美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

バナナの威力ってすごいんです!塩分のとり過ぎもこれで解決!

      2016/04/22

ラーメンに温かいそばに、
みそ汁に、煮物に、鍋料理に
日本で食べる料理には、
塩分が多いことはよく知られています

しかも、おやつのなかにも、
おせんべいや柿の種など、
塩分を含むものがたくさん

加えて、刺身や焼き魚など、
クセのように醤油をかけたりしませんか。

こういったことはすべて、
塩分のとり過ぎ=健康に悪い
ということに繋がります。

(ちなみに私の場合、
てきめんにむくみの原因になります)

そんな塩分を体外に排出してくれる救世主、
それがバナナなんです!

今回は、塩分とバナナ、
そしてバナナの効用について
紹介したいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

塩分のとり過ぎはカリウムで解消できる

fd6d9436f4c04e61cc08e67395a683e6_s

塩分はナトリウム。
ナトリウムは過剰に摂取すると、
体はナトリウム濃度を下げるため
水分を取り込み、
それがむくみとなるのです。

ちなみにナトリウムのとり過ぎは同時に、
高血圧などの原因となるので、
その意味でも、なるべくとらないように
気を付けましょう。

さて、そのナトリウムの過剰摂取を
解消してくれるのが、カリウム

カリウムは、体内で過剰になったナトリウムを
汗や尿として排出させる作用があります。

カリウムを含んだ食品を多く摂取すると、
その利尿作用によって、
過剰なナトリウムを
尿として排除してくれます。

その分、むくみが解消されて、
見た目がスッキリすることができるのです。

1日にどれだけカリウムをとればいいの?

fb0a3747136e92454c74a73977faecad_s

目安としては、女性は1600mg

といわれても、これがどんな量なのか、
全然分かりませんよね。

カリウムを多く含む食品の例をあげると、
それぞれ100gあたり、

ほうれん草は690mg
(ただし、
茹でるとカリウムが溶け出てしまいます)
枝豆は490mg
納豆1パック50gは330mg
アボカドは720mg
(おお!素晴らしいですね。
 でもカロリーが高めなので、その点は注意)
バナナは1本(約150g)あたり約600mg
(皮をむくだけで手軽にとれるのが
いいですよね。
 最近はコンビニにも売ってるし)

目安が1600mgだということは、
バナナであれば2本ほど食べれば
ちょうどよい感じの摂取量になりますね。

上に上げた中でもとくにバナナはおすすめで、
カリウムももちろんですが、
食物繊維やオリゴ糖が豊富なので、
腸内環境を整えてくれる効果が高いんです。

一時、朝バナナダイエットが流行りましたし、
今も実践している方も
いらっしゃるかもしれませんが、
健康面や値段(主婦には重要!)を考えても、
塩分過多になりがちな日本の食卓を考えると、
おすすめです。

バナナは他の症状にも効く!

e0914407a0692165535aa08922a7cf89_s

手軽にカリウムを摂取できるバナナですが、
カリウム以外にも
良い点がたくさんあるんですよ。

疲労回復

マラソン会場でバナナを配っているのを
見かけることがありませんか。

これは、バナナが即エネルギーになるから。

バナナのブドウ糖は吸収しやすいので、
疲れていても、
すぐに体を回復してくれるんです。

しかも、消化吸収がいいので、
すぐにチャージできるのもバナナのいいところ。

体だけでなく、脳にも有効

バナナには豊富なブドウ糖分が含まれていて、
これが脳の疲労回復にきくのです。

脳の栄養はブドウ糖のみですが、
これは糖質のなかでも、
非常に細かくして、
体に吸収されやすくした成分。

ですから、すぐに吸収されやすく、
エネルギーになりやすいんです。

消化吸収にすぐれ、糖類が多いので、
その面でも疲労回復に適切な食材。

山登りなど、よっぽど疲れそうな予定を
組んでいる日には、
ぜひバナナを持参しましょう。

睡眠不足を解消

バナナに含まれている成分の
トリプトファンは、
必須アミノ酸のひとつ

これは体に摂取されると、セロトニンという
リラックス成分に変わります。

セロトニンには副交感神経を優勢にさせ、
心を落ち着かせる効果があります

だから眠りに落ちやすくなるんですね。

睡眠前に人肌より少し温かくした牛乳と、
すり潰したバナナでジュースを作って飲むと、
不眠が解消できますよ。

免疫力も高まる

ときどき、バナナに黒い点を見かけますよね。

これはシュガースポットといって、
抗酸化作用があり、
免疫力を高めてくれる作用があります。

黒い=腐ってる、と考えてしまうと、
そこだけ切り取って食べてしまいがちですが、
実はかなりの威力をしめた部分なんですよ。

なので、ぜひシュガースポットを見つけたら
食べてみてください。
(腐っているような異臭を発している場合は
止めておいてください…)

まとめ

塩分過剰摂取は、
私自身も三大健康問題といっていいほど、
気にしている部分です。

だけど、カリウムの多い食品って、
そうそうないんですよね…。

これまではサプリに頼っていたのですが、
サプリ…
効果があったようななかったような…。

これだったらバナナを食べた方がいいと
痛感しました。

それに他の健康効果も高いですしね。

1年中手に入るバナナ。

できれば毎日食べたいものだと、
これからスーパーに行ってきます!

 

スポンサードリンク