美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

安上がりで簡単な卵と納豆の組み合わせ!その驚くべき栄養価と効果

   

朝など時間のない時は
白いご飯の上に納豆と卵をのせて
納豆卵かけごはん」で
すませる人も多いはず。

簡単なのに実に美味しい。
腹もちもいいので満腹感もあります。

こんな時は日本人で良かった!
とつくづく思ってしまいますよね。

納豆と卵の二つを組み合わせると
実は栄養もUPするらしいのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

納豆と卵の組み合わせって、どんな良いことがあるの?

e71993933f8a09c159f31e955a8198db_s

毎日とりたい栄養がたくさん含まれている
納豆二つの組み合わせ
実はこんなにいいことがあります。

★納豆菌は卵のたんぱく質との
相性がとても良く
納豆菌の繁殖をより活発にしてくれます。

★納豆にはカルシウムも含まれています。
卵に含まれているビタミンDが
カルシウムの吸収をより助けてくれるのです。

★卵黄には納豆以上に
ビタミンB12が多く含まれています。
両方をとると栄養価が増します。

★卵にも納豆にもレシチンという成分が
たくさん含まれています。
レシチンは脳の働きを良くし
記憶力や集中力を高めると言われます。
脳の老化防止にもなります。

記憶力向上には、やはり卵かけ納豆ごはんがベスト

IMG_20160301_122217

卵かけ納豆ご飯
栄養バランスがとても良く
いわば健脳食といっても過言ではないのです。

人間は年をとるにつれ
脳の中の神経伝達物質が少なくなっていきます。

そしてこれが、物忘れの進行
記憶力低下の原因となると言われています。

ですから神経伝達物質の原料となる
レシチンを十分にとるようにすれば
それすなわち記憶力の低下の予防になります。

レシチンをたくさん含む食品に
大豆・卵黄・米があります。

これでわかっていただけたと思いますが
卵かけ納豆ご飯は
レシチンを多く含む食品の
理想的な集まりだったのです。

見た目はシンプルですが
栄養素を解明していくと
和食には驚くほど
栄養のバランスのとれたメニューが
たくさんあるのです。

卵の卵白には要注意?生で食べるとマイナス作用に!

3895d59f0f8944355114743b835a9219_s

納豆と卵の組み合わせが良いことは
よくわかったと思います。

ここで1つ
注意しなくてはならないことがあります。

それは卵の卵白
生で食べてはいけないということです。

卵白は不透明になる程度まで
加熱する必要があります。

生の卵白にはアビジンという物質が
含まれています。

このアビジンは腸内で
ビオチンと結合してしまいます。

この結合物がが水に溶けないため
腸管から吸収されません。

せっかく食べたビオチンが
結合物となったために
そのまま吸収されることなく
体外へ排出されてしまうのです。

しかしこの卵白は熱を加えると
タンパク質の分子立体構造が変化する特徴があります。

熱を加えることで
固まって白く不透明になります。

こうなると中のアビジンは
周りのビオチンと結合できなくなります。

ほんのひと手間加えれば
ビオチンを吸収することができます。

食品は組み合わせによって
良い場合と悪い場合があります。
食べる食品の特徴をしって
正しくきちんと食べた栄養を
体の役にたてるように心がけましょう。

スポンサードリンク