美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

チョコレートは食べ過ぎると体に悪い!どんな症状が出てくるの?

   

チョコレート好きですか?

その質問に対して、
100人いたら99人くらいが、
イエスと答えるような気がします。

ミルクチョコレートから、
ダークチョコ、にホワイトチョコ、
ナッツや砕いた飴が入っていたりして、
百花繚乱。

どれもおいしそうに見えますよね。

でも、食べはじめると、止まらない!
ということがありませんか。

気が付いたら、板チョコ全部食べていたり、
ひとパッケージ分がなくなってしまっていたり。

そこでふと疑問に感じるのが、
これって、食べ過ぎじゃないの?ということ。

何でも過ぎれば害になるというもの。

チョコレートだって、
いくら好きだからといって、
大量に食べたらダメなのではないかと
ふと思ったのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

チョコレートの食べ過ぎによる害

d24362414037542d1cf49f9bed484795_s

そう、チョコレートは食べ過ぎると
健康に害があります

例えば虫歯

カカオ含有量が多いものはともかく
(私は苦すぎて苦手なのです…)
ミルクチョコやホワイトチョコには、
かなりの量の砂糖が入っています

ということは、虫歯になりやすいということ。

すぐに歯を磨けばいいじゃない、
と思われるかもしれませんが、
食べ物を食べてすぐは、
口内が酸性になっているため、
歯磨きはしない方がベター。

せめて30分待つようにしましょう。

また、子どもは放っておくと
しばらく歯磨きをしないので、
注意してあげる必要があります

それから、糖を大量摂取するということは、
糖尿病になりやすいということ。

いわずもがなですが、甘いお菓子も全部そう。
適量がいちばんいいのです。

他にも、チョコレートには、
偏頭痛やアレルギー、
動脈硬化に高血圧の危険性だってあるんです。

もっと見た目に分かりやすいことをいえば、
太ります

女性の大敵(男性も?)、肥満!

チョコレートはカロリーの高い食品ですから、
取りすぎれば当然太ります。

止められないと、ぶくぶく際限のないことに。

ついでに、妊婦さんや授乳中の方、
そしてお子さんも、
チョコレートを食べるのは控えましょう

なぜなら、チョコレートには
カフェインが含まれているから。

胎児や赤ちゃん、
小さなお子さんを守るためにも、
チョコレート監理は
しっかりしておきたいですね。

えっ、それってチョコレート依存症?

1e1ca7a3db0b2863e5eb17e01e20aa58_s

チョコレートに
砂糖やカフェインが含まれているのは、
みなさんご存知だと思いますが、
これが中毒性が強いということは、
なかなか知られていないのではないでしょうか。

チョコレートを食べると、
カカオに含まれる成分が
脳内で快楽物質が活性化させます。

そのため、その快楽を求めて、
何度も何度も
食べたくなってしまうんです。

また、
砂糖のような精製されている糖分を取ると、
血糖値が急激に上がり、また下がります。
その下がった血糖値を上げようと、
さらに糖分が欲しくなるのです。

そのような状態が続くと、
依存症まっしぐら。

チョコレートが手放せなくなり、
必要以上に大量に食べてしまいます。

どうしたらを適量を食べられるようになるのか

86c52f385d81821070850e47c0030ba2_s

といっても、
チョコレートには健康にいい効果もあります

ポリフェノールが含まれているので、
抗酸化作用があり、細胞の老化やガンの発生を
抑制する効果があります。

また、
カカオにはストレスを緩和させる働きも。
これは、身体的ストレス、心理的ストレス
両方に効きます。

なので、完全に悪者扱いするのは間違い

とにかく適量を食べるのが肝心です。

ちなみに適量とは、
板チョコの横1列分くらい。

カカオ成分の多いダークチョコなら、1個

量を決めて、
その分だけ目の前に出してしまえば、
耐えられるのではないでしょうか。

1列? 1個?

少なすぎる!

そんなんじゃ止められない!

そういう方は、
フルーツやカボチャなどの
甘い野菜を食べるようにしてみましょう

それから、これは健康の基本のキですが、
バランスのいい食事を取ること。

そうすると、体が満足するので、
甘いものへの希求がストップします。

他にも、夢中になれる趣味を探したり、
暇な時間を埋める何か(食べることでなしに)
を見つけられると、
チョコレートの食べ過ぎから
抜出せるのではないでしょうか。

まとめ

チョコレート。
大好きなんです。

私が好きなのは、ホワイトチョコ。
安いところだと、ダース。
スイスのメーカー、リンツのまるいチョコ、
リンドールなどがあったら、
一気に全部食べてしまいます。

その後の残骸を見て、
あーあー、と思ってしまったこともしばしば。

甘いもの、そんなに好きじゃないんですけど、
ホワイトチョコだけは別なんですよね…。

ということで、1個だけ、
あるいは食べる量だけ出す、
という作戦に出ました。

食べられる量が少ないので、
必然的に味わうことになります。
すると、元々好きなチョコが、
さらにおいしく感じるので、
満足感がいっぱいになるんです。

それと、
必ず飲み物も一緒に飲むようにしました。
そうしたら、ずいぶんマシになりましたよ。

たった今、
チョコレートの食べ過ぎに悩んでいらっしゃる方、
ぜひ試してみてください。

毎日ちょっとずつが、健康と美容の鍵です。

スポンサードリンク