美レピ

女性の美しさを追求しているあなたの為の美のレシピサイト

アボカドと納豆が合わさると栄養がヤバいほどに女性向けになってた!

   

アボカドと納豆
はっきりいって、異色の食材同士です。

片方は和食、
片方は洋食(というか、洋物の果物)。
双方共にヘルシー素材の代表ではありますが、
どうやって組み合わせたらいいのでしょう。

そう思って、
いつも別々に食べているのではないでしょうか。

もったいない!

この2つ、組み合わせてみると、
味の相性がばっちり
しかも、火を使わなくてもいいので、
調理が簡単なんです。

まずは、双方の素晴らしい栄養についてと、
それから、その2つを組み合わせレシピを
紹介したいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

アボカド

cf79d11a12e727d1d80d72b17a9cfa50_s

オレイン酸が豊富で、
血液の循環を促してくれる作用があるので、
新陳代謝UPにも効果のあるアボカド。

食物繊維やビタミンB群も豊富で、
抗酸化作用があり、老化防止に効く
ビタミンEも豊富に含んでいます。

できれば生で食べたいアボカド
単体であれば、わさび醤油や、
クリームチーズと和えたり、
ハンバーグの具としても人気があります。

納豆

423ce79cab761efbb4e5db0681645276_s

納豆の最も注目すべき点は、
その豊富なビタミンB群

ビタミンB群は細胞の再生や成長を助けます
そのおかげで、
健康な肌や髪を保つことができるのです。

また、疲労を取り除く効果も

また、
納豆のみが持っているナットウキナーゼは、
血栓予防に効果的
心筋梗塞や脳梗塞が心配な方は
積極的にとるようにしたいですね。
(とないえ、このナットウキナーゼ、
熱に弱いので、加熱料理には向きません)

納豆は大豆製品ですので、
イソフラボンが含まれています。
女性ホルモンのバランスを保つには、
必須の成分。
生理前〜生理中の不快な症状の改善だけでなく、
乳がんや更年期障害、
それによる骨粗しょう症などを防ぐこともできます。

発酵食品であり、食物繊維も多いので、
納豆は腸内環境を整えるのにも最適
便秘症だったり、下痢をしがちな人は、
ちょうど良よいところまで、
腸内細菌を調整してくれるので、
ぜひたくさんとりたい食材です。

そんなアボカドと納豆を掛け合わせたら

健康にいい和洋の食材を掛け合わせたら。

これが以外と合うんです。

おすすめレシピ

recipe_img_00179

引用:https://www.pasta.or.jp/recipe/recipe.php?recipe_id=179

①アボカド納豆パスタ

アボカドと納豆とパスタは黄金の組み合わせ。
それぞれ同じ大きさくらいに切って
茹でたパスタと会えるだけです。
これがおいしい!
しかも調理はパスタを茹でるだけなので、
簡単にできます。

これのバージョンで、
おそばに掛けてもいい感じ。
おそうめんでもいいですね。

②アボカド納豆オムレツ

アボカドと納豆をオムレツの具にしても
GOOD。

納豆をオムレツの具にする方はいるかと思いますが、
アボカドはとろりととけて、
えもいわれぬ味を醸すんですよ。

そのままなかに混ぜても、
角切りにしてもいい味だしてくれます。

③卵掛けご飯

卵掛けご飯に納豆とアボカドを乗せたものも
結構な味わい。

卵には、良質なタンパク質や
ビタミン&ミネラルが含まれています。
しかも、卵黄には、頭が良くなる成分、
コリンが含まれているんです。

仕事の効率アップや
認知症などのぼけ防止に、
てきめんに効きます。

まとめ

私、アボカド大好きです。
1週間に2回は食べるかと思います。

ちょうど頃合いのものを見つけるのが
結構難しいのですが、
でも、おいしいのに出会えれば、
ほんとにとろりとして口の中で溶けますよね。
あれにハマる方も多いのでは。

そういえば、
アメリカで食べたカリフォルニアロールには、
アボカドが挟まっていました。
アボカドは
食感がマグロに似ているらしいですね。
わさび醤油で食べたのですが、
確かにおいしかったです。

あれと納豆を合わせたら、
栄養的にも味的にも、
完璧といっていい感じがします。

ちょっと食べたくなってきました。
夕ご飯は、アボカド納豆丼に決まりですね。
明日、キレイになっていることを期待します(笑)

スポンサードリンク