美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

ラーメンにお鍋で塩分を取りすぎちゃった!翌日どんな対策をとればいい?

   

ラーメン。おいしいですよね。

私も結構ラーメンが好きで、
いろんなお店を食べ歩いていますが、
心のどこかで、塩分とり過ぎかも、と
気にしてしまいます。

お鍋もそう。
冬になると調理が楽チンなので、
お鍋の登場回数が多くなります。

しかも、飲み会などに行っても、
欠かさずメインに出てきますよね。

でも、鍋って汁ものなので、
やっぱり塩分が気になります

塩分のおそろしいところは、
脂肪や炭水化物以上に、
食べたらすぐに体に影響が出るところ。

塩分=ナトリウムが体内で多くなると、
それを薄めるために水分をたくさんとり、
それが体に溜め込まれて
むくんでしまいます。

そりゃあ、完全排除できたらいいですけれど、
この飽食ニッポンでは難しい。

だけど、リセットできる方法はあります。

それについて、紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

塩分摂り過ぎたら翌日にする方法1.
カリウムを取る

ffedd5238bb0dd02352992e587ac5e21_s

顔がむくんだまま起きてしまった…。
そんなときに大事なのはまずカリウム

カリウムは体内の
塩分バランスをとってくれるので、
水分と共に塩分を排出してくれるのです。

また、腎臓の働きを助けてくれるので、
老廃物が排出されやすいということも。

カリウムをとるなら、果物か野菜。

  • トマト
  • アスパラ
  • 水菜
  • ほうれん草
  • カボチャ
  • ブロッコリー

などに含まれています。

キュウリなどの瓜科の植物にも豊富なので、
むくんでる!という時にはぜひ。

果物だと

  • バナナ
  • オレンジ
  • キウイ
  • グレープフルーツ

などがおすすめです。

塩分摂り過ぎたら翌日にする方法2.
水分を取る

9bfd12410b027eb9dd06c7e82ba93315_s

むくんでいるのに水分をとるの?
そう思われるかもしれませんが、
尿を作るためにも水分をとるのが重要です。

塩分を取り過ぎたかも、という翌日は、
食事の塩分を減らして、
水を多くとるようにしましょう。

・白湯

水の他にも、代謝を高める白湯もおすすめ。

1日の最初にゆっくり飲むと、
デトックス効果を発揮してくれます。

・黒豆茶

その他、黒豆茶など、利尿作用があるものも、おすすめできます。

また黒豆には、イソフラボンなどの
女性に嬉しい成分が入っていて、
生理不順や生理痛の改善や、
肌荒れを防止してくれます。

脂肪の吸収を抑え、代謝を上げるサポニンも
豊富に含められているので、
ダイエット中の方にもおすすめです。

・ルイボスティ

好みもあるかもしれませんが、
ルイボスティ
もむくみ改善にいいですよ。

利尿作用がありますし、
血液の流れをよくし、代謝を高め、
便秘を解消してくれ、
脂肪代謝を高めてくれます。

しかもタンニンが少ないので、
シミやソバカスになりにくいんです。

・小豆茶

小豆茶もカリウムを多く含むお茶です。

鉄分も多いので、
ダイエット中の女性におすすめ。

減らした食事の分、
減ってしまったミネラル分を
補ってくれますし、
高血圧や腎機能など、
生活習慣病を正常化したい
人におすすめです。

・ドクダミ茶

ドクダミ茶カリウムがたっぷりです。
しかも、フラボノイドという成分が、
血管を強くし、
動脈硬化や高血圧を予防してくれるんです。

ドクダミ茶の別名は、毒出し茶
デトックスにもおすすめです。
ドラッグストアで簡単に手に入るので、
試してみるのもいいかもしれませんね。

塩分をなるべくとらないためには

8211a902a09dd2cd4f895fa8328a1404_s

塩分によるむくみを防ぐには、
とにかく塩分をとらないことがいちばん

でも、どうやれば防げるのでしょう。

・スパイス

例えば、スパイスをたくさん
使ってみるのはいかがでしょう。

味にアクセントがついて、
塩味が少なくてもおいしく食べられます。

カレーなども、実はスパイスのおかげで、
意外と塩分が少ないのです。

・タンパク質

タンパク質は多くとりましょう。
すると、塩分への欲求が減るのです。

それに、タンパク質は体をつくる栄養素。
代謝を上げて、結構を促す分、
むくみを減らしてくれます。

・味付けは最後に

調理の際、味付けは最後にするのも重要です。

煮物や漬物は、調味料につけ込んであるので、
食材に味が染み込み、
塩分が多くなりがちなのです。

なので、味付けは最後にしましょう。
少ない塩分で、満足することができます。

最後に、これがいちばん難しいことですが、
薄味に慣れましょう

食材にはそれぞれ味があります。

野菜にはそれぞれ野菜の、
肉には肉の、
魚は魚の味があるのです。

それを感じられるようになると、
味覚が豊かになって、
食材をもっと好きになるかもしれません

ですので、まずは塩や醤油をつけず、
食べるようにしてみましょう。

まとめ

塩分によるむくみ、きついですよね。

私も時折、ラーメンが好きすぎて、
汁を全部飲み干してしまうことが…。
なるべく半分まで、と決めているのですが、
どうしてもね、という時があるのです…。

そういうときには、
水分とカリウムをたくさんとるようにして、
あとは、もう、反省します…。

それから、日頃から、味は薄めにしています。
毎日むくんでいたら、
つらすぎますからね…。

食べ過ぎの場合と似ていて、
外食の際には、遠慮せずに
とにかくおいしく味わい、
その後にケアをする、というのが、
いいのかな、と自分では考えています。

(といっても、そのケアが大変なのですが…)

楽しみつつ、ケアもするということの、
ちょうどいい中間のところを
見つけていければいいなと思います。

スポンサードリンク