美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

血管が若ければ見た目も若くなる!美容効果の高い血管若返り術

   

血管のことを気にしたことがありますか。
肌や内蔵ならともかく、
血管が人の見た目や若さを決めるなんて。

けれども血管は、体中に栄養を巡らせ、
肌の状態や各器官の健康を保っているのです。
反対にいえば、血管が老化すれば、
体も老化が進むということ。
髪や肌のつやがなくなり、体力が落ち、
加齢が進んでしまいます。
顔色が悪くなったり、
シミやしわの原因にも。

では、
血管はどんな役割をはたしているのでしょうか。
そして、どんなことをすれば、
血管年齢が保てるのでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

血管って何?

naze1

引用:http://www.nou-kousoku.net/kessen/naze.html

全ての細胞に必要な酸素や栄養素を
届ける役目を担っているのが血液
そしてその血液が通る道が血管です。
血管が若く、弾力があれば、
血液が滞りなく全身を巡り、
それぞれの細胞に必要な栄養素を
届けることができます。

血管の若い人は、
血流がよく、細胞が活性化しているので、
その分肌が若く、色よく見え、
結果、若々しさを保てるのです。

血管が衰えると、壁が厚くなり、
血液の通り道が狭くなります。
また、弾力がなくなるので、
あちらこちらが固まってしまい、
その結果、変形した血管になって、
血液が流れにくくなります。

そうすると、
必要な栄養が回らなくなってしまい、
余計加齢が進んでしまうことになります。
もちろん、ひどい場合は、
動脈硬化などで、
心筋梗塞などといった危険性も。

血管を若返らせる食事4選

pic_f030

引用:http://www.hirouo.com/

血管を若返らせるには、
抗酸化を心がけるのが一番
それにはまず食べ物が効果的です。

肉より魚

肉食派の人には(私のことです…)残念ですが、
魚に含まれるDHAやEPAという成分には、
動脈硬化を引き起こす中性脂肪を減らす働きがあります。
また、血液が固まるのを防いでくれるので、
血液がサラサラになり、
その分体中に栄養が行きやすくなるんですよ。

魚が苦手な人は、
サプリを活用するといいと思います。
(私はそうしてます…)

食物繊維をとる

食物繊維には、
小腸でのコレステロールの吸収と、
糖質の吸収を抑える働きがあります。
これにより、
動脈硬化を防ぐことができるんです。

白米を玄米に変えたり、キノコ類や大豆、
野菜やこんにゃくなどを、
日常的に食べるようにしましょう。

大豆製品を食べる

大豆製品には、
イソフラボンが含まれていますが、
これが女性の動脈硬化防止にいいんです。
とくに、更年期以降の女性は、
血管年齢が進みやすいので、
納豆や豆腐、みそなどの大豆製品を食べて、
血管をまもりましょう。

中でもおすすめは、納豆
というのも、
納豆に含まれるナットウキナーゼは、
それそのものだけでも、
血液サラサラ効果があるからです。
ダブルで血管に効きますね。

塩分をひかえる

過剰な塩分摂取は、高血圧を引き起こします。
そして高血圧は、
動脈硬化が進む原因となります。

ということは、塩分を控えれば、
血管の若さが保てるということ。

意外と塩分の多い加工食品や
ラーメンや蕎麦の汁を飲み干すのはやめて、
香辛料などのスパイスをうまく使いながら、
減塩につとめましょう。

血液が若返る生活習慣

4d3f0bea159b483972d4022bed81133c_s

食べ物同様、生活習慣でも、
重要なのは酸化を防ぐことです。

気を付けたいのはタバコ
喫煙の習慣がある人は、
本数を減らしたり、
禁煙外来に行ったりして、
タバコの害をできるだけ排除するようにしましょう。

また、紫外線対策も重要です。
紫外線は酸化を促すもの。
肌だけでなく、血管も傷つけます。
外に出る際だけでなく、
家の中でも、特に日の当たる場所では、
冬でも必ず日焼け止めをぬり、
肌を紫外線に晒さないようにしましょう。

運動習慣も重要です。
20分から30分のウォーキングをしたり、
ストレッチなどを習慣にしましょう。
血管はなぜか縦に伸ばすと柔らかくなります。
なので、両手を上げて伸びをするように、
ストレッチをしてみましょう。

まとめ

血管が美容に関係するなんて、
驚きではありませんか?

若い血管を保てれば、
それだけでアンチエイジング
見た目も生き生きとするし、
肌も見違えるほど若くなります。

意外とカンタンな生活習慣で、
大きく違ってくる血管年齢。
毎日少しずつ気を付けていきたいですね!

私は、まずは魚を食べようかなぁ…。

スポンサードリンク