美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

糖質制限のおやつはナッツ?実は糖質の多いものもあるんです…

      2016/04/25

糖質制限ダイエット中に、小腹が空いたら、
さて、おやつに何を食べましょう。

チョイスはいろいろありますが、
その中でも、ダントツのおすすめは
ナッツ!

お酒のおつまみじゃないの?
なんていわないでくださいね。

ナッツだって立派なおやつになるんです。

ただし、
全てのナッツがおすすめだというわけでは
ありません

ナッツ類も、ものによっては糖質が多く
含まれているんですよ。

ここでは、気をつけるべきナッツと、
おすすめナッツを紹介したいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

糖質が多めのナッツって?

74cf3966678a7627ea7991cd40e8a229_s

食べるのに気を付けたい
糖質が多めのナッツは、

銀杏:25g
カシューナッツ:25g
バターピーナッツ:14.4g
マカデミアナッツ:11.7g
ピスタチオ:11.7g

(それぞれ100gあたりの糖質を記載しています)

カシューナッツは確かに甘みもあるので、
糖質が多めかな、と感じますよね。

それに、バターピーナッツなどは、
食べはじめると止まらず、
次々と手を出してしまいます。

意外と100gって見た目の量も
少ないんですよね…。

いくら、糖質制限ダイエットが、
糖質以外なら好きなものを
好きなだけ食べられるといっても、
食べ過ぎてしまえば、元も子もありません。

しかも、
糖質の量がそれなりに多いのであれば、
食べれば食べた分だけ、
糖質を摂取していることになってしまいます

1日の糖質量を
どのくらいに設定しているかによっても
変わってきますが、
やはり糖質多めのナッツは
控えた方が良さそうです

おすすめナッツ

d0dff1f560868762556d1dc790c0c43c_s

もちろん、おすすめのナッツもあります。

アーモンド(糖質量6.9g/100gあたり)

ビタミンEの含有量が
食品の中でもトップクラスのアーモンド。

100gのアーモンドには、31mgのビタミンEが
含まれているのです。

ちなみに摂取の目安は、1日あたり、
女性は6.5mg(男性は7mg)

軽く超えちゃってるんですね。

ビタミンEはその抗酸化作用で、
老化を遅らせてくれますし、
結構を改善して、若い肌を保ってくれる
なんともありがたい
アンチエイジングビタミン。

しかも、不飽和脂肪酸の
オレイン酸とリノール酸が含まれているので、
コレステロールなども低下してくれます。

プラス、カルシウムやマグネシウム、鉄分など
健康に欠かせないミネラルが豊富なのも、
アーモンドの特徴。

また、食物繊維が
ごぼうの2倍(!)も含まれているので、
整腸作用があり、
便秘になりがちな糖質制限ダイエットには、
ぴったりの食材なんです。

くるみ(糖質量4.1g/100gあたり)

栄養価のたかいくるみもおすすめのナッツ。

他のナッツに比べて、タンパク質量が多く、
ビタミンA、ビタミンB、ビタミンE、
カルシウム、リン、鉄分など、
多くの種類の
ビタミンやミネラルが入っているんです。

また、含まれている脂肪分も、
アーモンドと同じく、不飽和脂肪酸

コレステロールを低下させ、
動脈硬化を予防してくれます。

また、くるみに含まれるポリフェノールは
抗酸化作用があり、
悪玉コレステロールを減少させてくれます。
その量、赤ワインに匹敵するほど。

もちろんビタミンEも豊富。
アンチエイジング効果も期待できます。

もうひとつ、珍しいのがメラトニン

メラトニンといえば、
睡眠を思い浮かべるかと思いますが、
実は老化抑制の働きがあるという
研究結果も報告されているんです。

くるみを食べるときには、ローストした方が、
抗酸化作用が強くなります

オーブンやフライパンで、
簡単にできるので、
ぜひ試してみてください。

ナッツ類の上手な食べ方

25015f6e8f3bba0b61459c1785c72e12_s

とはいえ、カロリーの高いナッツですから、
量には注意が必要です。

できれば小分けになったものを買うか、
大袋を買ったら、先に小分けにしてしまうと、
食べ過ぎずに済むので、おすすめです。

(正直、小分けになって包装されている方が、
酸化しないので、
栄養価を保てておすすめです)

また、小魚などと一緒に食べるのも
いいおやつになります。

例えばにぼし

出汁をとるだけが能じゃないんです!

カルシウムやタンパク質、EPA、DHAなど、
体にいい栄養がたくさん含まれていますし、
小さいので、
ナッツ類とまとめて食べられるのも
いいところ。

ぜひ一緒に食べてみてください。

まとめ

ナッツ類に糖質がこれほど含まれているとは、
意外と驚きではありませんか?

私は、それを知ってから、
アーモンドとクルミを
常備することにしました。

本当はバターピーナッツなどが
大好きなのですが、
食べ出すとほんと、止まらないので、
買わないようにしています(笑)

ナッツ類は、腹持ちもいいので、
夕食までお腹が空いて仕方ないというときは、
アーモンドやくるみを、よく噛んで、
適量(アーモンドなら10粒くらい、
クルミなら5個くらいを食べています。
でも、食べる量は、
自分で調整しても大丈夫だと思います)
食べるのが、
個人的にはおすすめです。

ぜひナッツをおやつにして、
糖質制限ダイエットを成功させてくださいね。

スポンサードリンク