美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

年齢に関係なく育乳でバストアップ出来る!毎日簡単にできる生活習慣とは

   

年を重ねるごとに
小さく感じたり
たるんで見えてしまう
女性と独特の「胸」

女性の大切な身体の一部であり
子孫繁栄させる為の役割を持つ「胸」は
だんだん「ハリ」「形」
変化してしまい
気持ちまで落ち込んでしまいます。

しかし
「胸」は育乳することによって
若いころの「胸」の形や「ハリ」が
取り戻せるほか
今まで以上にサイズアップ出来たり
乳がん予防として
毎日
胸に触れることで
早期発見できるメリットがあります。

育乳で
バストアップを目指せるコツを紹介します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

そのブラあってる?育乳はサイズが大切だった!

burasiz

バストは
毎日の食生活から生まれる
「良質な脂肪」で作られます。
そのため
自分のサイズにあったブラジャーを選ぶことで長年形成されていきます。

しかし
ブラジャーのサイズは
体型や年齢で変化していくことがあるため
変化に応じて計測しなおす事が大切です。

特に大人になっても
小さいサイズで悩んでいる方のなかで
「バストサイズ」の合わないブラジャーをしている人が多く
長年、サイズの合っていない
ブラジャーをしていることで
「血流」や「リンパの流れ」が悪く
バストの形が崩れてしまいます。

また
バストがフィットしていない場合
脇からはみ出る「ハミ肉」が出ていれば
サイズが合ってない証拠となります。

体型や筋肉量が変化していると同時に
胸も大きさや形に変化があることを
知っておきましょう。

でも、あきらめないで!

小さいバストサイズや形は
きちんと
「食生活の見直し」「運動」をして
変えることができるんです!

お家でカンタン!
毎日出来るバストアップのポイントとは

houhou

最近では
「育乳ブラ」
昔よりも手に入りやすい価格で
販売されるようになり、
余分に付いた胸周辺の脂肪を
毎日の生活の中で
「補正」出来るようになりました。

しかし
補正下着は脂肪を引き寄せることで
血行も悪く
長時間、就寝中に使用していることで
冷えや疲労感に襲われてしまいます。

だからこそ
動いている際は「補正をする」
休んでいる時は「流れをよくする」事が
育乳に必要な
血流と女性ホルモンを増やしていきます。

1.毎日の食生活で「女性ホルモン」を摂る

食生活の変化で2カ月以上育乳をすると
2カップも
サイズアップさせる
ことができます。
それだけ
食事には「栄養バランス」が含まれています。

【女性ホルモンとバストアップに有効な食材】

●大豆製品(味噌・豆乳・納豆・豆腐など)
大豆イソフラボン(植物性エストロゲン)

●キャベツ(加熱しない方がおススメ)
エストロゲンの分泌を高めるボロン

●アボカド
=栄養の優等生!
コレステ0の脂肪分、ビタミン、鉄、
コエンザイムQ10など

●鶏肉
=バストを作るタンパク質

●ナッツ類
=バストアップ効果の植物性エストロゲン

など
低脂肪、高タンパクな食材で
「良質脂肪」が胸を形成して行きます。

2.入浴で血液促進!

バストは冷え血流の変化
成長しにくい弱いものです。

忙しい毎日で疲れた体を
そのままにして置かず
入浴で日々の疲れをとりましょう。

お湯は42℃以下が適温で汗が出れば
血流も良好というサインです。

汗が出にくい人には
入浴直前の「白湯」や
入浴中の全身のマッサージがおススメです!

3.体を冷す食べ物や飲み物を控える

●コーヒー=身体が温まりにくい
●冷たいジュース
●アルコール=血液・リンパの流れ悪化
など
毎日欠かさず飲んでいる人の中では
「冷え性」「偏頭痛持ち」
なっていませんか?

4.リンパ節と使わない筋肉をほぐす!

バストはとても変化しやすい
脂肪で出来ています。
一日だけバストアップをさせても
その脂肪は「背中」や「二の腕」へ…

そこで
バストの形は胸周辺の筋肉で支えます。

●脇の下のリンパ節
●背筋
●二の腕の筋肉 
マッサージしながら鍛えると
形は崩れにくくなります。

産後のたるみやハリも復活!オフィスで出来るバストレとは

torehouhou
「ダイエットをして胸も小さくなった!」

「出産、授乳経験を終えたらハリがない!」
「左右の胸が垂れていて恥ずかしい!」

胸に対して
悩みを抱いている方には
綺麗なバストラインが作れる
「バストトレ―ニング」がおススメです!

バストは脂肪の下に
「脂肪を支える筋肉」
「ハリを出す女性ホルモン」を増やすことで
美しい胸ができます。

特に「筋肉」
年齢を重ねると衰えてしまい
たるむ原因となります。

そこで
胸中心の「大胸筋」
外側で支える「小胸筋」
鍛える事が大切です。

1.座って出来る!大胸筋ストレッチ!
basutore

①背筋を伸ばし、胸の中央で
バランス良く、掌同士を押し合わせる!

⇒息を吸いながら6秒キープしてゆっくり力を抜く。

②肘を伸ばして胸の前で掌を合わせ
力を加えながら、上下に掌を動かす!

⇒①と同様6秒行い、肘を曲げない事!

これを5セット行いましょう。

2.小胸筋で綺麗なデコルテラインを作る!

小胸筋は、
生活しているとなかなか鍛えにくい筋肉なので
小胸筋が固くなると
「猫背」や「リンパの流れの悪化」を作る
原因になります。

まずは
座ったままでも立ったままでもOK!
背筋を伸ばして、
徒競争のように肘を曲げて
胸の近くに腕を持ってきたら、
ゆっくりと走っている様に前後に腕を振る!

udehuri

⇒肘を後ろに思いっきり引く感覚で
前に出す時は、ゆっくり力を抜く感覚を!

これを10回行うと、
健康骨の柔軟にもなります。

年を重ねてもバストアップを続けるコツとは

kotu

バストアップは
生活習慣から起きる
「食生活」と「運動」によって形成される
「栄養バランス」や「筋肉」の量が
変化することで比例していきます。

だからこそサイズは
体型変化で測りなおす必要があります。

育乳は
「血流」「女性ホルモン」「リンパの流れ」が
とても大切です。

年齢を重ねても
この3つを大切にしておくと
美乳が一生作られるかもしれません!

スポンサードリンク