美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

毎月の食費で苦労しない!5千円~1万円節約できる5つの方法

   

毎月
なんだかんだいって
ギリギリの食費でやりくりする主婦にとって
ちょっとした工夫で
食費を節約することができると
生活に余裕が出て便利です。

毎月ストレスに感じず
生活環境の中であるものを代用して
活用する節約術を掴んで
今日から
食費を5千円~1万円浮かせてみましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

食費を削るポイントとは

shokuhi

生活をしていく中で
一番出費が多く
なかなか節約出来ない「食費」
毎月頭を抱えてストレスになっていませんか?

この食費を
上手く抑えることができると
浮いたお金で貯金をすることが出来て
いろいろと活用法が増えます。

しかし、
なんでも安いものを購入したり
ケチケチさせる生活では
ストレスもたまってしまい
生活を共にする「家族」や「自分自身」へ
苦痛な気持ちになってしまうので注意!

まずは、
目にみえた部分を節約して行くこと
食費を浮かせる大きなポイントです。

【食費がかかってしまう問題点】

・安いと言って余計なものを購入しがち

・外食を週1~2以上行っている

・毎晩、晩酌をするアルコール代&おつまみ

・簡単なコンビニ食に頼り過ぎ

最近では、
コンビニで購入する食材よりも
スーパーで買い物をすることで
100円~500円程節約になります。

また、
お店でお酒を飲みに行かない分
自宅で飲むことも節約になりますが
毎晩飲んでしまうと
将来への健康維持に
不安を感じてしまうこともあるので
禁酒して
趣味の時間に使うこともおすすめです。

お子さんがいる場合は
子供との時間を増やす
「きっかけ」にも発展します。

お勤めをされている方は
特に
「昼食」を外食ではなく
お弁当を作って持っていく
ボリュームのあって節約になるのでおすすめ。

最近では、
ランチタイムだけ
「大盛り無料」の掲示をする飲食店も
増えていますが
お弁当にすることで
量もおかずも加減できるメリットがあります。

このように
生活を見つめていくことで
節約できる部分が少しでも出来ます。

また、
食費が毎月
どの程度かかってしまうのかわからない場合は
「家計簿」をつけることで
1年間比較することができるので
おすすめです。

貯金が出来ない分、
毎月の出費を確認することだけでも
生活の無駄を省くことができます。

生活に無理のない
ちょっとした節約術

murinashi

節約をするためには
努力も必要です。

しかし、
生活を送る上で
なくてはならないものを省いたり
無理のある生活を虐げてしまうと
節約は3日坊主となってしまいます。

まずは
簡単に出来る節約術を知って
少しでも食費を浮かせてみましょう。

1.毎日の献立を考えてまとめて買い物する

matome

その日その日で
食べたいものが違ったり
毎日
お勤めをされている方は
帰宅途中に買い物をする場合
多いと思います。

しかし、
あらかじめ献立を考えておくこと
生活に余裕がある時間が出来る他、
買い物に行く回数も減って
無駄な出費を増やす心配もなくなります。

また、
1人暮らしで冷蔵庫が小さく
夏場の衛生状態が心配な場合は
肉や魚をカットしておき
ジップロックして冷凍保存すると便利!

野菜も葉っぱ類は
カットしてラップやタッパーで冷凍しておく
栄養分も抜けず
手も汚さずに使えるので
狭いキッチンでもおすすめです!

2.高いお肉や魚を使わない

koukyu

高い食材は、美味しい食材が多いです。
しかし、
料理方法によって
毎日出すほどでもなく
無駄をしてしまっている事もあります。

スーパーで買うのも良いですが
出来たてを人が作ってくれるお店
高価なものを食べることの方が
はるかにテンションが上がるはず。

たとえば
ハンバーグのひき肉は
激安の「豆腐」を代用することで
女性にはおススメの栄養素が
たっぷり入っているメリット。

また、
ヘルシーな鶏むね肉を使った料理も
低たんぱくで高カロリーなので
おススメです。

魚は、
白身やツナ缶を代用すると
安く代用することができます。

3.野菜中心のメニューに切り替える

yasai

毎日提供する料理をよく見てみましょう。

野菜の量が少なくて
メインのお肉や魚が多くなっていませんか?

実は
お肉やお魚は
「筋肉を作る為に必要な栄養素」が代表的で
健康を支える栄養素はそれほど含まれません。

しかし
比較的安い野菜には
多くの栄養素が何種類も含まれており
全ての野菜が同じ栄養素とは限らないので
1日に何種類もの野菜を摂る事
より健康を保たせることができるのです。

4.空腹時に買い物をさける事

kaimono

空腹時はなるべく美味しいものを口にして
満腹感を得ろうとさせます。

そのため
スーパーなどの食品が並ぶお店に行く場合
無意識に無駄な買い物をしてしまったり
多くの食材を購入してしまうので
何か口にして
買うものを「メモ」しておくこと
節約に近いポイントとなります。

特に
お惣菜のコーナーでは
作り置きしたおかずが並んでいて
どれも手が出てしまう反応を抑えきれないので
一番最後に回るのがおすすめです。

5.代用品で格安低カロリーを考える

daiyou

肉は豆腐。
カレーにツナ缶やおからを使うこと
遅い時間の食事にも影響が出にくい
「低カロリー」食材を食べることができます。
【格安代用品で出来るアレンジ】

・もやし

副食としての「ナムル」
「麺類」などの代用ができる他
カルシウムや食物繊維、ビタミンなども
取れるので美容におススメです。

・豆腐

ハンバーグや肉団子などに利用することで
栄養価も上がり
触感も変化せずに食べることができます。

冷凍しておくことで
肉の触感がより引き立つのがおすすめです。

・ツナ缶

肉じゃがや春巻き
お肉やお魚の代用ができます。

煮物にすることで
味が染みて美味しく料理することができます。

最近では
3つで200円以内で販売するツナ缶は
食費を助ける必需品ですよね。

そのほかにも
毎日の料理法でアレンジしながら
無理のない節約術を作って
食費を浮かせる術を考案して行くと
生活に余裕が生まれて
楽しく食事を作ることができます。

1日200円を
節約することで
1年で12万円になる!

setuyaku

たとえば
1日に買い物し、
食べるお肉やお魚を500円とします。

しかし、
代用出来る食材を購入し作ること
200円以上節約ができるのです。

これを毎日
コツコツを頑張っていくことで
毎日200円を節約することができて
月に6000円。
1年間で12万円の節約をすることができます。

外食やコンビニ弁当で食事を摂るよりも
はるかにボリュームのある食事と
栄養価が高い食事ができるメリットもあるので
一石二鳥です。

高価なものを食べることも
生活で唯一の楽しみになりますが
低価格なものを使って
レシピを考える事によって
新たな発見や健康対策に役立って
いき、より
生活を楽しく送ることができます。

スポンサードリンク