美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

芸能人並にはやく戻りたい?!産後ダイエットのやり方とコツ

   

妊娠中は太る。
そりゃあ当たり前のことですよね。
でも、出産後は体重を落としたい
できれば、元通りの体型になりたい。

最近は、産前ぎりぎりまで仕事をして、
結構すぐに、
仕事復帰する芸能人の方も多いですが、
驚くほどに、ちゃんと体型が戻ってる

つまり、産後も体型は戻せるということ。

それにはどうしたらいいのでしょうか。
産後ダイエットのおすすめのやり方を、
紹介したいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

産後ダイエットの時期

Fotolia_24584058_Subscription_XXL-810x540

引用:http://mamasup.me/articles/1557

赤ちゃんを産んだら、
すぐにでもダイエットをはじめたいけれど、
でも、体にたくさん負担をかけた出産の後、
しかも母乳で授乳中となったら、
ダイエットをしてもいいのかどうか
やっぱり気になりますよね

これには個人差がありますが、
体調が安定するのは、
平均して1ヶ月〜1ヶ月半後くらい
その時期から開始するのが、
安全といえるでしょう。

まずは骨盤ベルト

sango_belt

引用:http://www.ky-buster.com/howto_belt.html

赤ちゃんを生むと、骨盤が開きます。
これを放っておくと、
お腹の辺りが広がったままで、
そこにお肉がのっかり、
取れなくなってしまいます。

ですので、
まずは骨盤ベルトで骨盤を引き締めましょう
産後3か月までであれば、
骨盤はまだまだ動きやすいので、
その間に骨盤ベルトや、
それではきつすぎるという人は、
補整下着などを使って、
徐々に元のサイズにしていきましょう。

食事は決まった時間に

shusyoku

引用:https://www.pref.chiba.lg.jp/annou/shokuiku/shokuiku/balance.html

なかなか難しいのでは、というのが、
コレ、
食事を決まった時間に取ること

とにかく赤ちゃんは時間に関係なく、
起きたり寝たり泣いたりします
その合間に食べる物といったら、
お菓子やパン、おにぎりなどではないでしょうか。

でも、それじゃ十分な栄養は取れませんよね。
栄養が偏ると、
消費カロリーより少ない食生活をしていても、
太ってしまいます。
なので、きちんとバランスの整った食事を、
できるだけ決まった時間に、
取るようにしましょう。

また、摂取カロリーですが、
これは、身長や体重、体型、
生活形態によって違います。
平均から考えると、
母乳で育てている場合は、
2000〜2500kcalほどになります。

それから、塩分を控えること、
野菜を多く取ること、
低カロリーな乳製品や豆乳を取ること
心がけましょう。

運動をしましょう

e1e4231b9370cf2406f863314ab9b669_s

運動といっても、激しいものではありません
出産後の体は、疲労が蓄積しているもの。
激しい運動は、
さらに体にダメージを与えてしまいます。
それに、ホルモンバランスも崩れているので、
激しい運動をしてしまうと、
さらにストレスを増やす可能性も。

まずはストレッチからはじめませんか。
ストレッチは体の機能を整え、
血行を良くして、疲労回復を早めてくれます。また、骨盤のゆがみが整う効果も。

産後1ヶ月を過ぎ、
赤ちゃんが外出できるようになったら、
お天気のいい時期であれば、
お散歩をしましょう。

いいかえれば、ウォーキング
有酸素運動になります。
ベビーカーやスリングを使って、
赤ちゃんと一緒に外に出れば、
ダイエットもそうですが、
リフレッシュになりますし、
気分転換もできておすすめです。

ヨガもおすすめ

postnatal01

引用:http://www.bikramyoga-japan.com/pregnancy.html

1ポーズでも効き目のあるヨガ。
隙間時間にできるので、
産後ダイエットには本当におすすめなんです。
なかでも、あまりきつくないポーズで、
リラックスできるものがいいですね。

注意点としては、食後すぐと、
入浴前は避けるようにしましょう。
また、ヨガのポーズをとっている最中は、
必ず呼吸を意識してください
そうすることで、
より効果を得ることができます。

まとめ

どうしても体重が増えてしまう妊娠中。
産後は誰しもダイエットを考えると思います。
そんな中、少しずつでも、
体に無理のない範囲で体重を落としていければ、
子どもが1歳になるころには、
元通りの自分に戻っているのではないかと思います。

産後というのは、
子育ての中でも最も忙しい時期ですが、
そんな中でも、ストレスにならずに、
自分でできることを探してみてくださいね。

スポンサードリンク