美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

炭水化物でどうして太るの?その理由は○○にあった!

      2016/04/14

昨今人気の低炭水化物ダイエット、
あるいは低糖質ダイエット

簡単にいえば、
炭水化物は太る理由である
そういう原理のダイエットですよね。

でも、炭水化物といえば、
脂質、タンパク質を含めて、
三大栄養素のひとつ

いうなれば、
人間が生きていくために必須のものですよね。

それがどうして
太る理由といわれるのでしょう。

しかも、脂肪分でもないのに、
どうして脂肪として体に付くのでしょう。

そのあたりを含めて、
炭水化物と太る理由について
紹介したいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

炭水化物(糖質)が太る理由

0306ab62050fc8b7cc75c6b160b2294a_s

ここで、
はっきりさせておかなくてはなりません。

炭水化物というのは
糖質X食物繊維。

つまり、
炭水化物から食物繊維を抜いたものが、
糖質になります。

そして、昨今の低炭水化物ダイエットや
低糖質ダイエットでいわれているのは、
この糖質を減らしましょう、ということ

では、
どうして糖質が太る原因になるのでしょうか。

まずは、インスリンというホルモンです。

インスリンは
食事によって上がった血糖値を下げますが、
それと同時に
脂肪を溜め込むという性質があります

しかも、なぜか現代の日本は
炭水化物X炭水化物の食事が多いですよね。

特に外食となると、
男性であれば、ラーメンにチャーハン。
女性であっても、
パスタにフォカッチャをつけてみたり、
うどんにお稲荷さんをあわせてみたり。

要するに炭水化物過多なんです。

炭水化物を過剰にとると、
インスリンが糖質を脂肪に変換し、
内臓脂肪を増やしてしまいます

だから太るんです。

私は、やせ形だから大丈夫。

そう考えている方もいるかもしれませんが、
やせ形の人にも、
脂肪を溜め込んでいるケースがあります。

糖質を過剰摂取してしまって、
中性脂肪が高くなるんです。

太る以外にも、甘いものは体の大敵。
精製された砂糖を使った食品を食べていると、
依存しやすく、
甘いものを食べられないと、
情緒不安定になったり、
イライラが増したりするので要注意です。

太りたくない!炭水化物はどういうふうに減らしたらいいの?

5931483ded74994700d123110049af4a_s

今まで3食全て炭水化物を食べていた方が、
いきなり全部減らすのは、危険です。

しかも、「食べられない」というストレス
たまり過ぎて、むしろ食べ過ぎてしまうかも。

おすすめは、
まずは夕食の炭水化物を抜いてみること

主食だけではなくて、炭水化物を多く含む
野菜も使わないようにしましょう。

例えば、ジャガイモやカボチャ、
豆類などですね。

特にジャガイモを茹でて
ポテトサラダなどにしていると、
それだけで1食分の炭水化物に
なりかねません。

それから、
おやつからは糖質を減らしましょう。

クッキーやおせんべい、チョコレート菓子に
ケーキなど、どのメニューも糖質たっぷり。

ナッツやチーズ、スープ類で
お腹を落ち着かせましょう

さらにいえば、飲み物も注意。

フルーツジュースや炭酸飲料など、
ラベルに付いている成分表を見ると、
かなりの糖質が入っています。

なるべくお茶や水など、
糖質の含まれないものを
とるようにしたいですね。

低炭水化物ダイエットをするならこんな方法がおすすめ

1bfb2581b2d51c341666990002e38445_s

低炭水化物、
低糖質ダイエットに興味のある方は、
多いと思います。

でも、ただ闇雲に炭水化物を減らしても、
健康を害するだけになってしまいます。

なので、
私も実践したおすすめの方法を紹介します。
(私は身長159cm、
体重43.5〜44kgくらいです。
昔はもうちょっと体重がありましたし、
ぷよぷよしていました(笑))

まずは、夕食の炭水化物を減らしました。
その際、
野菜はきちんと食べるようにしましょう。

できれば、
食物繊維の多い野菜を先に食べるほうが、
血糖値が上がらず効果的です。

キノコや海草類もいいですね。

食物繊維を豊富に含んでいるので、
炭水化物ダイエット制限中に起こりがちな、
便秘を解消してくれます。

そして同時に、
体を作るタンパク質を取りましょう。

タンパク質は、肌や筋肉の組織など、
体の主成分を作る大切な栄養。

これを欠かすわけには行きません。

できれば、毎食100gくらい
(手のひら1枚くらい)とるようにすると
いいですね。

また、ダイエットを考えるのであれば、
カルビやトロなど脂肪分の多いお肉ではなく、
とりのささみや、マグロの赤身など、
高タンパク低脂肪のものをおすすめします。

野菜とタンパク質で主菜と副菜を作れば、
ビタミンやミネラルなども補えます。
なので、
献立を考える際に参考にしてみてください。

そのあとに糖質です。

コツは、量をしっかり計ること
(私は、基本的には、
朝は6枚切りのパンの半分、
昼は6枚切りのパン1.5枚くらいを
サンドイッチにして食べています。
夜は炭水化物抜きです。
また、炭水化物系の野菜料理は、
家では作らず、外で出てきた時は、
量を控えめにして残します。
作ってくださっている方、
申し訳ありません)

人によって、これ以上炭水化物を減らすと
ふらふらしてしまうという
限度があると思います。

それ以下にならないように気を付けて、
自分を観察しながら、
試してみてくださいね。

パッケージの栄養成分表にも
表記されているかと思いますが、
初めて炭水化物ダイエットをする方は、
日頃自分がどのくらい
炭水化物を食べているのか、
それを知ることから
初めて見てもいいかもしれませんね。

まとめ

私も、どちらかというと、
炭水化物を減らす生活をしています。

初めは、低血糖を防ぐためだったんです。

いきなり血糖値を上げると、
急激に血糖値が下がりやすいですからね。

そのせいで体が震えてしまっていたことが
かなりありました。

それを改善するために、
炭水化物を減らす生活をはじめたのですが、
そうしたら、ダイエットにも結びつきました。

お菓子などは、完璧な嗜好品として
特別な機会に特別においしいものを
食べるようにしています。

ぜひ、炭水化物を減らして、
理想の体型を手に入れてくださいね。

スポンサードリンク