美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

大さじ1杯の砂糖のカロリーってどのくらい?他の甘味料と比較したら?

   

疲れたときには甘いもの

毎日のおやつは欠かせない。

やっぱり日常的にスイーツは
食べたいものですよね。

甘いものは舌だけでなく、
心も満足させてくれますし。

だけど、密かに気になっていませんか。

このひと口に
どのくらいカロリーがあるんだろう

太る・太らないは
結局のところ、
やっぱりカロリー収支ですからね。

砂糖のカロリーは、
体型を気にする女性としては、
気になって当然かと思います。

そこで、ここでは、
砂糖のカロリーを調べると同時に、
他の甘味料と比較をして見たいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

よく使われる砂糖のカロリーと栄養

392d030a27b20d1efa92076a6b397cd8_s

まずは、
砂糖といったら…の白砂糖(上白糖)

大さじ1杯あたりのカロリーは、35kcal
ビタミンやミネラルなどの栄養素は
ほとんど期待できません。

少し茶色がかった色の三温糖は、
大さじ1杯あたり34kcal。

実は三温糖は、白砂糖を精製する際、
残った糖液を利用して作られるもの。

鉄などのミネラルがあるにはありますが、
非常に微量なので、
ほとんどないと思った方がいいです。

お菓子づくりなどで利用されるグラニュー糖。こちらは、大さじ1杯46kcal

カロリーはちょっと高めですが、
ビタミンB群のひとつであるビオチンを含んでいるので、
血液の流れをスムーズにし、
皮膚の機能を正常に保ってくれます。

コラーゲンの生成や皮膚の炎症の防止、
皮膚の再生などに役立っています。

なので、美肌効果ばっちり。

和三盆は和菓子によく使われる砂糖ですよね。

大さじ1杯あたりのカロリーは34kcal。
銅とマンガンを多く含んでいて、
糖質や脂質の代謝を促してくれます

沖縄などでよく見られる黒砂糖は、
他よりもちょっとカロリー低めの
大さじ1杯あたり32kcal。

ビタミンB6やビオチンを多く含み、
食べたものを素早くスムーズに
エネルギーに変えてくれる力があります

砂糖以外の甘味料

c0fcc543bac60daab9f68354b6434f4f_s

砂糖以外にも
甘味料として使われるものがあります。

例えばハチミツ

ハチミツの大さじ1杯当たりのカロリーは
約65kcal。

砂糖に比べたら、
ちょっとカロリーが高めですが、
その分甘味が強いので、
使う量も少なくて済みます

また、天然素材なので、体を冷やすなどの
悪影響を及ぼさないのも、
ありがたいところ。

ハチミツと似たところでは、
メープルシロップもおすすめです。

大さじ1杯あたりのカロリーは、54kcal
ハチミツよりもちょっと低め。

マンガンと亜鉛の成分が多く、
香りもいいので、ハチミツ同様
パンケーキなどにかけるだけでなく
お菓子づくりにも
有効活用してみてくださいね。

マクロビオティックでよく利用されるのが
てんさい糖。

これは、他の砂糖が
サトウキビから作られるのに対して、
砂糖大根から作られているのが特徴。

血糖値の上昇をゆるやかにし、
寒さに強いてんさい糖は、
体を温める効果があるのです。

といってもちょっと難点が。

というのも、
白砂糖よりもカロリーが少々高いんですね。
大さじ1杯47kcal前後

なので、使うときには、
少々少なめにしたらいいかもしれませんね。

近年話題になったのが、
レアシュガー(希少糖)。

時折、商品化されているのを見かけますよね。

その中でも注目が、最近多く使われている
D-プシコースというもの。

甘味は少ないのですが、カロリーはゼロ。
しかも、内臓脂肪の蓄積を防止したり、
食後の血糖値の上昇を抑え、
動脈硬化を予防するため、
メタボを気にする方々が
一気に目をつけているんです。

それだけじゃないんですよ。

虫歯を防止してくれたりと、
面白い効果もあります。

低カロリーの甘味料

pal_productImg01

引用:http://www.ajinomoto.co.jp/lcr/lineup/pal/zero.html

例えば味の素のパルスイート
こちらは、いくつか種類があるのですが、
カロリーゼロタイプのものは、
1.8gで砂糖5g分の甘さ、
小さじ1杯3gだと砂糖大さじ1杯分と
同じ甘さになります。

使用されているのは、
アミノ酸から生まれた甘味料の
アスパルテーム。

タンパク質が素材なので、虫歯になりにくく、
世界100カ国以上で使用されています

その他、エリスリトールという甘味料も。

これは天然の糖アルコールから
出来ているのですが、
糖質がゼロなんです。

低糖質ダイエットをしていらっしゃる方の
味方ですね。

果実などの天然成分を使っているので、
体にいいイメージがありますし、
また副作用がありません

厚生労働省も推奨しているくらいです。

料理に使えるのもいいところ。
砂糖の代りに煮物などに使ってみましょう。

それでも、甘さは相当なものなので、
いくらカロリーゼロといっても、
使うとしても適度な量にしましょう。

まとめ

砂糖類のカロリーをまとめてみました。

いくらダイエット中だとしても、
甘いものはなかなか断ちがたいですよね。

私個人的には、チョコレートが敵(笑)
なので、
なるべく食べる量を抑えるようにしています。

また、
できれば体にいい砂糖をとりたいと思い、
トーストなどには、ジャムではなくて、
ハチミツをつけるようにしています。

甘い味というのは、
必ずどこかで食べたくなるものですよね。

どの砂糖を使うか、
カロリーも含めて栄養素を考え、
吟味していきたいと思います。

スポンサードリンク