美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

チョコで実感するカカオのダイエット&健康効果!

   

チョコレート

毎日欠かさないという方も
多いのではないでしょうか。

私もそうです!

毎食後に、飲み物とともに、
一粒のチョコレートを食べると
なんだか心が落ち着きます。

この習慣、どうやら正解らしいんです。

というのも、
チョコレートの原料であるカカオには、
ポリフェノールが
たくさん入っているからです。

といっても、チョコレートを食べれば、
吹き出物ができたり、
太ったりしちゃうんじゃない?

確かにそれは心配なところ。

けれども、チョコにはそれを上回る
すごいダイエット&健康効果があるんです!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

大事なのはカカオポリフェノール

02ffb67a2872c1f00b93ef7a322c5756_s

赤ワインで有名なポリフェノール。

それがチョコレートの原料のカカオにも
たっぷり入っているんです。

そのカカオ豆を
丸ごと使って作るチョコレートは、
もちろんポリフェノールたっぷり

その恩恵に余すことなく与ることができます。

カカオポリフェノールの健康効果は
以下のようなものがあります。

血圧の低下

血圧は、血管が細くなって
血流が流れにくくなることで上昇しますが、
カカオポリフェノールは、
血管を広げる作用があるので、
血圧の低下が見込めます。

動脈硬化の予防

体内で発生した活性酸素は
コレステロールを酸化させ、
動脈硬化を引き起こします。

カカオのポリフェノールは、
抗酸化作用が強いので、
この動脈硬化を抑える効果
期待されているのです。

ストレスに打ち勝つ

カカオポリフェノールが
ストレス反応を軽くし、
また、ストレスによって
異常に増加されてしまったホルモンを
抑制することが分かっています。

アレルギーも改善

アレルギーが発症するのは、
過剰な「活性酸素」のせい。
カカオポリフェノールは、
活性酸素の発生を抑制し、
症状を抑えることが分かっています。

脳が活性する

歳をとれば誰だって、
記憶力が弱まったなぁ、とか、
忘れっぽくなったなぁ、ということを
実感しているはず。
こういった脳の衰えを防ぐのも、
カカオポリフェノール。
認知機能を高める効果が認められているので、
仕事でぼうっとしがちだとか、
プレゼンだから決めなきゃというときに、
ぜひカカオポリフェノールをとりましょう。

カカオプロテイン

まだあまり世間には
知られていないかもしれませんが、
カカオには
カカオプロテインという成分があり、
これが、便秘の改善に効くんです。
カカオプロテインは、便通の改善です。

カカオプロテインは消化されにくく、
小腸を通過して大腸までそのまま届きます。
それが便のかさを増やし、
排便を促すのです。

また、大腸に残ったカカオプロテインは、
腸内細菌のエサとなることで、
整腸作用が期待できます。

女性の便秘の多くは、
十分なカサがないことが
原因のケースが多いのです。
ですから、
カカオプロテインをとることによって、
蝶の蠕動運動を促し、
排便に繋がるのです。

1日にどんなチョコをどのくらいとったらいいの?

1aa05ccf8c4a9216a741ced9df19d4bd_s

カカオに素晴らしい効果があるのは
分かりました。

でも、みなさんご存知のように、
チョコレートは、カカオだけでなく、
カカオバターや砂糖、
その他の乳製品等をつかって
作られています。

材料を見るだけで、
カロリーも高そうですよね…。

ですから、ごはんの代りにチョコを食べる、
という方法は全くおすすめしません

いくらカカオが栄養が高いとはいえ、
他の必要な栄養素が取れませんから。

では、よく売っている
ミルクチョコレートならいいのか。

これも×です。

なぜなら、ミルクチョコレートには、
カカオ以外の成分が
たくさん入っているから

それは血糖値を上げすぎたり、
脂肪を溜め込んだりするものです。

ですから、
選ぶべきはカカオ70%以上のチョコレート
(ちょっと苦いんですけれどね…)

最近は
カカオ90%以上のものも売っているので、
それを選んでもいいですね。

食べる量は、板チョコ半分くらい。
50gくらいでしょうか。

これを、一気に食べるのではなくて、
こまめに1日に何度か、
こまめに分けて食べるのがおすすめです。

というのも、チョコレートは、
食欲を抑制してくれる効果があるから

なので、食前はもちろんですが、
食後に「何か物足りないなぁ」と
感じているときに食べても効果的です。

まとめ

上手に使えば、
カカオたっぷりのチョコレートは、
ダイエットの味方です。

健康効果もそうですし、
ストレスを軽減させてくれたり、
食欲を抑えてくれたり、
便通を整えてくれたりと、
ダイエット時に問題になることが
多く解決できる成分が
豊富だからです。

ただ、問題…というより課題は、
カカオの含有量が多いものを選ぶとうこと。

でもそれは、必然的に苦いんですよねぇ…。
カカオ70%でもカカオの風味が強いのに、
90%となったら…。

(基本私ホワイトチョコが好きなんです…)

カカオポリフェノールの恩恵を
与るにあたって、
私のいちばんの問題は、
味に慣れることかもしれません…

でも、良薬口に苦し。

それを超えれば、
健康もダイエットも
手に入れられるんですものね。

がんばってみたいと思います。

スポンサードリンク