美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

納豆と卵の栄養やカロリーを知っておいしくコラボで食べよう!

      2016/04/26

納豆が体にいいことは、
みなさんご存知ですよね。

しかも、両方ともお好きな方も
多いのではないでしょうか。

その納豆の食べ方は、ネギを混ぜたり、
ひきわりにしたりと、
いろいろあると思うのですが、
意外とおすすめなのが、
卵を混ぜること。

でも、卵と納豆って、合わせたら
カロリーは跳ね上がらないの?

卵と納豆のおいしいレシピなんてあるの?

ちょっと考えただけでも、
結構疑問が出てきますよね。

ここでは、納豆と卵、
それぞれのカロリーや栄養と、
おすすめレシピを紹介しちゃいます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

納豆のカロリーと栄養

体にいいはずじゃなかったの?納豆って食べ過ぎると害になる!

植物性タンパク質源として、
昔から食べられてきた納豆。

タンパク質だけでなく、
カルシウムやビタミンなど、
体に重要な栄養素が豊富なので、
毎日食べたい、という方も
いるのではないでしょうか。

実際納豆にはビタミンB群が多く、
疲労を回復し、新陳代謝をあげてくれます。

また、納豆だけの栄養成分、
ナットウキナーゼも、注目のしどころ。

血栓を予防して、血液をサラサラにし、
心筋梗塞などを防いでくれます。

ポリアミンは、新陳代謝を促し、
老化防止に繋がる嬉しい成分。

細胞の再生をきっちり促してくれるので、
肌のシミやくすみなどを
防いでくれるんです。

ポリアミンは体内でも作られますが、
歳と共に減少してしまいます。

納豆には豊富に含まれているので、
ぜひたくさん食べましょう。

発酵食品であり、食物繊維の多い納豆は、
便秘解消にも大々的に有効です。

腸をきれいにして、蠕動運動を活発にし、
便秘を防いで、肌の健康を保ちましょう。

卵のカロリーと栄養

4f4b43536b89be3c756281efb48d4ed3_s

卵には、タンパク質はもちろんのこと、
脂質やカルシウム、ビタミン類など、
ビタミンC以外のほぼ全ての栄養素が
含まれているといわれています。

また、
卵のタンパク質は必須アミノ酸を全て含み、
栄養価にも優れています。

卵のアミノ酸のうち
「シスチン」という成分は、
免疫力を高めてくれるので、
風邪をひきにくく、
ウイルスに強い体を作ってくれるのです。

また、卵の白身には「塩化リゾチーム」という
成分が含まれていますが、
このリゾチーム、ウイルスを除去し、
免疫を高め、
汚れた粘膜を排出させてくれるため、
風邪の予防にはバツグンにきくんです。

ただし、卵といえば、
コレステロールが心配という方も
いらっしゃるかと思いますが、
食品のコレステロールは、
血液中のコレステロールと
直接の関係がないとする研究もあり、
それほど心配することはなさそうです
(まだ完全な成果はでていないので、
あやふやな部分は多いのですが)

卵ひとつのカロリーは、生だと約80kcal。
茹でると約75kcalにさがります

納豆1パックと合わせても、
約150〜170kcal。
その栄養価やタンパク質量を考えたら、
それほど多くないといえるでしょう。

卵と納豆のおいしいレシピ

l_1406253780_6274 のコピー

引用:http://www.kyounoryouri.jp/recipe/15395_%E7%B4%8D%E8%B1%86%E3%81%A8%E5%8D%B5%E3%81%AE%E3%81%A3%E3%81%91%E3%83%91%E3%82%B9%E3%82%BF.html

卵と納豆、栄養価の高いもの同士、
一緒に料理すると、さらに体に
いいものができあがりそうです。

ここではおすすめのレシピを紹介します。

卵がけごはん納豆付き

いわずと知れた日本人の心の料理、
卵がけごはんに納豆も掛けてしまうのです。

好みですが、納豆に卵を混ぜると、
糸を引きにくくなり、食べやすくなります

納豆と卵なら、調理する手間もないので、
忙しい朝ごはんにも
おすすめではないでしょうか。

納豆入りの卵焼き

納豆入りの卵焼きもおすすめ。

・納豆1パック
・溶き卵2個分
・納豆のタレ

これを全部一緒に混ぜます。

それを卵焼き器で卵焼きにするだけ。

先に納豆を多めに入れると、
いい感じに仕上がります。

また、チーズを入れてもオツな味に

おつまみにもおすすめです。

納豆を入れたたまごチャーハン

ふんわりでぱらぱらのチャーハンも
納豆と卵でできちゃいます。

2人分のレシピは、

・納豆1パック
・卵2個
・ネギ適量
・ごはんを茶碗2膳
・塩こしょうと醤油を適量

まずは卵と納豆をよく混ぜ合わせます。
できれば泡が立つくらい。

それを油を引いたフライパンに流し込み、
少し熱を入れた後、ごはんを投入します。
そして、さっくりとヘラで混ぜ合わせます。

しばらくすると、納豆の粘りがとれて、
全体にふっくらしてくるので、
そうしたら、ネギをいれて、味付けをします。

納豆が苦手でも食べやすくておすすめ

納豆と卵でタンパク質を、ネギで野菜を、
ごはんで炭水化物もとれるので、
バランスもいいんです。

納豆と卵のパスタ

納豆蕎麦ならぬ、納豆パスタも人気ですよね。

これは、それに卵を入れたバージョン。

ふわりとさせるのがコツです。

2人分のレシピは

・納豆2パック
・パスタ160~200g
・麺つゆ1/2カップ
・ネギ適量
・海苔適量

パスタを表記時間通りに茹でます。

茹でている途中に、
納豆を粘りが出るまで混ぜます。

それから卵を黄身と白身に分け、
白身は軽く泡立てておきます。

そこに黄身と麺つゆ、納豆を混ぜ合わせて
タレをつくります。

パスタが茹であがったら、
ソースをからめ、ネギと海苔を乗せて完成。

白身を泡立てているので、
ソースがパスタ全体に絡まって、
とってもおいしいんですよ。

まとめ

納豆も卵も、
絶対にどの冷蔵庫にも入っているという、
日本人の基本の食材ですよね。

それが組合わさると、
こんなにおいしいレパートリーになるんだと、
作ってみてびっくり。

卵がけごはんは
以前から納豆を入れたりしていたのですが、
ご紹介したレシピの中では、
とにかくパスタがおいしいんです!

ぜひ試してみてください!

スポンサードリンク