美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

砂糖って体に悪いと思ってる?実は種類を選べばもっと健康になれるんです!

   

お料理に、お菓子に、飲み物に、
毎日欠かさず使っている砂糖

でも、ダイエットや健康を意識すると、
砂糖なんて取っていいのかな、と
ちょっと躊躇してしまいませんか。

実は、そんな必要はないのです。

何故かというと、
砂糖は決して1種類ではないから。

むしろ、
種類を選べばもっと健康になることも。

ここでは、砂糖の種類と、
それぞれの違い、その他に選べる代替品を
紹介したいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

砂糖って?

09d3a025e07a65fb8b8e378cb6e195ae_s

一般に売られている砂糖は2種類あります。

それが、
精製された砂糖と精製されていない砂糖です。

精製された砂糖

精製された砂糖というのは、
砂糖を作る過程で、不純物を取り除き、
甘みだけを残したもの

よく売っている真っ白い砂糖がそれです。

クセがないのが特徴で、
料理にもお菓子づくりにも、
何にでも合わせやすいのがいいですよね。

ちなみに、ちょっと茶色めの三温糖も、
精製された砂糖のひとつ。

こちらは、何度も加熱することで、
カラメルのように色を付けているのです。

これら精製された砂糖は、
精製されている分、
栄養素がほとんどありません

また、体に吸収されやすいので、
血糖値を上げやすく、下げやすいのも難点

空腹感を感じやすくなってしまいます。

精製されていない砂糖

精製されていない砂糖とは、
黒砂糖てんさい糖、きび砂糖などです。

黒砂糖

黒砂糖はコクと苦みがあるのが特徴ですよね。

栄養素としては、ビタミンBが多く、
また、フェニルグルシドという成分が
体内での糖の吸収を穏やかにするため、
血糖値が上がりにくく、腹持ちもいいのです。

味や風味が強いため、
どんな料理やお菓子にも合うというわけには
いきませんが、
むしろその味を活かして黒糖ケーキなどにして、
楽しむのがいいと思います。

てんさい糖

てんさい糖は、甜菜(てんさい・砂糖大根)
から作られたお砂糖

オリゴ糖が含まれているので、
腸の働きを改善するのに役立ってくれます。

黒糖と同じく、消化がゆっくりなので、
血糖値の乱高下を防げるのがいいところ。

ついでに、
てんさい糖の原料である砂糖大根は、
寒冷地で育つため、
体を温める効果があります。

冷え性で便秘症の方におすすめの砂糖です。

きび砂糖

きび砂糖は、
サトウキビの汁を絞ってつくった砂糖

ミネラルがたくさん含まれているわりに、
風味や味がまろやかなのが特徴です。

クセがすくないので、
料理やお菓子作りに合うのも嬉しいですね。

砂糖の代替品

224c0cf6eeeafa4dc64921c5eac55029_s

砂糖ではなく、他のものを使って
甘みを足したいときにおすすめなものを
紹介します。

ハチミツ

ビタミンB群やビタミンCの含有量が多く、
美肌成分に優れているハチミツ。

そのまま舐めてもおいしいですよね。

粘膜を守る作用があるので、
喉が痛いときや風邪気味のときに、
砂糖の代替品として、
甘味料に使用するのをおすすめします。

メープルシロップ

ホットケーキやパンケーキに
かけるイメージの高いメープルシロップも、
砂糖の代替品として優秀です。

ポリフェノールが多く含まれていて、
アンチエイジングに効きますし、
マグネシウムの含有量も、
他の甘味料と比べて圧倒的に多いのです。

しかもカリウムが含まれているので、
むくみを気にする人にもばっちり。

メープルシロップは、
美容の味方でもあるんですね。

水あめ

でんぷんを分解・糖化させてつくる水あめ。

鉄分とリンを多く含んでいるのが特徴です。

また、整腸作用があるので、
便秘の方に有効なんです。

和菓子に多く使われますが、
大学芋や煮物などでも大活躍。

マクロビオティックでも、
水あめの使用が奨励されています。

また、関西地方で夏によく飲まれる
ひやしあめも、
水あめからできています。

まとめ

実は、私の家には砂糖がありません。

その代わり、
ハチミツを使うようにしています。

紅茶にハチミツ、
料理にハチミツ、
パンケーキにもハチミツです。
(でも、コーヒーはミルクだけ…。
さすがにハチミツは合わないかと…)

でも、メープルシロップを
試してみたくなりました。

味が違うので、どんな風になるのか、
楽しみです。

砂糖は、毎日とるものですので、
できるだけ体にいいものを選びたいですよね。

といっても、バザーに出品したり、
人にあげたりするお菓子づくり、
料理の味付けしだいでは、
精製された砂糖のほうが合うことも。

なので、
目的に合わせて選ぶようにしたいですね。

スポンサードリンク