美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

免疫力にもダイエットにも効く!体温上げる飲み物を飲もう!

   

平熱、何度ですか?
もしかして、35度台ではありませんか。
(今、自分自身で計ったら、
36.3度でした。自分としては低めかな…)

現代人の平熱は下がっているのだそうです。

原因はエアコンなどによって、
常に室内の温度が監理されていることと、
日頃からあまり動かない運動不足。

オフィスで働いていたり、
家の中で過ごしていることが多い方は、
確かにそうかもと、
自分の生活を
思い返したのではないでしょうか。

だけど、
下がってしまった体温を上げるのって
難しそう。

運動もしなきゃいけないだろうし、
それも面倒くさい。

いいえ、簡単な方法があるんです。
それが飲み物で体を温めること。

ここでは、
体を温める飲み物を紹介いたします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

平熱が低いとどうしてだめなの?

1e8c3f741ca1cba0e68fa5d2570a4374_s

人間の平熱は、36.5度から37度。

けれどもこの50年で、平均して
1度も下がっているのだそうです。

その1度、たいしたことがないように
聞こえますが、とんでもない!

体にとって、ものすごく違うんです。

例えば、体温が1度下がると、
代謝が10%〜20%も落ちます。

免疫力は30%も下がってしまいます。

これではウイルスに対する
対抗性がなくなってしまいますし、
紫外線の影響を受けやすくなり、
ガンなどにもかかりやすくなります。

また、血液の流れが滞るので代謝が落ち、
その分栄養も行き渡らなくなるのです。

ということは、老化が進み、
肌が荒れてくすみやすくなると共に、
女性にとっては
生理痛や不妊の原因ともなります。

反対に、体温が1度上がれば、
いや、1度でなくても少し上がれば、
こういった影響を受けにくくなります。

なので、体を温めることは、
健康に美容におおいに大事なことなのです。

簡単に体を温めるには?

b74f8165c4b6e7ea5221ddeca0e3c585_s

体を温める方法は、重ね着や、ホッカイロ、
お風呂に入るなど、いろいろありますが、
実は温かい飲み物を飲むのもおすすめ

というのも、
内臓を直に温めてくれるからです。

白湯

白湯を飲むと、胃が温まるので、
そこから全身を温めることが出来ます。

また、体温が上昇すると共に代謝が高まり、
老廃物を排出する効果も出てきます。

むくんでいたり、
便秘で悩んでいる人にもよく効きます。

朝、目覚めたときに飲むのが
最もおすすめの時間帯。

その日1日代謝を高めて、
脂肪燃焼してくれるんですよ。

ショウガ湯

ショウガが体を温めてくれることは
あまりに有名ですよね。

しかも、熱を加えたショウガの方が
体を温める作用が高いので、
ショウガ湯はほんとにおすすめなんです。

また、代謝を高めてくれるので、
ダイエットにも最適。

下半身の冷えが原因といわれる生理痛も
緩和してくれるんですよ。

こちらもできれば、
朝、飲むようにしましょう。

1日体温が高い状態がキープできます。

ハチミツやユズ、黒糖にレモンなどを入れても
おいしくいただけますよ。

紅茶

意外かもしれませんが、
紅茶もおすすめの体を温める飲み物。

カフェインが多いから、
反対に体を冷やすんじゃないの?

そう思いがちですし、
確かにカフェインには
体を冷やす作用があります。

ですが、紅茶は完全発酵させて作ったもの

発酵食品なので、血流を促し、
体を温める作用があるのです。

一緒にショウガを入れるのもいいですね。

それから、できれば砂糖は白いものではなく、
黒砂糖などを使うようにしましょう。

あるいはストレートで飲むようにしましょう。

というのも、
白砂糖は体を冷やす作用があるため、
せっかく紅茶を飲んでいるのに、
もったいないことになってしまうからです。

ホットワイン

ホットワインは、
ただワインを温めただけのものではなく、
シナモンなどのスパイスを加えてつくった
冬のヨーロッパなどでよく飲まれる
定番のアルコール。

屋台で売られていたりもします。

これも、体を温める効果バツグン。

冷え性を改善し、風邪を予防すると共に、
内臓を活性化させてくれるんです。

また、
ほとんどのレシピが赤ワインを使うので、
そのポリフェノール効果で、
血流を促進したり、
動脈硬化やガンを予防したりします。

スパイスの殺菌作用や
体を温める作用が、相乗効果で
さらに健康を促してくれるんですよ。

りんごジュース

体を冷やしたくない…。
けれどちょっとは冷たいものが飲みたい。

そんなときにおすすめなのが、
りんごジュース。

りんごは北の方でとれる果物。

つまり体を温める作用があるんです。

おとなももちろん、
子どもにも飲みやすいのがいいですよね。

選ぶときには、
かならず果汁100%のものにしましょう。

砂糖が追加されているものは、
体を冷やしてしまう可能性があるので、
注意が必要です。

まとめ

体を温めると、生活が楽になります。

私も元は驚くほどの冷え性だったのですが、
ショウガ湯を飲んだり、
ショウガを料理に取り入れたりしていたら、
いつの間にか体温があがっていました。

そうしたら、やっぱり楽なんですね。
動くのがおっくうでなくなりましたし、
日常の機敏性が上がった気がします。

体温というのも、
習慣で変わってくるものなのだと、
実感しました。

体を温める飲み物を取り入れるのは、
日常の中でも比較的簡単にできることかと
思います。

毎日の飲み物を変えて、
体調よく、健康に過ごしていきたいですね。

スポンサードリンク