綺麗なバストを作る為には
制限されてしまう食事よりも
トレーニングをして鍛えることが
簡単で、どこでも出来ます!

トレーニングをすることで
自律神経にも有効な「呼吸法」も生まれ
睡眠時に良い睡眠を
バストに与えることができて一石二鳥です!

まずは、
お風呂上り等の体温の上昇している際に
肩周りのストレッチをして
大胸筋を鍛える土台を作りましょう!

●肩甲骨のストレッチ(10回/1日)

kennkoukotu

1.座りながら
両手を肩の高さまで上げ、横に伸ばす。

2.息を吸いながら、後ろの肩甲骨同士を
くっつけるように肘を引く。

3.息を吐きながら両腕を前にし
てのひらを正面でくっつける。

オフィスでの長時間作業にもオススメ!

次に
お家でながらトレーニングをしましょう!

●大胸筋トレーニング(10回/1日)

daikyoukinn

1.両手を肩の高さまで横に開く。

2.息を吸いながら、
ゆっくりと正面に掌をくっつける。

3.息を吐きながら10~15秒
力を加えて両手を横にもどす。

慣れてきたら
育乳トレーニングの
「腕立て」にも挑戦してみましょう!

udetate

1.うつ伏せに寝転がる。

2.両手を肩幅より小さく地面につける。

3.ひざをつけて息を吸いながら
ゆっくりを地面を押すように起き上がる。

4.脇に力を集中させて
息を吐きながらゆっくり肘を曲げる。

腕立て伏せは
手の開き幅によって
鍛える筋肉も違うので、注意が必要です。

●小胸筋トレーニング(10回/1日)

petto

大胸筋と共に乳腺のハリを作る
「小胸筋」も同時にトレーニングすると
おススメです!

ダンベル代わりに
500ML~1Lのペットボトルを
利用してみましょう。

1.ペットボトルに水を入れ
両手に持ち仰向けに寝そべる。

2.手が頭の横にくるように
肘を90度に曲げ、頭を組むような姿勢をとる。

3.息をゆっくり吸いながら
胸の下あたりで、肘同士をつける様に寄せる。
(ペットボトル同士をくっつけてみましょう)

4.息を吐きながら、肘を地面に戻す。

 

育乳のポイントとしては

・腕よりも肩~腕周りの筋肉を鍛える

・胸の形をつぶさないように
脇から脂肪を持っていくイメージを作る
【トレーニング後は弱マッサージを】

筋肉は、柔軟をさせることで
綺麗に作ることができます!

マッサージをして
ほぐすことによって
コリを無くし、
筋肉を作る土台を作ってくれます。

強く行うと
クーパー靱帯を傷つけてしまうので
脇から優しくバストへ肉を持っていきます。

真ん中に胸を持っていくようなイメージ!

バストアップに効果的な
食べ物やアイテムを
活用しよう!

aitemu

トレーニングをしながら
バストを作る為の
良い脂肪を取り入れて
増やすことが大切です。

【手軽な食べ物を活用する】

・豆腐
・納豆
・豆乳
・きな粉
・ナッツ系

大豆には「イソフラボン」という
バストを作る為の
良い脂肪が含まれているので
女性は特に多く摂ると
体にもいいと言われています。

【育乳ブラを利用する】

最近では
手軽に手に入る「育乳ブラ」
脇・背中の余分な贅肉を
バストに持っていくことで
「美しい」バストが形成される
ブラジャーです。

また、
普通のブラだと動いている間に、
贅肉がはみ出てしまうので
脇のベルト部分が太めのブラを
なるべく選ぶことで
バストを包み、育乳をしてくれます。

トレーニングとアイテムを利用して
美しい育乳を形成していきましょう!

スポンサードリンク