美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

レンコンに含まれる8つの栄養素!食べると風邪も咳も治るって本当?

   

冬になると、レンコンが恋しくなりますよね。
炒めたり、お肉をはさめて焼いたり、
サラダにしてみたり。

私が特に好きなのは、レンコンチップス。
レンコンを薄切りにして、水にさらし、
キッチンペーパーを敷いた大皿に並べて、
ラップをせずに、レンジでチン。
600Wで5〜6分でしょうか。
簡単で美味しいので、おすすめです。

話がそれました…(笑)

そんなみんな大好きレンコンは、
実は超優秀な食材なんです。

喘息に、腸内環境改善、
免疫力アップ、ストレス緩和、
花粉症にも貧血にも効果があるといわれています。

なかでも、最大限にその効果を発するのが、
風邪のとき。

冬は風邪流行の季節でもあります。
レンコンを取り入れて、
元気な毎日を過ごしましょう。

レンコンの栄養

b_root_37

引用:http://peco-japan.com/51573

レンコンが風邪に効くといわれるのは、
そのビタミンCの含有量のおかげ。
なんとレモンの1.5倍も含まれているのです。
ビタミンCは体の抵抗力を高める働きがあり、
風邪予防には最適です。

それから、ネバネバした成分はムチン
これは胃壁を保護し、
消化や吸収をスムーズにしてくれます。
風邪で弱った体に栄養を届けてくれるのです。

またビタミンB12鉄分も豊富なので、
血流を高め、貧血防止の作用もあります。
その他、食物繊維やカリウム、亜鉛なども。
加えて、レンコンは熱に強い食材なので、
他の食材なら壊れてしまうビタミンなども、
レンコンなら加熱調理しても、
きちんと残ってくれるのです。

咳や喉の痛みにもレンコンを

0155fb11462d04a750cc795857b44b6c_s

レンコンがとくに効くといわれているのが、
喉の痛みや咳
なぜならレンコンには
「タンニン」が含まれているから。
タンニンは炎症を改善する働きや、
血管を縮める収れん作用があるので、
喉の炎症を抑えてくれるのです。

また、レンコンにはアレルギー物質に反応する
「ヒスタミン」を抑える働きがあります。
ヒスタミンは免疫の伝達に関わる物質ですが、
それが高じて、
アレルギー症状を引き起こすものでもあります。
その結果、血管が広がり、赤みや熱、
かゆみなどのアレルギー症状が出てきます。

ということは、レンコンを食べると、
喉の炎症が抑えられ、
アレルギー症状が緩和され、
咳が収まるということなのです。

ちなみに、
アレルギー物質に対抗できるレンコンは、
花粉症やアトピー性皮膚炎など、
ほかのアレルギー症状にも、
効果があるそうですよ。

レンコンおすすめレシピ

CIMG2905-300x225 のコピー

引用:http://www.osarai-kitchen.com/

・レンコン汁

レンコンをすりおろしたものを、
漉して飲むだけです。
水やはちみつなどと混ぜてもいいですよ。
喉の症状によく効きます。

また、これにしょうがなどを使って、
温めて飲むのも効果的。
体が温まりますし、免疫機能も高まります。

ちなみに、このレンコン汁、
風邪の他にも、むくみや二日酔いの改善にも
効果があるそう。
お酒好きの私には朗報です。

・レンコンみそ汁

レンコンと乳酸菌は相性のいい食材です。
その中でも、
みそを使ってみそ汁にするのはいかがでしょうか。

乳酸菌は腸内環境を整えてくれますし、
腸内環境は免疫力に関係します。

そんな乳酸菌が含まれた食品の中でも、
大豆でできたみそは女性の味方
この2つを組み合わせることにより、
女性に必要な栄養素を取ることができるのです。

すりおろしたレンコンを、
そのままみそ汁に入れてみましょう。
食べ応えもあって、おいしいんですよ。

まとめ

冬になると豊富に出回るレンコン。
私も大好きなので、スーパーで見かけると、
ついつい手に取ってしまいます。

太みがあり、重いものが良いレンコン。
できれば表面がでこぼこしていないものを買ってください。

風邪を引いたときはもちろんですが、
予防にも効果を発揮しますので、
ふだんから食べたい食材ですね。

スポンサードリンク