美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

糖質制限に役立つ素材といえばもやし!レシピも豊富なんです!

   

最近のダイエットのトレンドといったら、
やはり糖質制限ですよね。

さすがに糖質「ゼロ」に徹底している人は、
某ジムの会員くらいかと思いますが、
ダイエット中のみなさんは
ある程度は気にしているのでは。

確かに太りにくく、
適量とれば痩せやすく、
効果を実感している人も多いはず。

ただ、その糖質制限、
問題もあります。

それは、食費が高くなりがちなこと。

やっぱり食費として安く済むのは、
ごはんやパンなどの主食。

肉や野菜では、
栄養素的にはいいかもしれませんが、
食費がかさむのは事実です。

けれども、ここに救世主が!

それは「もやし」です。

通常30円くらい、
超格安店であれば、1桁なんてことも

これを活用しない点はありませんよね!

ここでは、
もやしの糖質制限ダイエットにおける効果と、
おいしく食べるレシピに付いて紹介します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

もやしって、どんな野菜?

 

最近は、某超大盛り系のらーめんに必須の
マシマシトッピング、もやし。

でも実は、その昔は薬として栽培されていたのだそう

平安時代には既に、
「毛也之(もやし)」として
文献に出てきています。

ってそれ、1000年も前じゃないですか。

そんな高級なもやしが安価になったのは、
高度成長期など改良で、
低コストで
栽培が大量生産されるようになったため。

昭和の人からしたら、
古い野菜ではないのかもしれませんね。

もやしの栄養

df19d89fa53874c344e5528c9bacde67_s

もやしは主に緑豆を発芽させたものと、
大豆を発芽させたものがあります

どちらも食物繊維を多く含み、
糖質が少ないのがいいところ。

「もやしっこ」等という言葉がありますが、
実は結構栄養価の高い食べ物なんですよ。

カリウムやビタミンCが多いのですが、
ビタミンCは加熱に弱いので、
さっと湯通しする程度がおすすめ。

もやしは本当は
生でも食べられる食材なのですが、
流通の過程で時間がかかり過ぎているため、
産地に行ってとりってを食べない限り、
必ず加熱をするようにしましょう。

そして、もやしには食物繊維が、
もれなく付いてきているです。

食物繊維は、
糖質ダイエット中には
多大なる効果を発揮するんです。

主食を食べない分、低糖質ダイエット中は
便秘になりがちです。

だって肉や魚、
チーズなどを主に食べるんですもの。

便になる素材が少ないんです。

糖質を含むでんぷん質には
食物繊維が多く含まれていて、
その便秘の解消に役立つんです。

だから、炭水化物を食べていると、
便秘になりにくいんですね。

とはいえ、糖質制限ダイエット中。

そんな時の救世主がもやしです。

大豆もやしも緑豆もやしも、
食物繊維を多く含み、
便秘解消に役立ってくれます。

糖質ダイエット中のおすすめもやしレシピ

img_0

引用:http://blogs.yahoo.co.jp/asupara88/63067453.html

お肉の付け合わせとして

ちょっと高級なステーキ屋に行くと、
付け合わせで必ずもやしが付いてきませんか。

これは、箸休めの意味もありまして、
1度味覚をリフレッシュするのですね。

そこにもやしを使うんです。

なぜなら、あまり味の主張をしないから。

焼き肉と一緒にごはんを食べて、
味覚を中和させるイメージです。

もやしと青梗菜の和え物

ステーキなんて豪華なものじゃなくても、
和え物もおすすめ。

これ、とっても簡単なんですよ。
適量の青梗菜ともやしを
一緒に電子レンジでチン。
中華風の調味料で和えれば、
あっという間も一品完成です。

もやしのイタリアパスタ風

もやしは、新鮮なものであれば、
キノコと同じく無菌状態で作られているため、
洗わなくても調理ができるのが、
忙しい生活の中では便利ですよね。

パスタの代用品として、
ペペロンチーノ風にしたり、
オリーブとにんにくで炒めてみたり、
カルボナーラ風にしても、絶妙な味。

しかもパスタを使いませんから、
当たり前ですけど低糖質ですよね。

糖質制限ダイエット中にもやしが効くわけ

9361c827812439fe5a2b906fcd975136_s

糖質ダイエット中を行っている人の中で、
最もよく効かれる不満が、
便秘になるというものです。

意識の高い人は、タンパク質だけでなく、
きちんと野菜もとるように
していると思います。

だけど、それでも、
食物繊維が足りないんです。

人はかなりの量の食物繊維を
炭水化物から摂取しています。
パスタもごはんも、
便のカサを増やすのに、
かなり貢献しているんですよ。

低糖質ダイエットをすれば、
それがなくなるため、
便秘になりやすくなるんです。

そのために、便秘を解消する植物繊維を
どのようにとるかは、
気を使うべきです。

その点、もやしはとっても優秀。

緑豆もやしなら、100gあたり、糖質1.3g、
カロリーはたったの14kcalです。

大豆もやしは、100gあたり、糖質0.0g(!)
食物繊維は2.3g、カロリーは37kcalです。

これだけ見ると、糖質は超!低いし、
食物繊維量もあるし
選ぶなら大豆もやしという感じがしますね。

まとめ

私が大豆もやしでいちばん作るレシピは、
ナムルです。

といっても簡単なもの。

レンジで大豆もやしをチンして、
そこに、ごま油と塩かしょうゆを適量掛けて、
白いりごまを入れ、
しばらく漬けておくだけです。

個人的には、
厳しい糖質ダイエットを
しているわけではないですが、
(どっちかというと、ゆるゆると)

それでも
やはり野菜やお肉にかかるお金が大きいので、
お安いもやしは救世主です。

ぜひみなさんも、もやしを活用して、
ダイエットを成功させてくださいね。

スポンサードリンク